俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

身の丈以上に浪費しがちな今だからこそ、本多静六先生の「本田式 四分の一貯金法」を読み返したい。




社会人になる前に「私の財産告白」という本を読みました。

本の著者は本多静六という人です。
この本のオリジナルが出版されたのが1951年。

日本の「公園の父」と呼ばれた彼は、多くの公園の設計に携わりました。

多くのランニング愛好家に愛される福岡の大濠公園や、東京の日比谷公園、その他にもたくさんの公園に本多静六が関わっています。


多くの功績を残した本多静六先生ですが、今改めて注目されているのが、その財産形成方法です。

本多清六さんは、25歳のときから始めた「四分の一貯金法」によって莫大な財産を築きあげました。
もちろん東大教授である収入は低くありませんが、富豪と呼べるほどの財産を築き上げる教授はごく一部でしょう。

物価が異なるため比較しづらいのですが、Yahoo知恵袋(笑)の情報などを参考にすると、現在の価値に直すと100億近くの財産を築き上げたものと推測されます(いくら検索しても総資産の情報がほとんど出てこないのですが、森林投資(?)の5,000万×140倍(物価上昇分)=70億と、プラスアルファとして100億。言いすぎか?)


本多静六の総資産の信憑性はさておき、投資法は極めて理にかなったものであるため、浪費家である私には大変参考になります。

本多式四分の一貯金法とは、

「あらゆる通常収入は、それが入ったとき、天引き四分の一を貯金してしまう。
さらに臨時収入は全部貯金して、通常収入増加を基に繰り込む」

というものです。

式にすると以下の通り。

貯金 = 通常収入 × 1/4 + 臨時収入 × 10/10

本の印税やボーナスなどは臨時収入とし、全て貯金します。
それを25歳から15年間続け、生活が安定し始めたら、貯金を投資に回しました。
40歳になる頃には利息からの収入が本業の給料を超えたそうです。

また、本多静六さんは本業に支障がない程度に、本業の助けになるアルバイトも行うことを推奨しています。
彼はアルバイトという言葉を使っていますが、本業の助けになるよう、毎日1ページ分の文章を書き、書籍を出版していました。

今で言うと、毎日勉強して、毎日ブログを書くようなものでしょうか。
彼は一日1ページを毎日続けることで、生涯で370冊もの著作を生み出すことになったそうです。


ちりも積もれば山となるを地で行くような人ですよね。


昔読んだ経済学の教科書に、「人間は一度生活水準を上げてしまうと、所得が下がったとしてもなかなか生活水準を一緒に落とすことはできない」と書かれていました。誰の理論か忘れちゃったけど、一度贅沢をしてしまうと、その生活を捨てることはとても難しいようです。


本多静六先生は、「私の財産告白」の中で、貯金をする上での一番の弊害は、虚栄心であると言っています。

貯金をつづけていく上に、一番のさわりとなるものは虚栄心である
いたずらに家柄を誇ったり、いままでのしきたりや習慣にとらわれることなく、一切の見栄をさえなくすれば、四分の一天引き生活くらいはだれにでもできるのである。

自分の値打ちが銀もしくは銅でしかないのに、暮らしの方は金にしたい。金メッキでもいいから金に見せかけたい。
こういった虚栄心から多くの人が節倹できないのである。

(略)

人生をより安全にし、生活をより健全にしようとするならば、むしろ一歩を退いて───事実は一歩を進めて───実力以下の銅なり、鉄なりの生活から出発していくべきだろうではないか。

僕は昔、一度この本を読んで、ちゃんと貯金しようと思っていたのも束の間、浪費が浪費を呼びとんでもないことになってしまいました。


最後の解説では、本多静六さんは次のように紹介されています。

世の中には誰もが勝てる勝負がある。
しかし、ほとんどの人はそういう勝負には参加をしない。
本多静六という人が人生で行った勝負は、その「誰もが勝てるが、ほとんどの人がしない勝負」だった。

誰もが勝てる勝負だけど、誰も参加したがらない勝負というものは実はたくさんあって、そのほとんどは本多静六先生が言う、

「人生即努力、努力即幸福」

の考え方を実践することで、勝負の舞台に上がれるのではないかと思いました。


私の財産告白

私の財産告白