俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

見た目向上の投資は男の方が圧倒的にコスパがいい

こんなツイートが流れてきた。




「日本の男性は家事をしない」のではなく、献身的に家事をして、妻を支える気質のあるキモくて金のないおっさんは、そもそも結婚相手に選ばれない。
家事をしない男を選んでいるのは女性の方だと。

「キモいおっさん」という単語を見て、僕はyuuさんのツイートを思い出した。





実を言うと、僕はこのツイートに少し違和感を覚えていた。

見た目に関する内容は正しい。どれもとても大切なことだ。

ただ、見た目の向上が「一般男からしたらめっちゃ負担」という部分に対して、僕の実感と違うように感じた。

yuuさんに噛みつきたいわけではないが、上記の例で挙げられていた

・髪型を整える
・肌に気を使う
・ファッションを研究して、似合う服を探す
・体型を細身で維持する

というのは、当たり前のことで、努力や苦行の類ではないと考えていたからだ。

歯を磨くことを「努力」と言う人がいないように、美容室に行く、眉毛を整える、化粧水で保湿する、服を買う、なんていうのは普通のことだった。
自分にとっても周りの友達にとっても、当たり前であった。

大学の時などは、このような努力(?)はあくまで「前提」であって、その上にそれぞれの持つルックスやらトーク力、身長、スペックなどが加算されて、モテるモテないの差がついていた。

当然、僕はモテない方だったが。

逆に考えると、yuuさんが挙げていたような基本ができていない人は、モテるモテないとか以前に、土俵にすら上がっていないのかもしれない。


「金のないキモいおっさん」の話に戻ろう。

正直、社会人になってから周りの男の見た目をあまり気にしなくなった。
なので、特段「キモいおっさん」を意識したことがなかった。

大学のときは「イケメンに寄生する」という作戦を駆使していたため周りはイケメンばかりだったし、チャラそうな奴はだいたい友達だった。高校でもそう。目立つ奴に便乗してモテる作戦を使っていた。

で、そういう友達は皆、見た目を気にしていたし、ファッション雑誌も読みまくっていたので、オシャレな奴が多かった。オシャレな奴の中で、いかに自分の個性を出していくかの勝負だった。

しかし、いま改めて電車で目を凝らしておっさん達を観察すると、たしかにキモいおっさんはたくさん存在していたのである。

まずデブが多い。あまりにも多い。
観察する限り、朝の通勤電車に乗っているおっさんの三人に一人はデブだった。

次に髪型がひどい。
ダサい、ダサくないのレベルではなく、何もしていない。
散らかりっぱなしだ。それに三人に一人はハゲである。

服はしわくちゃ、海賊のような青ヒゲ。どす黒い肌。

そうか...。そうだったのか...。

みんな、おっさんになると、見た目に気を使わなくなるんだな。

「土俵に上がっている人」なんて、10人に1人もいない。

本当に、皆一様にくたびれている。嘘だと思ったら、電車の中で"凝(ギョウ)"を使ってみてほしい。

みんな暗い顔してスマホをいじっている。

が、僕はそんな状況に対して悪口を言いたいわけではない。
俺はちゃんとしてるぜドヤ、と誇りたいわけでもない。


チャンスだ、と言いたい。


いや、本当に。
おっさん、めちゃくちゃ美味しいと思う。

だってさ、大学生だったら見た目に気を使って、毎月美容室に行って、服になけなしのバイト代をつぎこんで、やっとモテの舞台で闘えるくらいだったんだ。

敵が強かったから。

おっさんは超有利だよ。
周りが何もしてないんだもん。

たぶん、大学の頃にモテてカッコよかった奴らも、大人になると見た目に気合を入れる余裕がなくなってる。

これはチャンスだ。

ちょっと見た目に気を使えば、あっという間に見た目上位10%に入れる。おっさん界の中で、イケてるおっさんになれる!

まじで、

・美容室に行って、雑誌で見つけたカッコ良さそうな髪型にしてもらう
・ジムで身体絞ってセレクトショップ行って体型にあった服を買う
・ヒゲ脱毛するか、毎日ちゃんとヒゲを剃る
・よく寝る
・できればコンタクトをつける
・眉毛整える

みたいな、当たり前のことを当たり前にやるだけでいい。

こんなコスパがいいことはない。
コスパがいい、というのはもちろん恋愛に限った話ではない。


見た目が相手の印象に与える影響は思った以上に大きい。


イケメンのほうが面接に通りやすいと言われているし、何より精悍な人は信用されやすい。

どう考えてもキモいデブよりもシュッとした人の方が仕事ができそうに見えるだろう。

いきなりイケメンになれ!と言われても無理だが、周りに比べてカッコいい大人になるのはそんなに難しくない。

見た目は所詮、相対評価だ。

おっさんの目の前には、チャンスが転がっている。

「キモくて金のないおっさん」と揶揄されるのは仕方ない。

だが少なくとも「キモくて」の部分は余裕で取っ払うことができる。

こんなにコスパの良い自己投資はない。
こんなに努力が報われる投資はない。

自分の見た目に自信が持てると、力強く話すことができる。目が輝く。
明るく社交的になる。人と話したくなる。人と話すのが楽しくなる。

いいことばかりだ。

見た目向上の努力は、最強のライフハックなのである。