俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

「時間が愛を育てる仮説」と、ルーティーン「歴史語り」

21時。山手線の某繁華街の駅での待ち合わせ。

ショートカットが似合うこの子と会うのは3回目だった。

初めて会ったのは年末の渋谷だった。
ゴッホさんが主催した飲み会に行く前に、軽くストリートで声をかけた子だった。

原宿っぽい格好をしていたので、

「ちょっwお姉さん、どこのファッションモデルですか?ま、まさか・・・いま渋谷をときめくスナップ美人ですか!?」

みたいに話しかけた。

最初驚いた顔をした彼女だったが、だんだんと自然に話すようになってくれた。
連絡先の交換は、ある程度お互いの信頼関係ができてからの方がいい。

一緒に渋谷から表参道の方まで歩き、そこで自分の話、相手の話、色んな会話を続けた。
一緒にカフェにでも行こうかと話していたけれど、恋愛工学飲みの時間が来ていたので、駅まで送って別れた。



彼女は千葉の方に住んでいた。
自分の最寄りの駅からは1時間くらいかかる。
そして、遅くまで仕事がある子だった。

家の事情で、泊まりのアポができないこともわかっていた。

そのような状況で、強引に最寄り駅のアポを取り付けるのは、身勝手な気がした。
僕は彼女の家と自分の家の中間地点にある駅をアポの場所として、一回目のデートに望んだ。

そこまで執着していなかったのもあるかもしれないが、最初から準即を狙う気はなかった。
そもそも、ホテルのない駅でのアポだった。

狙いは、気持ちを育てるためにつなげることだった。

他愛もない会話の中で、さりげなく異性として意識させるトークを差し込む。
一緒にこんなところに遊びに行けたら楽しいね、という未来を共有する。

相手の話をふんふんと聞き、楽しく話していたら、いつの間にか閉店の時間になっていた。
こっちが「楽しい」と思って話しているときは、たいてい相手も楽しく会話してくれている。

逆に、こっちが話していて辛いような時は、相手もつまらなそうにしていることが多い。

コミュニケーションで大切なのは、まず自分が相手に関心を持って、自分自身が楽しむことだと思う。
その上で、相手をよく見て、相手が楽しくなる雰囲気を作ることだ。

一番盛り上がったところで会計を済まし、店を出た。
駅までは手をつなぐだけ。

「またね」

と言って別れた。

自分は基本的に、アポのあとは自分からは連絡しない。
自分からしなくても、こっちに関心があれば相手から連絡が来るし、ご飯をご馳走してから連絡が来ないような相手に、自分から連絡をしてもあまり意味がないからだ。
何より、アポの直後に頑張ってメールをすると、相手に「私に関心があるチョロい男」のように思われる可能性が高いように思えた。


昔は、恋愛の教科書に書いてあったように、デートのすぐ後に、

「今日はありがとう。また飲みに行きたいね」

みたいな話をすることが多かったけど、あまり効果がなかったように思う。
俺は、放置することが食いつきを上げることもあるのだと学んだ。


さて、今回の子も、一回目のデートの後にメールが来て、そのあと特に誘うこともなく放置していたら、向こうから連絡が来た。

特筆すべきことは、放置していたのに相手の食い付きが勝手に上がっていたということだ。

相手のメールが妙に積極的で、文面から「会いたい」というオーラが前面に出ていた。
1回のLINEに3通の返事がきた。

最寄り駅まで時間をかけて来てくれるとも言っていたが、なんか平日に申し訳ないので、中間の駅にしておいた。


アポは安い焼き肉屋にした。
今回はホテルのある駅で。

普段、まだ関係を持っていない女の子とのデートでは、こういう大衆焼肉のような店は使わないけど、
俺は安くてうまい肉が食いたかった。

相手の食いつきがあるときは、自分が行きたい店に行くので全然いいと思う。
無理にオシャレな店に行かなくたっていい。

「臭いのつかない服装で来てね」

と伝え、焼肉屋に入った。

肉はちょっと筋張っていた気がするが、そこそこうまかった。
前に行ったトラジの方が全然うまくて雰囲気もいいけど、たまにはこういう安い店もいっか。

焼き肉を腹いっぱい食べて、店を出たところのエレベーターでキスをした。

手をつなぎながらホテルの方に向かって歩く。

だんだんとそれっぽい雰囲気の路地に出て、

「変なところには行かないよ?笑」

と言われる。

「待ち合わせ前にこの辺ブラッと散歩してきたんだけど、雰囲気良さそうなカラオケ屋見つけて、そこ行きたいと思って!」

「カラオケならいいけど」


・・・なぜラブホに使わないカラオケが設置されているのかというと、男が女を誘う口実にするためだ。
なぜラブホの看板がホテルの2キロ手前にあるかというと、男が女を口説くための時間を与えるためである。


「二人でゆっくりできるカラオケに行く」

という謎の口実で、ホテルに入った。

中で少しずついちゃつくも、ちょっとしたグダがあった。

そのときに使ったのが、今回のタイトルにある

ルーティーン「歴史語り」

である。

「今日はしないよ」

「とりあえずキスだけね」

「キスだけなら」

といいつつ、触っていくもブロック。

「今日はしないの」

ここで、ルーティーン「歴史語り」発動。

「あのさ」

「ん?」

「あのとき、偶然会えて本当に良かったと思ってるんよ。

あのとき偶然会って、最初見たときビックリした。

こんなオシャレな人、東京にいるんだって。思わず震えながら声かけたからねw

そいで、頑張ってデートに誘って、あのときXXな話もして、すごく楽しかった

・・・

(恥ずかしいので略)

これがうまいことハマり、ブロック解除。

出会ってからの経緯をポジティブに語ることで、

・「ナンパで出会った」ということを肯定する
・ストーリーを語ることで、その結果として行為に至る必然性が認識できる

という効果が期待できる。



そして、ブロックを解除してノリノリで下に触れたときに、違和感が。

カサッ

ん?

カサッ

「ごめん、今日女の子の日なの」

ええええ

ここにきて、まさかの赤い悪魔の日!


知らなかったのか?

「赤」は「止まれ」だ。




今回の学びは2つあって、

一つは、

・時間が愛を育てる可能性があるということ

です。

これはなかなか時間が取れない平日夜のアポか、あるいは昼アポにこそ有効なんじゃないかと思います。

会って話して、一番盛り上がってるところで切り上げておく。
ちょっと足りないくらいのところで、お別れする。

そうすると、そのときのデートは相手の中で「楽しい思い出」となって、
その気持ちが「また会いたい」となってくる。
脳は楽しくて幸せになれるモノを求めますから。

ナンパして連れだしたときも同じで、即らないなら、むしろダラダラせずに一番楽しいところで切り上げるのがいいのかもしれません。


もう一つは、「出会ってからの歴史を語る」ことは、相手に安心感を与えることができるかもしれないということです。

女の人って何かと、「そうするための理由」を欲しがるものだと思うんですけど、そういうときは、

・どう思って声をかけて
・彼女のことをどんな子だと思ってて、
・いまどんな風に考えているか

などを含めた「歴史」と語ると安心してもらえるかもしれません。