読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

サボテンルーティーン、トゲがあるも刺さらず。

今日は長々書くネタもないので、ショートエッセイを。





■サボテンルーティーン

f:id:hideyoshi1537:20150703094632j:plain

「ぼくは愛を証明しようと思う。」という小説で、主人公のわたなべ君が、


「僕のペットはサボテンだ」


というのを読んで、ピーンときました。

あ、サボテン、いいじゃん

と。


女の子を部屋に呼ぶとき、何かしらの口実を作ってあげるのも優しさだと思ったんです。

で、試してみました。サボテンルーティーン。

ちょっと前にナンパして、カフェで30分くらい話した子と、自宅最寄りのお店でご飯食べてたんです。

お店では、終始こっちが主導権を握りつつ、笑わせる。
ずーっと笑わせる。

たまに距離を縮めるような言葉を混ぜつつ。

店を出てすぐに手をつないでキスをする。
そのままゆっくり歩いて、1分後。



最近ペット買ったんだけど、見に来ない?



行かない



撃沈w


いや、まじペット見るだけだし。餌あげてほしいだけだし。

さっきキスした人が言っても説得力ないー

いやーすげー可愛いんだけどなぁ、うちのサボテン


なんて話をしながら、またキスをして、結局形式的なやつだったので、そのまま手をつないでうちに来ました。
部屋の中でもLast Minute Resistanceはあったものの、全部形式的なもの。


ナンパされて、一緒にいる時間は3時間くらいなのに、こんなんなっちゃうのって不思議だね


と言ってたのが印象的でした。
これがGood Genesと評価されたときの標準的なパターンだと思ってます。

あれ?サボテン、何の役にも立ってない。

出会って、3時間~7時間くらいで、お互いわからないところもあるけれど、なんだか惹かれ合うから身体を重ねる。

逆に言うと、それくらいの方がセクにたどり着きやすい気もします。

最初のデートで、会社名とか年収とか学歴とかマンションとかでアピールするのはホント駄目ですね(俺に自慢できるものはないですけど)

最初のデートは、石器時代の持ち物で勝負しないとダメ。
筋肉、顔、トーク、振る舞い。

石器時代に存在しない会社名、お金、学校名などは全部捨てるくらいの気持ちで。

自分がいかにダメかを笑わせながら伝える方がむしろうまくいったりするから不思議なものです。

そして、Good Genesを評価された子は、基本的に一度関係を持った後も、セクをグダられるということはありません。
逆に誠実に、大切に、控えめにして、相手を大切にするときほど、調子に乗ってセクをグダられたりします。

もう「そういうもの」なんだと考えるしかないですよね。

ミニサボテン アルミプランター

ミニサボテン アルミプランター


■モテスパイラルの原理

モテスパイラルという言葉があります。
モテる男がさらにモテるというアレです。

モテスパイラルってたしかに存在していて、次から次へと女の子にさそわれてるときに限って、新規の女の子も食い付いてきたりします。

自信による余裕。
余裕による魅力。
魅力があるからまた女の子が寄ってくる。

というのが絡み合って、それがどんどん加速していく現象です。


でも、ふと気付いたんですけど、モテスパイラルって、女の子とうまくいく確率がめちゃくちゃアップするってわけでもないんです。

たぶん、色んな女の子が追っかけてきているように見えて、


うまくいかない案件が見えない


状態になってるんですよね。忘れるというか。

自分の例だと、最近、

いつ会えるー?
かまってよー
来週の水木金ならあいてますっ

みたいなメールがズラズラっと並んで、モテスパイラルかなと勘違いしかけたんですが、
実際は、そういうメールがきている一方で、消えた案件とかもけっこういるわけなんですよね。

たとえば、ペアースで知り合って今週アポする予定だった子とか、お互い何も連絡取らずに、いつの間にかアポがなくなってました。

こっちも気付かないし、あっちも反応していない。

これがもし、「この子しかいない」という状態でアポが消えていたら、

「アポが消えた」
「ドタキャンされた」

みたいに考えて、どんどん余裕がなくなってしまいます。


「別に自分を追いかけてこない子がいなくなっても構わない。
むしろ勉強できる時間とれて嬉しい」

と、考えられるくらいの余裕があればいいと思います。

で、そういう余裕を持つためにはやっぱり、

定期的に新規の子と出会い、好きになってもらう

ようにしなければいけないんですよね。

ストックじゃなくって、フローが大事。

プレイヤーは、越えた豚ではなく、常に狩人たれ。

仕事も恋愛も、現状に満足せずに次々と新しいものを追いかける姿勢が大切だと思います。



■女の二面性について

たまに、なんだこの性格ブス女みたいに思う奴が現れたりするじゃないですか。

この性格の悪さだから、まともに彼氏もできないんだよ、と。

既存の子の心の美しさに比べて、このブスはなんなんだろう?とか。


でも最近気付いたんですけど、


女の子って自分の鏡


なんですよ。
性格悪く見えるっていうことは、自分に魅力がないということ。

おんなじ女の子でも、相手によってめっちゃ尽くしたり、あるいは誰かをゴミのように扱ったりする。
可愛らしく「会いたい会いたい」とメールする一方で、他の男のメールを既読無視もする。

だから「自分が見ている女の子の性格が悪く見える」ということは、自分がその子にとって魅力的ではないということです。
そう考えると、

「このクソ女ムカつく」

みたいに思うこともなくなり、自分の振る舞いを反省するようになりました。

ただし、これは「一回ちゃんと話した後」の話であって、たとえば300barとかで、お互い面識もないにも関わらず、話した瞬間酒をねだってきたり、上から目線で喋ってくるブスは頭おかしいので死ねばいいと思います。



■完ソロのすすめ

ナンパで出会いを探すなら、一人でナンパするのがいいと思います。

ここ最近は基本一人でやってるんですが、一人でやると、

・自分の意志で選ぶことができる
・自分の意志で放流できる
・ガンシカされる確率が明らかに低くなる
・時間の自由が効く

など大きなメリットがあります。

友達とやるメリットは、なんてったって「楽しい」ですよね。

やっぱり誰かとやると、好みの違いもあるだろうし、連れ出すときや放流するときにサインを送ったりしなきゃいけなかったりで、色々と大変です。
担当決めもしなきゃいけないですしね。

それはそれですごく楽しい。

でも「女の子を捕まえる」という目的を果たすなら、一人のほうが効率いいです。

意外かもしれないですけど、上にも書いたようにガンシカされる確率が極端に減りました。
連れ出しまでにかかる時間もずっと短くなってます。

女の子が警戒しないからかな?

とにかく効率がいい。


自分は、友達と一緒にやるときの目的は「みんなで楽しむこと」

一人でやるときは「可愛い女の子を見つけること」

として、全く違うゲームとしてやっています。

一人でやるときはスナイパーのように。
友達とやるときはパーティのように。

もちろん、友達と一緒にやることを否定したいわけではありませんし、一緒にやる友達は随時募集しています☆笑
みんなでやるナンパのゲームは、最高にエキサイティングですから。