俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

ナンパを続けていると、関係を持つ女の子のレベルが上がっていく





最近、明らかに自分と関係を持つ女の子の外見レベルが上がってきている。
アポを入れる際も、既存以上かどうかを吟味してから予定を入れるからだ。

覗きこんでから声掛けするわけにもいかないので、声をかける際は3秒以内に、とっさに声をかける。
そのときに「可愛いかどうか」を吟味できるほどの時間はない。
吟味してから声をかけると、どうしても不自然になって、うまくいかないことが多い。
声をかけて、和み、連絡先を交換するまでのプロセスは、相手がどんなであれ、ちゃんと行う。

そんなだから、道で話しかけて連絡先を交換しても、半分以上は連絡をしないまま終わる。
家に帰ってからじっくりと考えて、本当に会いたいと思える人にだけLINEするようにしているからだ。

そうやって会う相手を絞っていくと、だんだんとアポを入れる相手の基準が高くなってくる。
可愛くない子に時間を使うなら、既存の子に会う方がよっぽど満足度が高いし、そんな暇があったら勉強したい。

コーヒーを淹れるみたいに、一定以上のフィルタで濾過した相手とのアポだけを飲むようにする。

着実に、着実に横にいる女の子は可愛くなってきている。
それは連続的なプロセスではないかもしれないけれど。少しずつ、少しずつ。

でも、この繰り返しの先に、ビックリするくらいの美女がいるんだろうか?
今でも少し疑問が残ってはいる。これは別の記事に記そう。

一方、即狙いのナンパーー今でもたまにやることはあるーーは、そんな風にレベルが上がってはいかない。
即というのはその場その場の判断で、しかも当日になんとかなる子を狙っていくので、どうしても選別が雑になる。

雑というか、フィルタの質が変わる。
アポの際のフィルタは、「可愛い女の子かどうか」になるが、即狙いのフィルタは「やれるかどうか」になるのだ。

そのフィルダでナンパをしていても、「やれるかどうか」の判定は磨かれていくかもしれないが、「可愛い子と寝ることができるか」に関しては、かなりムラができてしまうだろう。

もちろん、友達とクラブに行った時は即を狙う時もある。
でも経験上、連絡先を交換して、デートをした上で関係を持つ女の子に比べ、容姿のレベルは確実に下がる。間違いない。まぁ、数を増やすという点に関してはコスパがいいとは思うし、ナンパしててワクワクする感じはするけどね。

長期的な関係を持てる子を探すという意味では、即狙いはちょっと違うよね、やっぱり。
簡単に手に入れたものは大切にできないってのもあるのかも。

即狙いナンパなんてのは、ちょっとハメ外したい週末とか、旅行先でやればよくって、本気で彼女探すなら、無理に狙うものじゃないんだ。