俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

たとえば誰かにネットで叩かれたときは「嫌われる勇気」を思い出してほしい。




3日前に「鈍感力という才能」という記事を書きました。

誰もがインターネットで発信できる時代に必要なのは、いちいちヘコたれない「鈍感力」なのではないかと。

インターネットで何かを発信していると、色んな所で叩かれたり、晒されたり、悪口を言われることがあるでしょう。
中には有益な批判もありますが、玉石混交で、目を背けたくなるようなひどい言葉を投げかける人もいます。

ユダヤ教の教えに、こんな話があります。

「10人の人がいるとしたら、そのうち1人はどんなことがあってもあなたを批判する。
あなたを嫌ってくるし、こちらもその人のことをすきになれない。
そして10人のうち2人は、互いにすべてを受け入れ合える親友になれる。
残りの7人はどちらでもない人々だ」

これをネットに当てはめて拡大解釈すると、

10人いるうちの1人は大きな声を上げて批判する。
7人は無関心で興味もない。
残りの2人は無言で応援してくれる。


ネットの鉄則ですが、賞賛よりも批判の声が上がりやすい&聞こえやすいという点があります。
これは昔からずっと同じで、炎上したときなどは、批判ばかりに見えてしまうこともあります。

そして、誰からも賞賛される人はいないし、誰からも批判される人もほとんどいません。

逆に言うと、誰からも叩かれない発信は「赤信号で止まりましょう」「カレーライスおいしい」みたいな、無難でつまらないものになりがちです。

一方で、自分の言いたいことをビシビシ言ってしまうと、批判される可能性が出てくる。
中には批判に心を折られて、発信をやめてしまう人もいます。


このインターネットで自由に発信していくには、どうしたらいいでしょうか。

「嫌われる勇気」で紹介されるアドラー心理学にヒントがあるかもしれません。

「権力争い」をしない

アドラー心理学では、原因論ではなく、目的論にそって物事を解釈します。

たとえば、「大声を出して人を罵倒している人」がいたとすると、
「怒りに駆られて大声を出した」のではなく、「大声をだすために、怒った」と説明します。

つまり、「大声を出す」という目的が先にあって、その手段として怒りという感情を捏造した、というのがアドラー心理学の考え方です。

「嫌われる勇気」から引用します。

青年:いくら先生だって、さしたる理由もなく罵倒されたら腹が立つでしょう?

哲人:立ちません。

青年:嘘をついちゃいけません!

哲人:もしも面罵されたなら、その人の隠し持つ「目的」を考えるのです。
直接的な面罵に限らず、相手の言動によって本気で腹が立ったときには、相手が「権力争い」を挑んできているのだと考えてください。

ネットではさしたる理由もなく罵倒し続ける人がいます。
もちろんネットに限らず、悪質な職場では上司が部下を晒しあげて、大声で叱責する場面もあるのではないでしょうか。

そういうときは、相手の「目的」を考えるのだと言います。

そう、このときの相手の目的は「勝つことによって、自らの力を証明したい」ということになります。

たとえば、ネットでよく見られる中傷の場合。

「嫌われる勇気」の言葉がそのまま当てはまります。


「相手は批判したいのではなく、ただあなたを非難し、挑発し、権力争いを通じて、気に食わないあなたを屈服させたいのです」


思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

大声で部下を叱咤する上司も同じ。
ミスを注意するなら論理的に注意すればいい。
大声で晒し者にするのは、「自らの力を誇示したい」という目的があるからです。


さて、ここで逃げずに売られた喧嘩を買ったとします。
そして仮に争いを制したとする。

すると、争いに敗れた相手は次の段階に突入します。
次の段階とは「復讐」の段階です。

「いったん引き下がったとしても、相手は別の場所、別のかたちでなにかしらの復讐を画策し、報復行為に出ます」

これもよくわかるのではないでしょうか。
対人関係が復讐の段階まで及んでしまうと、当事者同士による解決はほとんど不可能になります。

そうならないために、権力争いを挑まれたときは、絶対に乗ってはならない、と言われています。



さて、ここまで読むと、ただやられっぱなしで我慢するだけに見えてしまうかもしれません。
いちいち言われて、倍返しもせずに黙っているのは屈辱のように感じます。


僕自身も、やられた分はいつか倍返しでやり返してやろうと復讐の念にとらわれていました。


f:id:hideyoshi1537:20150922172705j:plain


しかし、「嫌われる勇気」の中で、このような感情は「対人関係の罠」として、明確に否定されます。

自分が正しいからといって、相手を非難しない。争わないことが大事だと。
対人関係の中で「わたしは正しいのだ」と確信した瞬間、すでに権力争いに足を踏み入れていると。

なぜか?

主張の正しさは、勝ち負けとは関係ないからです。

「わたしは正しく、相手は間違っている」という風に思った時点で、議論の焦点は「主張の正しさ」から「対人関係のあり方」に移ってしまう。

自分が正しいと思っているなら、他の人がどんな意見であれ、そこで完結する話です。

結果的に誤っていたときに、誤りを認めること、謝罪の言葉を認めること、権力争いから降りることは、負けではない。
競争や勝ち負けの眼鏡を外し、自分を正し、自分が正しいことをやってこそ、自分を変えていくことができるとアドラーは言います。


たとえば、ネットでは

「お前は間違っている」
「お前はおかしい」
「いやいや、おかしいのはお前だろ!」

というような権力争いがたびたび発生します。

ここで争ってしまってはいけないということです。
自分が正しいと思っているなら、そこで完結させる。

他人が何かを言ってくるのは、「他者の課題」であって、「自分の課題」ではない。
アドラーは「他者の課題と自分の課題は明確に分離せよ」と言います。

そして、自由であるためには、他者に認められようとしてはならない。
アドラーは「本当の自由とは他者から嫌われることである」と言いました。


「他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない」


なんとなく大学に行って、なんとなく入社して、なんとなく仕事をして、それが他人に評価されるためであるとしたら、自分の気持ちに自由であるとは言えません。

「いいマンションに住んで褒められたい」というのは、他者の承認を得るための生き方です。
「いい会社にいきたい」というのも同じかもしれない。

ネットでも同じように、他人にどう評価されるかを気にしていては、好きなことを発信できません。
それは自由であるとは言えない。


「嫌われる勇気」はインターネットを意識して書かれた本ではありませんが、ネットで情報発信する上で心に留めておきたい記述がたくさんありました。

相手の目的を考えて、権力争いをしない。
自分が正しいと思うことを貫き、そこに他者を介入させない。
他者の承認を求めない。


人の目を気にしない「主体的な強さ」を持ち、心に「嫌われる勇気」を。

ネット時代に必要とされるのは「鈍感力」ではなく、「勇気」だと感じました。


「嫌われる勇気」にはまだまだ興味深い内容がたくさんあるので、次回以降、折にふれて紹介していきます。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え