読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

一周回って、男のスキンケアは無印良品の化粧水が最強にコスパ高いんじゃないかという結論に達した。

男は困窮していた。

ただでさえ激務で薄給だ。
その上に、男の見栄によるデート代がかさみ、男の家計は崩壊寸前だった。

男は苦悩した。
スキンケアを怠れば、一気にジジイになってしまうのではないかと。

30歳前後は肌の曲がり角と言う。
早い人は目元、口元に小じわができ、見た目がだんだんと「オジサン」になってくる。


男は抗っていた。
残酷な時の流れに。
ありったけの財力をもって。

アットコスメをくまなく調査し、なんとなく良さそうなものを探す。

化粧水を探すと嫌でも気付くのだが、まともな化粧水はほぼ全て女性向けに作られており、そのほとんどが、たかが化粧水のくせに恐ろしく高額だということだ。

女はこんなに高いものを定期的に購入しているのか・・・
美意識の高さに感嘆を禁じ得ない。


そして男は確信した。


美は無料で手に入れることはできない。
美しい肌、そして若さを保つには、それなりの投資と覚悟が必要だ。


男はためらうことがなかった。
化粧水をレモン水でいいとメルマガで述べた藤沢数希さんを鼻で笑い、化粧水を侮る世の男を軽蔑した。


ジジイは一日にして成らず。
男は怠惰と怠慢により、少しずつジジイになっていくのである。


なけなしの金を、化粧水に投入した。


雪肌精、IPSA、ランコム、SK2、アルビオン、オードムーゲ・・・
(そのうち、SK2とアルビオンは、そのとき付き合っていた子の物を奪って使った。しかし・・・)


どれもそれなりに値段が張り、そしてなぜか女の子は、これらの高額化粧品を当たり前のように購入しているようだった。


ここ数年。
化粧水から乳液、目元美容液からリファまで色々と試して気付いたことがある。

今まで目をそらしてきたが、直視せざるを得ない不都合な真実だ。

それは・・・


化粧品、色々買っても違いがよくわからない


ということだった。

成分のことなどよくわからない。
何が効いているのか効いていないのかもわからない。

塗りたくった後に肌が突っ張るか突っ張らないかくらいしかわからない。
アルビオンとか10,000円以上するみたいだけど、有り難いけど、別に生まれ変わるほどの効果はない。

リファをコロコロしたところで顔が小さくなったようには見えないし、高い化粧水を塗ったところで赤子のような肌になるわけではない。

結局、金で安心を買っていただけだった。


高いものは価値があるに違いないと思い込んでいた。
ただの水にちょっと油を混ぜたようなものであっても、10,000円で売られていたら、それに何らかの意味を見出すかもしれない。

高いものは良い物に違いない、と。


大学のときに付き合っていた子が言っていた。

化粧水の値段なんて、ほとんどが広告宣伝費なんだから、広告出してなくて、安くて良い物を使ってればいいよ。

その艶のある肌は、若さゆえのものか、化粧水によるものかはわからない。

しかし、彼女が肌で悩んでいるようには見えなかった。
彼女の使っている化粧水は2,000円もしないものだった。

影響を受けた男も一緒に、無印良品の化粧水を使っていた。
それで満足していたはずだった。

社会人になり給料が入り、男は慢心していたのかもしれない。
金で若さを買えるものと。


そして今再び。

困窮した男はかつての恋人の言葉を思い出す。


安くて良い物を使えばいいよ────



────そうだ!無印に行こう!!



今の無印良品は当時よりさらにパワーアップしていて、アンチエイジング用の化粧水も売っていた。
美容液も、乳液もある。


f:id:hideyoshi1537:20151013211456j:plain

f:id:hideyoshi1537:20151013211507j:plain

どれも1,500円以内で購入でき、値段はとても良心的だ。


f:id:hideyoshi1537:20151013211515j:plain

一通り、余計なくらい買い揃えても6,000円ちょっとだった気がする。
IPSAの化粧水200ml分である。


ipsa イプサ ザタイムリセット アクア 200mL

ipsa イプサ ザタイムリセット アクア 200mL


なんというコスパの良さ!

ネットで注目を集める、ミス青学候補の山賀琴子さん。

彼女が使っている化粧水はなんと、「極潤」らしい。


そして、スキンケアのコツは、化粧水を3回、それに乳液をたっぷりつけて、ベタベタにして寝ることらしい。


私個人の問題かもしれないが、SK2とかランコムとか、クソ高い化粧水を使う時は、なんか恐る恐る使ってしまう。

チビチビと使って、なるべく節約しようとしてしまう。
高級なBARで高い酒を飲む時みたいに。

3回たっぷり使うなどできない!
だって高いんだもん!


チビチビ使うSK2より、たっぷり使う無印良品


の方が、絶対効果がある。間違いない。

てゆうか、無印の化粧水めっちゃいい。
なんの躊躇もなく、垂れ流すようにたっぷり塗りたくることができる。

高価な化粧水を色々と試して、最終的に戻ってきたのが無印良品であった。

男のスキンケアに何を使えばいいか迷っている人は、一度無印の「高保湿」の化粧水を使ってみてほしい。
驚くほどしっとりするはずだ。

値段が手頃でもちゃんと保湿することはきっとできる。
無印にはその力があると私は信じている。


何を買うか迷っている男性には自信をもって、無印良品の化粧水をおすすめしたい。


無印良品 敏感肌用 薬用美白化粧水 高保湿タイプ (新)200ml

無印良品 敏感肌用 薬用美白化粧水 高保湿タイプ (新)200ml


化粧水の後はしっかり乳液でフタをする。


無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ 200ml

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ 200ml


ちなみに、史上最も美しいミス青山学院候補と私の中で話題の山賀琴子さんが使っている「極潤」

肌研(ハダラボ) 極潤α化粧水 170mL

肌研(ハダラボ) 極潤α化粧水 170mL

なんと値段は1,050円。
お肌は金よりも遺伝子?と言いたくなる気もするが、山賀さんには1,050円の極潤でもミス青学になれることを証明してほしい。