俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

麻布十番のピザの店「ファンタジスタ ドゥエ」に行ってきた




初めて六本木ヒルズを見たのは10年前だった。

当時はライブドアショックの影響で、ヒルズ族の凋落が叫ばれたりもしたけれど、田舎の若者にとって、六本木ヒルズは栄光の象徴であった。
六本木ヒルズ・森ビルの前に立ち、天を仰ぐように空を見上げた。

ヒルズの頂上は見えないくらい高かったけど、そのとき抱いた東京への漠然とした憧れは、今でも変わらず胸の中にある。

こんな風に、東京に対して真っ直ぐな憧れの気持ちを持つことができるのは、田舎者の特権だと思う。
千葉の女の子とか埼玉の女の子に東京の素晴らしさを説いても、全く響かない。

やっぱり千葉がいい、埼玉がいい、トウキョウコワイ、と。


たわけが!


トウキョウに恋い焦がれた男がここにいるぞ!
と、言ってもやはり埼玉には伝わらない。埼玉人に東京の魅力はわからないようだ。


さて、最近、某barで連絡先を聞かれた子とLINEをしていたら、

「私、麻布十番に住んでるの(ドヤ)」

みたいなメールが来た。

あまり乗り気ではない俺を食いつかせるには、十分な一言だった。

麻布十番・・・だと?
麻布十番といえば、芸能人が住んでそうで、なんかキラキラとしてそうで、高級住宅がたくさんありそうな駅じゃないか。


asapenさんの名エントリ、

「たどり着かない大江戸線」

というタイトルにある、大江戸線が通る駅でもある。
http://asapen.org/?p=265


そんな大江戸線が通るセレブの街・麻布十番でアポだったんだけど、そのとき行ったのは、

「ファンタジスタ ドゥエ」

という店だった。


http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13167230/


六本木に住んでる友達にとりあえず。

「気軽に行けてうまい店を教えてくれ」

とメールして教えてもらったのがこの店。


麻布十番駅の5番出口から出て、歩いて3分くらいのところにある。


行く前に憧れの麻布十番を軽く散歩したんだけど、とにかくコンビニが多い街だった。

犬も歩けば棒に当たるかのごとく、ちょっと歩けばコンビニに当たった。
採算取れてるんだろうか。

麻布十番という響きはカッコイイくせに、意外と庶民っぽい店もあって、駅の近くに鳥貴族を見つけてしまい、少し残念な気持ちになった。


さて、「ファンタジスタ ドゥエ」
店は横並びではなく、普通の正面に向きあう形の配置だった。

カジュアルイタリアンということで、そんなに格式ばった感じでもなく、気軽に入れる感じ。
実際、20時頃に予約しないで行ってもすんなり座れた。

ふたつ横の席では楽しそうな合コンをしていた。

店に入るとメニューを渡される。
一枚目はコースの案内になっていたが、迷わずアラカルトを選択した。
コースは3,000円とか4,000円とか色々あったけど、ピザだけで十分。

ふんわりと焼きあがったボリューミーなピザが出てくるので、二人で半分ずつ食べてもお腹いっぱいになる。
実際、ビールを一杯ずつ、サラダとマルゲリータで、満腹になった。

お会計は二人で4,800円くらいで、リーズナブルに美味しいピザを楽しめたと思う。

出てきたピザはこんな感じ。


f:id:hideyoshi1537:20150203004512j:plain


ダメな店のピザはペラペラな変な奴が出てくるけど、ここのは厚みもあってとても美味しかった。
サラダは普通。俺はシーザーサラダが好きなんだけど、メニューになかった(笑)


お腹いっぱい食べて、店を出たあとに、

「麻布十番の家でビール飲も」


と麻布十番を強調して聞いてみたら、普通に家でビールを飲むことになった。

部屋はわりかし普通で、麻布十番の狭い部屋に住むなら、もうちょっと違う駅の、広い部屋に住みたいと思ってしまった。
現実は意外と厳しいようだ。


家でビールを飲み、色々とあった後、一緒に外を散歩した。

純粋に東京の街が楽しかった。

首都高の脇から、東京タワーが見えた。
赤く光る東京タワーは、東京の夜を照らすロウソクのようだ。

後ろを振り返ると、俺が昔感動した六本木ヒルズが、あのとき憧れた姿そのままに、威風堂々とそびえ立っていた。

俺は六本木ヒルズに敬礼し、麻布十番を後にした。

大江戸線にはあっさり辿り着くことができた。