読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

うまい言い回しが思いついたときこそ、LINEの長さは2行に抑える。

散文


もうこれはブロガーの性(さが)といいますか、LINEが長文化する傾向があります。
特に、なんかうまい言い回し(と自分では思えるもの)が思いついたときはヤバイ。

起承転結とまではいきませんが、

伏線→決め台詞

をバーンと決めようとして、やたら文章チックなメールになってしまう。
可愛い子にもつい、想いが溢れて長文になってしまう。

これは良くないですよね。

トリケラさんとゴッホさんが週刊金融日記に「LINEコミュニケーションのガイドライン」を投稿してくれましたが、やっぱりあのガイドラインが基本だと思います。

基本のLINEは短く、テンポよく。
相手にとって微塵の重みもないくらいでいいと思います。
熱い想いを胸に秘めたときこそ、LINEは軽く。まるでやる気ないみたいに。でもちょっと面白い、みたいな。


ブロガー的には、LINEで食い付きを上げようと考えたり、面白い人だなーと思われたいという欲求に抗えないときもあるのですが、もう今度からはグッとこらえます。

LINEは1行か2行で返す。
ほんとそれ、大事。

昔、パカパカのケータイで1行でメール返してくる女がいたじゃないですか。

で、その1行メールを見るたびに、

「こいつ文章組み立てることできんのか?アホなのか?」

と思ってきましたが、いまは1行の時代です。

あるいは1行+画像で面白いことを言う時代とも言えるかもしれないですね。

それにしても、こういう1行コミュニケーションが主流になると、若い子たちがよりいっそう文章書けなくなるんじゃないかと、おじさんは懸念しています。

これからは文章を書ける人が少なくなり、画像やスタンプを駆使した直感に訴えかけるコミュニケーションが主流になります。
このような長文のブログを読む人も長い目で見たら少なくなるのかもしれません。

「bokete」みたいな絵と1文でのコンテンツがウケそうですね。

僕のブログはテキストメインでやっているのですが、そう遠くない将来、文量を減らして、
絵や画像を駆使して内容を伝えるブログに方向転換するかもしれません。



今日の既読スルー

LINEでなんかキメ台詞を言った文章をピックアップして紹介します。
これを使ったからといって、何かいいことあるわけではないんですが。


○○日は予定合わない、という普通のOLに。

XX子モテそうだもんな~。
さすが!モテOLの毎日は忙しい!
そんなモテOLの時間と心の隙間を埋められる男に、俺はなりたい


個人的には

「キマった・・・」

と思ってたんですが、見事に既読スルーされました。