俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

なぜデートがうまくいかないのか分析してみた。




僕はいつも振られてばかりだ。

今回は、年末の飲み会のあと、クラブに行って連絡先を交換した子だった。

クラブ内でずいぶんと仲良い感じになり、今回もわざわざ1時間半近くかけて会いに来てくれた。

完全に勝てる流れや...!
と、最終回の夜神月ばりに勝ちを確信していたのだけれど、終電でグッバイされてしまった。

泊まっていってくれればよかったのに!


さて、ここ最近の惨敗を振り返って、デートの際に注意することをまとめてみる。

まず、ここ二日間と言わず、ここ最近で惨敗したデートの全てに共通することが4つある。


第一に、アルコールを一切入れていない。
飲むとしてもソフトドリンク。翌日の生産性を落とすのを嫌ってのことだ。

こっちも飲まないから、相手も飲まない。
お互い全く酔っていないため、相手に「酔ってるから」という言い訳が用意されない。

アルコールは理性による判断力を弱め、本能の欲求を強くする。

初めてのデートでそのままいい雰囲気にしてしまいたいときは、アルコールを一定量摂取する必要があると感じた。

アルコール無しで行けることもあるが、アルコールがあった方がお互いの心の距離が縮まる。
結果、成功確率がかなり高くなる。

アルコール有り(かつ、丁寧なデート)だと仲良くなれる確率は80%以上になるが、アルコール抜き(に加えて、さらに色々と適当)なパターンだと、勝率は10%~20%近くまで落ちる。

どんな相手に対しても、雑なことをしてはいけないのだ。
可愛さ云々の前に、同じ人間だということだ。


第二に、さっさと振られる時はデートの時間が極めて短いということだ。
敗戦のほとんどが、1時間も経たずに食事を切り上げている。

デート中に、お互いの関係性を作り、適度に笑いを入れ、相手が好意を持つような状態を作る。

信頼関係を構築する。

そうじゃないと、

「会ったばっかりだから」
「今日はまだ」

と拒否反応を示されてしまう。

これは「あなたのことをまだ完全に信頼しきれていない」ということの裏返し。
クラブなどで相手が既に酔っ払っていたり、緩い子だったりする場合は別だが、まともな社会人子とのデートではさすがに、1時間足らずで信頼関係を築くのは難しい。

LINEチャットや電話で信頼関係を築いている場合は別だけど、LINEも適当だったから、なおダメ。


第三に、家に入る前に手もつないでいないということだ。
既にいい雰囲気で家に帰るのと、ただ家に見学に来るのは大きく異なる。

中に入ってからよーいドンよりは、中に入る前に雰囲気を作っておくべきだった。

第四に、最寄り駅の馴染んだ店を使っていない。

初めてのデートなのに、いつもの個室を使わずにいた。
そういうときはいい雰囲気を作れずにうまくいかないことが多い。

いくつか必勝パターンを用意しておくと心強いだろう。


...なんて色々と考えてきたけれど、結局大事なのは、心。

相手を大切にしたい。
楽しませたい、という心を持てるかどうかが一番大事だ。

逆に言うと、そうじゃない相手といくら時間を使っても、きっとお互いに何も得るものはない。

楽しく酒が飲める相手と、楽しくデートしたい

そういう真心こそが大切なのである。