読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

クラミジアに感染する確率とその検査・治療方法について。

シモ

12月ですね!

もうずいぶん昔の話なんですけど、ツイッター経由で友達になった桜井さんその仲間たちと一緒に六本木のクラブに行ったんです。

桜井さんと一緒にクラブに行くのは初めてだし、ここはいいとこ見せなあかんな、と。


今日はお持ち帰りするしかないな、と。


クラブデビューの桜井坊やに格の違いを見せつけたらなアカン、と密かに決意してクラブに行ったわけです。

そう、西麻布の掃き溜め☆MUSEにね。

身分証明書を見せて中に入ると、そこには見慣れたMUSEの光景が広がっていました。

女に群がる男たち。
男に囲まれて、気分良さそうに上機嫌に笑う女。
それを遠目で見守る地蔵達。

いつもの、いつも通りのMUSEです。ありがとうございます。


エントランスで桜井さんとその仲間たちと乾杯し、勢いをつけました。


それから僕は、クラブの中で踊り、酒を飲み、歩き、なんとなくエッチできそうな子を探し、声をかけ、お持ち帰りすることになったのです。


村上龍はかつて「すべての男は消耗品である」なんてエッセイを残しましたが、僕はあの日紛れも無く消耗品でした。

なんとなくセックスしてもいいと思える男を探す女、その女に声をかける男。
そこにあるのは愛ではなく、情でもなく、ただその場限りで消耗される性欲であり、僕自身、性欲によってのみ動くチンポの奴隷に他ならなかったのです。

タクシーを停め、ボロいマンションに向かい、相変わらずチンコは勃たず、気持ち重点的に右乳首を責めていただくことで自らを奮い立たせ、なんとか一連の行為を済ませ、女の子を駅まで送った後、二回オナニーをして、その後僕に残ったものは愛でも友情でもLINEのIDでもなく、股間の違和感でした。


なんか、チンコが、痒い。


これはまさか・・・
まさか・・・


・・・性病?


風呂に入り、ビオレで入念にチンコを洗っても、なんか痒い。

無性に痒い。気がする。


なぜだ?


そんなとき、LINEが入る。


[(さくらい)昨日はありがとうございました。楽しかったです!]


桜井ィィィィ!!!!



それどころじゃないよ!


動揺を隠しきれぬまま、以前学んだ知識を振り返りました。

STD(性感染症)とは、セックスをはじめとする性行為などによって感染する病気のことです。

クラミジアなどはオーラルセックス(お口の恋人)でも簡単に移るもので、感染確率は50~80%程度と言われています。

淋病は約30%の確率で移ります。
一度治っても、パートナーに移してしまった性病がまた戻ってくるピンポン感染というのもあります。


性病は自分だけの問題ではなく、パートナーも含めて向き合う病気なのです。


クラミジアや淋病などの性感染症が極めて高い確率で感染するのに対し、HIVが感染する確率は非常に低いようです。

ネットで調べた感じだと、感染率は以下のようになっています。

輸血    90%
母子感染 13~48%
薬物の注射の回し打ち  0.67%
針刺し事故   0.3%
粘膜・傷に触れた場合  0.09%
アナルセックス(受け入れ側) 0.04~3.0%  
アナルセックス(挿入側) 0.03~0.067%
膣を使ったセックス(女性側)  0.1~0.3%  
膣を使ったセックス(男性側) 0.05~0.38% 
フェラチオ(受け入れ側)    0~0.04% 
フェラチオ(挿入側)    0.005%

HIV(エイズ)の感染確率ってどのくらい?クラミジアなどの性病に感染しているとHIV感染の可能性が高まります。 | NDS編集長のまとめニュース


そして僕は、クラブでお持ち帰りされる女子が背負ったについて、思いを馳せずにはいられませんでした。
決して女の子を蔑む意味で書くわけではありません。


クラブで僕にお持ち帰りされる子は、過去に他の誰かにも持ち帰られていた子です。

自分だけ特別なんてことはありえない。

そして、その子をお持ち帰りした男は、きっと別の日に他の誰かもお持ち帰りしています。

クラブでお持ち帰りした一人の女の子は、その背中に100人の女とセックスした男のチンポの歴史を背負い、その男もまた、背中にマンコの歴史を背負っているのです。


この歴史は、大変重い。


3日後、泌尿器科に行くと、尿を取られ、検査に出されました。
一週間後に結果がわかるというものでした。

そして、検査結果が出る前にジスロマックという抗生物質を処方されました。
ジスロマックはひどい風邪のときにも処方される薬で、けっこう強い薬だという話を聞いたことがあります。

医者は特に説明もせず、「とりあえずこれ飲んでね」と薬を処方してくるので、実際のところはよくわからんのですが。

ジスロマックは、前に風邪を引いたときは錠剤を3日間飲むよう指示されたのですが、今回はシロップのものを1回飲むだけでした。

このシロップはめちゃくちゃ効いたのか、飲んだ直後からひどい下痢になりました(汚くて申し訳ない)
抗生物質が乳酸菌を殺してしまったのでしょうか(お医者さん教えてください)

ジスロマックを飲んだらチンコの疼きは消えたようで、僕は日常は平穏を取り戻しました。


そして一週間後──────。


f:id:hideyoshi1537:20151208003804p:plain


陰性っ!
よかった!


散々待たされましたが、診察結果は


「大丈夫ですね!」


の一言でした。30秒で終わりました。
30秒で終わるのはゴッホさんのようでした。


チンコが痒くなった原因は、たぶんオナニーのせいでしょう。
オナニーのやりすぎはいけません!

不安になった原因は、相手のことをよく知らないままセクースしたからでしょう。
僕が不安になったのと同じように、相手も不安になったかもしれません。

セックスは、した後に不安になるものではなく、した後に安心するものでありたいですね。
いい加減チンポの奴隷を卒業しなければならないと思いました。


そして最後に、このブログを読んでいる方で、少しでも不安要素がある方がいたら、性病検査に行ってみることをおすすめします。
特に男は症状が出にくいので、知らぬ間に感染源になっている可能性もあります。

何より「陰性」という検査結果を見たときの安心感は相当なものなので、気持ち良く年を越したい方には強くおすすめしたい。

性病検査は大人のマナーです!(陰性の立場からドヤ顔で)


すべての男は消耗品である (集英社文庫)

すべての男は消耗品である (集英社文庫)