読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

東京タラレバ娘7巻から得られる教訓は、優しくて誠実なだけの男は、結局浮気されて振られるということ。

「東京タラレバ娘」という漫画がある。
ドラマ化するほどのヒット作品で、知っている人も多いだろう。

ざっくり言うと、アラサー婚活女が

「あの時の彼がもう少しダサくなかったら...」
「あの時の彼とうまくいってれば...」

などとタラレバ言いながら、うだうだと結婚できずに迷走する話である。


さて、そんな婚活迷走中の倫子(33)が7巻にしてついに、大変居心地の良い男とお付き合いすることになった。
その男は、倫子が20代前半の頃ダサすぎるという理由で一度振った男・早坂である。

時の流れの洗礼を経て男の振る舞いは洗練され、でもあの頃の優しさはそのままに、早坂は倫子の前に帰ってきたのであった。

7巻の前半では、早坂との「普通」で「安心できる」日々が描かれる。
早坂も元々結婚に乗り気であったため、トントン拍子に話が進む。

49ページ目には


鎌田倫子 33歳
怒涛の数ヶ月を経て
おさまるべきところにおさまりました!!


と書かれている。
この一コマを持って、倫子の婚活は終わりを告げられたかのように見えた。


しかし、である。


酔った勢いで優勝して以来、倫子がずっと気になっていた男がいた。
モデルのkeyという男である。
一度は優勝したものの、その後はそっけない態度を取られ続けていた倫子だった。

しかし、婚活仲間たちが、「keyは実は倫子に想いを寄せていた」ということに気付く。

そして、

「ごめん倫子 状況が変わった」


と、頼まれてもいないのに他人の恋愛に首を突っ込むアラサー仲間の登場で7巻は終わる。

彼女たちは、同棲先のマンションに、keyが倫子に思いを寄せていることを伝えにきたのだ(本当に彼女たちは倫子の幸せを願っているのだろうか?)

その後の展開が描かれる第8巻はまだ発売されていないのだが、kissという女性向け雑誌の情報が少しだけ漏れていた。

ちなみにkissを立ち読みしているゴッホなる人物は、おっさんである。


結婚を前提に、というか、結婚確定の付き合いを進め、優しく誠実で思いやりのある彼と同棲の準備までしている倫子は、なんと、浮気をしたのだ。

このシーンを見たら、世間の人は


結婚できそうだったのに、この女は本当にアホや
優しい彼の信頼を踏みにじるダメ女


のように罵倒するかもしれない。

しかし、彼女の行動は女性の心理を見事に表現したものだと僕は思う。

これまでの人生でたくさんの女の子と関わってきた。
その経験からほぼ確信を持って言えるんだけど、優しくて誠実なだけの男は、マジで簡単に浮気される。


恋人を第一に想い、仕事もできて、誠実で、優しく、大切にしてくれる彼氏。
文字にすると、どう考えても理想の彼氏である。

冷静に考えて、これ以上の条件はないように見える。
しかし、ここには足りない条件があるのだ。


恋人を第一に想い、仕事もできて、誠実で、優しく、大切にしてくれる彼氏で、

かつ、

異性としての魅力を感じ、尊敬できる要素がある。

後者を指して、俗に膣キュン要素というが、これがないと、優しい彼氏はしれっと浮気される。
そして、彼女は彼女で浮気相手に本気になってしまう。

彼氏は心の安定のためにキープするけど、いつも会いたいのは浮気相手。
カッコよくて、ドキドキする浮気相手と優勝してからは、彼氏とは試合したくなくなった。

なんて女の人を僕はたくさん見てきた。


一緒にいて楽で、素でいられる相手は貴重かもしれない。

f:id:hideyoshi1537:20170311174711j:plain
(「東京タラレバ娘」第7巻より)

でも、

「あの人のために可愛くなりたいな」
とか、
「もっと綺麗な自分を見てほしいな」
とか、そういう風に思えない相手は結局ダメなんじゃないだろうか?


そもそも君たち、この首にタオルを巻いたショボ眼鏡に抱かれたいと思うか?
思わないだろう。

f:id:hideyoshi1537:20170311171428j:plain
(「東京タラレバ娘」第7巻より)

優しくて一途な彼氏は素晴らしい。
世の中の恋愛アドバイザーは皆一様に、

「自分を大切にしてくれる人を選びなさい」

と言う。
それはたしかに正しいけれど、ちょっと言葉が足りない。

「自分を大切にしてくれて、かつ、追いかけたくなるような男が最強」

というのが実際のところだろう。

「追いかけたくなるような男」はなんだかんだモテる奴が多いので、うまくいかないことが多い。
それでもなんだかんだ、会った時に安心するだけの男よりも、ドキドキしてしまう男と会ってるときの方が、女の子はいい顔をしてるんじゃないかと思う。

逆に言うと、男は優しく尽くすだけじゃダメで、つい追いかけたくなるような、たくましさを持たなければならないということなのだろう。


東京タラレバ娘(7) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(7) (Kissコミックス)