俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

スープカレーはコスパ最高デート。恵比寿の「イエローカンパニー」に行ってきました。




この世の中に、カレーを愛していない者はいない。

あるとき日本の料理人が、インドでテロリストに捕まった。
その日本人は死を覚悟したが、最後に一つだけ料理を作らせてほしいと言った。

そのとき作ったのが、カレーであった。
その日本人が作ったカレーがあまりにもうますぎて、テロリストは涙し、そして日本人と友達になった。

テロリストがカレーに屈したのである。
そして日本人は釈放された。


カレーは世界を平和にする。
カレーがある限り、少なくとも俺の世界は平和だ。


先日、恵比寿のスープカレー屋に行った。

恵比寿駅から歩いて10分ほどの場所にある「イエローカンパニー」という店だ。


tabelog.com


雪が降りそうなくらい寒い夜だった。
歩くと冷たい風が頬にあたり、耳の感覚がだんだんとなくなってくる気がした。
それでもスープカレーを食べるために俺は歩いた。

店に着き、メニューを選ぶ。
スープカレーで大事なのは具の選び方だ。

初心者はチキンを選び、中級者はチキンベジタブルにする。
上級者になると納豆をトッピングする男もいるが、ちょっと頭がおかしいので真似してはいけない。


この日は中級者メニュー、チキンベジタブルを頼んだ。
スープカレーの写真を見てほしい。


f:id:hideyoshi1537:20160129004718j:plain


どうだろう?
すごく美味しそうではないだろうか?


「デートにカレーなんてありえない」


そんなキラキラ女子の声が聞こえてきそうである。
フレンチ、イタリアン、寿司、そして夜景が見えるオシャレなバー。

たくさんの店に連れて行ってもらったことだろう。

しかし、胸に手を当てて考えてみてほしい。


お前たちも、本当はカレーが食べたかったんじゃないのかい?


物心ついたときからいつだって、カレーが出る日の夜はワクワクしたじゃないか。
給食のカレーはいつだって、おかわりしてたじゃないか。

大学生なら気兼ねなく行けた店も、大人になると少し恥ずかしくって行きづらくなったりもする。

でもね、大人になってカレーを食べられないなんてもったいない。
むしろ大切な女性(ひと)とのデートにこそ、カレーを選ぶべきだと俺は思う。


デートにカレーは使えない?
いや、そんなことはない。
大事なのは、愛である。

女への愛?
いや、違う。カレーへの愛だ。


恵比寿の街は幸い、ラブホテルも豊富にある。
下心でいっぱいのエロいおっさんにもオススメだ。

スープカレーを食べると胸が熱くなる。
辛いからだ。

しかし、吊橋でのドキドキ感を恋を勘違いするように、スープカレーによって胸が熱くなるのを感じ取った目の前の女は、それを恋と勘違いするかもしれない。

スープカレーの店を「東京いい店だけどヤレない店」だなんて言わないでほしい。

本当にスープカレーはうまいのである。

デートでもいい。
友達と一緒でもいい。

カレーを食べながら笑ったあの日の家族の食卓を思い出して、
大人こそ、カレーを食べよう。


ちなみに、二人で行っても3,000円という破格の安さであることも付け加えておきたい。


oreno-yuigon.hatenablog.com

有楽町のカレーもめちゃくちゃうまい。
この店は駅からも近いし、おすすめである。


oreno-yuigon.hatenablog.com
綱島のスープカレーを食べに行った時の記事。
田舎の綱島にはなぜかラブホテルもある。

デートにはあまりオススメはしないが、らっきょ&スターはマジでうまいので、冒険するつもりで行ってみてほしい。


*営業時間
[月] 11:30~15:00(L.O)
[水〜金] 11:30~15:00(L.O) 17:00~22:00(L.O)
[土・日・祝] 11:30~15:00(L.O) 17:00~21:00(L.O)


*電話番号
03-5485-2723


*地図