俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

話しかけた女の子のProtection Shieldを下げる




「MYSTERY METHOD」という本を少しずつ読んでいます。
英語なので時間がかかるんですが、読んだ内容を復習しつつ、自分の言葉でまとめていきたいです。

さて、女の人はS/R Valueが低い男の人に対して、自分を守ろうとするようです。
S-and-R valueというのは、Good Dad、Good Genesと同義です。

元々はSはSurvive。つまり、生き残るための価値のことです。
RはReplicate。つまり、自分の遺伝子を複製する価値のことです。

女の人はSurviveとReplicateの観点から、男を評価します。
で、S-and-R valueが低い男に対してはPROTECTION SHIELDを張ります。

つまり、自分を防御するということです。

防御行動には以下のようなものがあります。

  • 指輪を見せる
  • 彼氏がいると言う
  • 友達に囲まれて過ごす
  • アプローチしにくいところに座る
  • ひどい言葉を使う
  • ボディランゲージで嫌悪感を伝える
  • 目を合わせない
  • 興味を示さない
  • 笑おうとしない。笑わせない
  • 常に受け身になる

オープニングフェーズは、この防御壁を取り除き、受容ポイント(accecptance point)までたどり着くためのフェーズであると言います。

The Opening phase is the time that it takes you to get past the shield and reach the acceptance point.

会話の始まりから、自分を受け入れてくれる状態に持っていくフェーズということですね。

で、そのフェーズ大事なのは、彼女を誘惑しようとしないことだといいます。
ガードを下げるためには、

・uninterested body language

・false time constraints

を使えと言います。

これは恋愛工学でもよく言われている「無関心さを装うこと」と「時間制限」ですね。

マフティさんとこないだナンパしたんですけど、この辺すごくうまくて勉強になりました。

「もう帰りの電車乗らなきゃいけないから」

「わかった!じゃあ、15分だけ、一杯だけ飲んで帰ろう」

というように、スマートにtime constraintsを使っていたのが印象的でした。

無関心というのは、ディスるという意味での無関心ではなく、「安心さ」を表明するためのuninterestedのようです。

women aren't so shielded aainst men who have a willingness to walk. Women feel safe around those man

そして、何があっても怒らないこと。常に笑顔で。
女の子の振る舞いによって、影響されないことが大事です。

女の子がprotection sheildを下げたことがわかるサインは、以下のとおりです。

  • つまらない冗談にも笑ってくれる
  • アイコンタクトをして、反応がよくなる。顔をこちらに向ける
  • こちらに軽く触れてくる
  • 名前を聞かれる

読んだ本はこちらです。

The Mystery Method: How to Get Beautiful Women into Bed

The Mystery Method: How to Get Beautiful Women into Bed