俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

「21世紀の資本」を読むのは面倒くさいから、とりあえず「ピケティ入門」を読んでまとめてみた。




恋愛工学の人たちと一緒にサージングに行くとき、

「女の子に『どんな関係なの?』と聞かれたなんて言おうか?」

という話をしました。

嘘は嘘を呼んで面倒になります。

知り合った女の子と長期的な関係を構築する場合はなおさらです。

だから

「"金融"日記でつながった関係」ですから、それをうまいこと言い換えればいいんじゃないの?

という話になりました。

「(ネット上の)金融の勉強会で知り合った」

みたいに。

とはいえ、女の子に金融の話を突っ込まれたらなんて言おうね?なんて話をしていて、

「とりあえずピケティって言っとけばいいんじゃね?」

という結論に達しました。


さて、ピケティとはなんでしょうか?


フランスの経済学者トマ・ピケティは2013年に「21世紀の資本」という本を書きました。

これが売れに売れまくり、世界的なベストセラーになっています。
21世紀の資本というか、21世紀のベストセラーって感じなんですが、いかんせん「21世紀の資本」は728ページというクソ分厚い本になっています。

・・・普通に読んでる暇ないですよね。
なので、とりあえず簡単そうなピケティ入門書を読んでみたので、そこで勉強した内容を紹介します。


ピケティが膨大な根拠を元に出した結論は、


r>g


というシンプルな不等式です。


資本収益率はrはつねにGDP成長率gに勝るため、放っておけば格差は拡大し続ける。


資本収益率rというのは、資本から得た所得の比率のことです。
所有している資本から、どれだけの所得を得たかという「資本所得」の伸び率を表すのがrです。

資本とは、「人が所有して市場で売れるものすべて」を指します。
株とか不動産とかがわかりやすい例ですね。

GDPとは「市場で取引された財やサービスの総計」のことで、簡単に言うと、国民全員が仕事をして得た所得の総額です。
ちなみに所得とは、「所得とは収入から必要経費を差し引いた額」です。

GDP成長率には、資本から得た所得も労働から得た所得も含まれます。
ただ、割合としては労働所得が7割、資本所得が3割くらいなので、GDP成長率は労働所得の伸び率と大差ないと考えてもいい。
つまり、GDP成長率gとは、労働所得の伸び率を表す指標として使われているということです。


「資本から得られる所得は、GDP成長率よりも大きい」

というのは、

「資本から得られる所得の伸び率は、働いて得られる所得の伸び率よりも大きい」

ということです。

だから、資本家(金持ち)はもっともっと金持ちになって、格差が拡大していく。

それが、ピケティが膨大なデータを元に出した結論でした。

資本収益率rの方がGDP成長率gよりも大きくなるほど、トップ層はより豊かになり、ボトム層は貧しくなる、という図式が導き出されます。
これが、格差拡大ということです。

ピケティは格差拡大を、論理的に導くというより、歴史的事実として、データを元に「避けて通れない」としています。

そんな格差拡大を解消するにはどうしたらいいか?

ピケティは、累進制の強い税率こそが格差縮小の鍵である、としています。
そのために、国際協調のもと、すべての国で課税強化作を採用するべきだ、と。

つまり、より多く稼ぐ者と、より多くの資産を持つ(相続する)者から、より多くの税をとり、社会に再分配するべきだ、という理想を説いているわけです。

ある一般向けの講義のなかで、ピケティはこう話しました。

「個人個人が正しい知識を持って社会について考えること。こうした主体性こそが、格差社会を変えていく原動力となる」


<読んだ本>

【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める! あさ出版電子書籍

【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める! あさ出版電子書籍