読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

人を不快にするならツイートする意味がない。あるいはネット上の批判への向き合い方。

忘れられる初心 昨日ツイッターでちょっとした議論(というかプチバトル)みたいになったことを後悔し、反省している。 こんなことを記事にして何になるのかと思われるかもしれないが、このことに触れずに先に進めない気がした。ツイッターでもブログでも、露…

親が「死んだ後の話」をするようになった。

空港に僕を迎えに来た父の腕は、枯れ枝のように細くなっていた。 小さい頃、丸太みたいな腕で、殴られたら死んじゃうんじゃないかと恐れていた父さんの腕が、今では見る影もない。「空港に車で迎えに来てほしい」と頼んだのは初めてだった。いつもは地元に帰…

アメトークの「エゴサーチ芸人」の気持ちがわかる

家でご飯を食べながら録画したテレビ番組を観てたんですが、前のアメトークが「エゴサーチ芸人」の特集だったんですよね。自分の名前をツイッターやGoogleなどで検索することをエゴサーチというんですが、芸人さんもけっこうな頻度でエゴサーチをしているみ…

社会に出て一番役に立った受験科目は「現代文」だと思う。

「大学受験の勉強は社会に出てから役に立たない」という話をよく聞きます。 詰め込み型の教育はテストの点取り競争になり、その知識は忘れ去られ、社会に出てからは何も使わないと。実際、ほとんどの人はいちいち生物のミトコンドリアの話なんて覚えてないだ…

停電事故で遅延する東海道線の中で考えたこと。

7:30 2016年5月12日。木曜日の朝だった。 みなとみらいにあるクライアントのオフィスに行くために東京駅から東海道線に乗り換えた。朝の下りの電車はそれほど混まないとはいえ、座れるほどはすいていなかった。 僕は仕方なくドアの横に立ち、静かに本を読む…

映画「ちはやふる下の句」を観て、部活で学んだチームプレイの大切さを思い出した。

「ちはやふる」上の句に続いて下の句が公開された。 下の句に関しては公開初日に観に行ってきたのですが、これがなかなか面白かった。僕は昔から体育会系の部活をやっていたので、こういうスポ根系の部活の話に心を打たれてしまう。 仲間と一緒に全国大会を…

若者よ、非モテを恐れるな。

ネットでは「非モテ」は嘲笑の対象となる。 非モテというのは異性に相手にされない状態とされている。「非モテ」であることを恐れ、「非モテ」にならないように、あるいは自らの力を証明するかのように女遊びを繰り返している人がいる。 皮肉なことに、そう…

映画「アイアムアヒーロー」を観てきたんだけど、予想通りグロすぎて泣いたw

人生で一度だけ、最後まで見ることができなかった映画がある。「テキサス・チェーンソー」という映画だ。常に恐怖と死が隣り合わせにあるこの映画は、15分おきに人が切り刻まれる様子が描かれていて、当時の純情な僕は耐えることができなかった。友達に誘っ…

なぜ継続が大事なのか。

チラシの裏にメモする代わりにブログにする。友人とのLINEで話題になったんだけど、世の中には切り替えの上手な人がいるらしい。 遊びも全力で遊んで、仕事でも結果を出すという。 僕はそういう人が羨ましい。というのも、僕は遊びと仕事(あるいは勉強)を両…