俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

クズの本懐 1巻の感想「興味のない人から向けられる好意ほど 気持ちの悪いものってないでしょう?」

第一巻の名セリフ

興味のない人から向けられる好意ほど

気持ちの悪いものってないでしょう?

f:id:hideyoshi1537:20150819073902j:plain
クズの本懐 第1巻 第四話 ハイスクールガールララバイより

ストーリーと感想

主人公である安楽岡 花火(女)と粟屋 麦(男)。

いかにも少女漫画風な名前の二人は、校内みんなに羨ましがられるほどの美男美女カップルだった。

大人の恋愛と違い、年収など評価されない。
美男美女である彼女たちは羨望の的だった。

花火は自分で語る。


私達は皆が羨む「理想のカップル」だと。


しかし、そんな理想のカップルからスタートしたら、少女漫画は始まらない。
少女漫画の主人公の恋は、最後まで実ってはいけないからだ。


理想のカップルと思われた二人には、実はそれぞれ想う人がいた。


花火は、幼馴染でもあった国語の先生を。
麦は、昔家庭教師をしてくれた音楽の先生を。


麦と花火はお互いに都合の良い関係。

付き合うにあたって、二人は約束した。


1.お互いを好きにならない

2.どちらかの恋が成就したら関係は終わり

3.お互いの身体的欲求はどんな時でも受け入れる事


このような複雑な関係を保ちつつ、ストーリーは進んでいく。
それぞれの恋は実らぬままに。


部屋で二人きりになったある日、麦は花火と行為のようなものを始める。



「お兄ちゃんだと思って」


花火は「途中」まで麦を受け入れる。


この辺の心理描写は女向けの漫画ならではだった。


少女漫画は行為の際に、感情を描く。
青年漫画は行為の際に、視覚を描く。

少女漫画は共感を。
青年漫画は支配を。

それぞれの視点の違いは鮮明だ。

この漫画では行為の際に、花火の繊細な心理描写が特徴的だった。

突き離せなかった。
「麦を」じゃない

麦を通して見たお兄ちゃんを。


これが男漫画だったら、あーんあーんで朝チュンだ。

少女漫画はそうはいかない。


さて、冒頭の名言。
これはネットで非常に話題になったセリフだ。


同じ告白シーンでも、男性作者が描く漫画では、


「男の子に好きって言われて、嫌な人はいないでしょう?」


と描写したのに対し、女性作者が描く漫画では、


「興味のない人から向けられる好意ほど 気持ちの悪いものってないでしょう?」


と描いた点、あまりにも対照的だということで、話題になった。


ちなみにクズの本懐の作者である横槍メンゴさんは@Yorimenのアカウントでツイッターもやっている。

さて、こちらがネットで話題のいち場面の紹介である。
あんなに騒がれたにも関わらず、ストーリー的にはなんら影響ないゴミが振られただけの話であった。


「あの・・・安楽岡さん! おっ覚えてるかな あの・・・返事を・・・」


・・・誰?
めんどくさい・・・
なんで私 すぐ返事しなかったんだろ



「ごめんなさい」


「えっ」


「ちゃんと答えました。それじゃ」


「ちょっ・・・ちょっと待って! い・・・一週間待ったのに! 期待するじゃん・・・」



あ 泣きそう この人。

泣きそうなくらい
私の事 好きなのか。



「・・・興味のない人から向けられる好意ほど 気持ちの悪いものってないでしょう?」



という風に、伝説のシーンにつながる。

女こえー!
ここで振られた男は、作中にも二度と出てくることはなかった。

作者の頭からも忘れ去られたのだろう。

女にとって、興味ない男の扱いなど、その程度なのだ。

記憶から抹消される。いないものと同じ扱いだ。
その辺を飛んでいる虫と同じだ。



一巻の最後はこのようなつなぎで締められる。


一人が寂しいなら

寄り添ったっていいじゃないか

遂げてみせるよ

クズの本懐


興味のない俺に愛情をぶつけられた彼女は、居留守を使った

Kindleで大人買いした「クズの本懐」

予想以上にすげー面白かった。
横槍メンゴさんは言葉の使い方がうまくって、読んでて感情移入してしまいますね。


冒頭の話に戻りますが、女の人って興味ない人に本当に冷たいですよね。
どんな誠実な想いも、行動も、誠意も、興味ない男から向けられるものは全く響かない。

恐怖の対象として逃げられるか、搾取の対象にされてしまう。

俺が中学二年の時。

これはもう俺史上、とても革新的な出来事だったんですが、学校で俺が流行ったんですよ。

いやこれ、マジで。なんかモテたの。一時的に。


よくわからないけど、モテがモテを呼んだらしい中二の冬。
キスをしたら子供ができると思ってたような、清く正しく美しい童貞だったんですけど、そんな中、人生初めての彼女ができた。

学校で目立ってた子に告白されて。
それはもう、愛しまくりました。

初めての彼女ですから。もう他の女全てがジャガイモに見えるくらいに愛した。

ある時は公衆電話から彼女の家に電話をかけまくり、ある時は、家電の子機を占有して、彼女宅に電話をしました。


しかし、幸せも束の間。

付き合って2週間後には、電話しても居留守を使われ、学校でも冷たくあしらわれるように。

なぜ?
こんなに愛しているのに!
好きなのに!


そこで、冒頭の名言に戻るわけですよ。



「興味のない人から向けられる好意ほど 気持ちの悪いものってないでしょう?」


愛情をぶつけるだけじゃダメなんですね。
好意を向ければいいってわけじゃない。

相手の好意を引き出さなければいけない。

当時の俺は、相手のためのに愛を表現したのではなく、独りよがりの愛情を一方的にぶつけていただけだったということです。

「愛情を素直にぶつけるだけじゃ相手のためにならない」ということを学んだのは、もっと大人になってからなんですけどね。



クズの本懐、面白かったですよ!

※kindle
クズの本懐 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)


※単行本(まとめ買い)
クズの本懐 コミック 1-3巻セット (ビッグガンガンコミックス)


2巻に続く。oreno-yuigon.hatenablog.com