俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

もしもONE PIECEの連載が突然終了したら!?オリラジあっちゃんがおすすめしてた「ミリオンジョー」という漫画を読んだ感想。


日経エンタテインメントという雑誌でオリエンタルラジオの中田敦彦さんがおすすめしていたので、Kindleで大人買いして読んでみた。

ざっくりとしたあらすじだが、簡単に言うと、

「もしもONE PIECEの尾田栄一郎さんが突然亡くなったらどうする?」

という話だ。

国民的人気漫画で、多くの子供、大人に夢を与えたONE PIECEと同じような扱いをされているのが作中の「ミリオンジョー」という漫画である。

ミリオンジョーの作者、真加田恒夫は制作ノートにこれからのミリオンジョーを記していた。
伏線をどう回収するか、どのようにキャラクターが登場するか、細かく綴られていた。

それを見た編集者の呉井は、真加田の死を隠し、自らがネームを担当し、アシスタントと共に作品を継続する決意をする。

真加田の制作ノートがあればきっとバレないはずだ。
きっと・・・。


そう期待しながら、呉井は数々の偽装工作を行う。
真加田の遺体を隠し、替え玉を立てる。
真加田は仕事人間で、人と交わらない性格だったので、それが幸いした。


なんとかなる。
呉井はそう確信し、世界中のファンを騙すことを決めた。

夢を与えるために、騙すのだ。


しかし・・・。

ストーリーは真加田の頭の中の構想を再現しているはず。
なのに、人気アンケートの順位が下がってくる・・・。
なぜ?

突然舞い込む人気作家とのタイアップ企画。
ジャンプにたとえるなら、鳥山明と尾田栄一郎がタッグを組んでタイアップ企画に取り組むようなものだ。

それを作者なしで乗り切るにはどうしたらいい?



・・・なんて、綱渡り展開を繰り広げていくのが「ミリオンジョー」という漫画です。

ストーリーは面白いと思うんですが、設定が雑なのと、絵がちょっと下手なのが残念。

この漫画、構想を大場つぐみに渡して小畑健が読んだらすごい偉大な漫画になりそうな気がするw


[まとめ買い] ミリオンジョー

[まとめ買い] ミリオンジョー