俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

モテるためには話し方よりも見た目が大事。




「見た目が悪くても小手先の技術で女の子を落とした方が正義、みたいなこと言ってる奴がいるけれど、そういう奴は相手にするな。
普通に考えて、ルーティーン云々とかよりも、見た目の方が大事に決まってるだろ」

恋愛の達人と呼ばれる彼は少し怒り気味に言っていた。


「見た目だけに頼るような奴は将来、年を取ったときに行き詰まる。確固たる技術が必要だ」

こんな風に、言っていた人がいたらしい。

でもよく考えてほしいんだけど、そもそも年をとってからも本気でフラフラと女遊びしてるなんて、その時点で人生が色々と行き詰まっている。
そして、見た目のハンデを追っていても、技術によって女を落とした方が偉い、なんて言うのも間違っている。


一つの恋愛に、上も下もない。


見た目で結果に差が出るのは当たり前だ。

だから、モテたいならまずは外見を磨くことだ。
まず外見。外見なくして、どんなルーティーンも効果なし。

俺にはものすごくモテない親友がいる。
ものすごくモテない。
どれだけモテないかというと、生まれてからまともに彼女ができたことがないくらいモテない。
100回合コンに言っても一度も彼女ができない。

金と時間だけを浪費している。

彼は優しい。
面白い話はできないけれど、優しい。
でも、モテない。

優しい男がモテるとは限らないのが恋愛だけど、それ以上に彼女がまともにできないのは、見た目が悪いからだ。

彼はそこに気付いていなかった。

「非モテコミットしたのがダメだったのかなー」

なんて、恋愛工学の知識を知ってる風に言ってたけど、本当はそれ以前の問題なのである。
見た目が悪くて許されるのは、見た目をカバーする社会的なステータスがある場合に限る。

そうじゃない場合は、悪い見た目をカバーするだけの魅力を発揮しなければいけない。
たとえば、デブならデブをネタにして、めちゃくちゃ笑いを取りつつ相手をディスるとか。

社会人になって気付いたんだけど、相手の話をうまく聞きつつディスったり場を盛り上げるトークができるやつっていうのは本当に少ない。
で、俺の友達の非モテも当然、そんなトークはできないし、これから突然できるようになることもないだろう。

だから、最も手っ取り早くモテる方法は、見た目を良くすることなんだ。
筋トレして痩せて、オシャレな服を着て、髪型をかっこ良くする。

それだけでぜんぜん違う。
ルーティーンとか恋愛工学を学ぶよりも100倍以上効果がある。

というか、PUAメソッドだとか恋愛工学だとか、そういうのはある程度の見た目のNGラインをクリアしないとワークしないことが多い。
逆に、見た目のスペックがある程度以上になるとものすごく有効にワークするようになる。

だから、まずは見た目。
見た目を鍛えよう。

雑誌とかショップ店員の服装をパクリまくろう。
髪型もパクろう。

カッコイイ人を真似すればいい。
オリジナリティなんて必要ない。

自分を捨てて、カッコイイ人のマネをするのがモテの全ての第一歩なのである。