俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

汐留シティセンターの東京タワーが見えるバー「Bar&Lounge MAJESTIC(マジェスティック)」に行ってきました。




「いらっしゃいませ、こんばんは」

スタッフに丁寧に迎えられ、コートを脱ぐ。
案内された席は横並びで、目の前の窓から見える東京タワーが橙色に輝いていた。


汐留シティセンターは新橋駅から歩いて5分の場所にある。
エレベータに乗り込み、41階のボタンを押す。

耳がツンとなるのを感じながら、廊下を歩くと、ホールに大きなピアノを見つけた。
ピアノを右手にして東京タワー側に曲がった場所にあるのが、「Bar&Lounge MAJESTIC」である。


tabelog.com



大勢のスタッフに出迎えられ、案内された席は暗く、東京の夜景が綺麗に見えた。
横を見ると、脂の乗ったオジサンとオバサンが幸せそうに肩を組んでいる。

そうか、ここはオッサンがオバサンを口説く店なんだな、と少し納得しながら窓を見る。

その窓に映る男の姿を見て、驚いた。

オッサンが、映っているのである。
そのオッサンは、紛うことなく自分だ。


なんということだろう。


俺はいつの間にか、オッサンになっていたのだ。
美しい夜景が見えるバーが、背伸びした場所じゃなくなるくらいに。


f:id:hideyoshi1537:20160131160907j:plain


大学生の時、サークルの女友達が

「バーでサラリーマンに口説かれた」

と言っていた。
そんな話を聞いて、オッサンは女をバーで口説くのか。バーって何が飲めるんだろうな、と不思議に思っていた。

そのバーに、オッサンとなった自分がいて、ビールを頼んでいる。

皮肉にも、オッサンとなった自分が飲むビールの味は、大学の時に一気飲みしたビールの味と同じだった。
変わったのは見える景色と、自分の年齢だけだった。


f:id:hideyoshi1537:20160131160942j:plain


さて、感傷に浸っている暇はない。
女とバーに来たのだ。

バーで女を口説くのは、オッサンの義務である。
憚ることなく口説かなければならない。


「東京の夜景は、日々残業するサラリーマンの汗によって、彩られているんだ」

「あそこに六本木ヒルズが見えるだろう?」

「あの六本木ヒルズの42階から48階にはゴールドマン・サックスが入居している」

「六本木ヒルズの頂上で輝くゴールドマン・サックスだが、水曜日の夜の光だけは、どこか哀しい色をしているんだ。なぜだかわかるか?」

「水曜日は、ゴールドマン・サックスの解雇通告の日だからだよ」


そんな会話をしながら、俺は横の女を口説く。
これは口説いているのだろうか?

そして、人生に一度は言ってみたかった伝説のセリフを吐く。


「君の瞳に」


「乾杯」


★ ★ ★

女から解雇通告を食らった僕は、行くあてもなく汐留から新橋をさまよい歩いた。
周りには楽しそうなサラリーマンと、酔っ払ったOLが笑っている。


こいつら、なんだかバーが似合いそうだな。

そんなサラリーマンを見て、スーツを着ている自分に気付く。

俺も、サラリーマンなんだ。

バーから見える東京の夜景は美しかった。
もっと東京の街を楽しみたいと思った。

それには金が必要なんだな、という当たり前の結論に達した。
マジェスティックの会計は、ビール2杯とカクテル2杯で10,000円だった。

これが大人の飲みというものなのか、と宅飲み一杯300円でビールを一気飲みした大学時代を思い出す。

味は変わらなくても、大人は雰囲気に金を払うんだな。
アラサーたる者、バーが似合う男にならなければ。


月曜の仕事に向けて、一層の気合いが入った。