読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

QOL最強の勝どきのタワーマンション「アパートメンツタワー勝どき」

東京いい部屋モテる部屋研究

6年前、「勝どき」という駅名を聞いた時、僕はなんて地味な駅なんだろうと思った。
実際に勝どきに遊びに行った時も、何もない田舎のように見えた。

あれから時が経ち、あれよあれよとマンションが建ちまくり、今では勝どきは湾岸エリアの高層マンションの象徴のようになっている。

勝どき駅に通っているのは大江戸線だけという駅のショボさを除けば、勝どきはQOL最強の素晴らしいマンションとなるだろう。

良心的なスーパー、大きなTSUTAYA、変人がいない、静かで住みやすい。

そして何より、見逃されがちなのは、ここは中央区勝どき
銀座から歩いて10分程度なのである。

5分歩けば築地に出ることができる。

つまり、デートスポットから徒歩で帰宅できる距離だということだ。
スケベな独身男が住むにも都合がよい街なのである。


さて、ひっそりと始めた「東京いい部屋モテる部屋」企画の第二弾は勝どきのタワーマンション「アパートメンツタワー勝どき」を紹介したい。

まず、このマンションは1階にセブン-イレブンとTSUTAYAが入っていて、これだけでも引きこもるには最高の環境である。

f:id:hideyoshi1537:20160716215656j:plain


f:id:hideyoshi1537:20160716215701j:plain


中に入るとタワーマンションにありがちなソファが置いてあるが、何の利用用途があるのかはよくわからない。


f:id:hideyoshi1537:20160716215709j:plain


このマンションの素晴らしいところは、広くて綺麗な割に、港区のタワーマンションより断然家賃が安いということである。

50平米で20万弱で、港区の殺人級の家賃よりだいぶ良心的な価格帯となっている。


部屋の窓からは銀座が見える。

f:id:hideyoshi1537:20160716215736j:plain

高層階に行けばスカイツリーも見える。

f:id:hideyoshi1537:20160716215742j:plain

六本木でこのレベルの部屋に住もうとすると、おそらくは30万近くの家賃を取られるが、勝どきに六本木ほどのネームバリューが無いことと、可愛い女の子がいないことで、ずいぶん家賃が安くなっているように思う(それでも近年は家賃が高くなってきているらしい)

そして何より本当に本当に素晴らしいと思ったのは、このマンションのスカイラウンジなる施設である。
自習室があるタワーマンションは割と珍しいが、このマンションの設備は本当に素晴らしい。


f:id:hideyoshi1537:20160716215800j:plain

このように、マンションにいながらにして、仕切られた環境で引きこもって本を読むことができるのがとても良い。

f:id:hideyoshi1537:20160716215806j:plain

窓からの景色はなんとなく、アカデミーヒルズに似ているように感じる。

共用施設には割と広めのジムもあって、マンション内で生活を完結させることができそうだ。
tokyorent.jp


こんな環境で引きこもることができたなら、どんなに幸せなのだろうと思った。
ここなら一人でずっと時間を潰すことができる。

僕は一緒にマンションを内覧した友人に、ここに決めることを強く勧めた。
しかし、彼はこう言ったのだ。


「すごくいいけど、このマンションはなんか、家族っぽい」


女の子にモテたくて仕方がない独身男から見ると、「勝どき」というのはどうしても「家族が住む街」に映ってしまう。

しかし、「なんか家族っぽい」という点に目をつぶれば、勝どきのタワーマンションは価格帯も港区に比べて手頃で住みやすく、治安も良い。

銀座も東京駅も徒歩圏内で、デートにも困らないナイスなロケーションと言えるだろう。

ルーティーン「銀座の合コン帰り」

さて、どうせなら勝どきに住んだと仮定して、ルーティーンを考えてみよう。
ルーティーンとは、女子を口説くときの定番のパターンのようなものだ。

勝どきのルーティーンと親和性が高いのは銀座の合コンである。


「ちょっと飲み直さない?」

でタクシーワンメーターでマンションに直行することができる。
盛り上がった週末など、夜を明かして飲みたい時にもってこいのルーティーンだ。

ルーティーン「築地の寿司」

勝どきは地味に築地に近い。
近いというか、橋を挟んで隣にあるので、築地で寿司を食ってそのままマンションに帰ることができる。

女子を部屋に連れ込む時の最強パターンは、


「ちょっと散歩したら、いつの間にかマンションに着いていた」


というものだが、築地と勝どきはそれくらいの距離でちょうどいい。
しかし、困ったことに、築地→銀座方面に歩くのは自然だが、築地から勝どき橋を渡る散歩ルートは明らかに不自然である。

その意味で、「なんとなく歩いてたら家、着いちゃったんだよね、テヘペロ」

で、「どうせなら部屋でワインでも」なんて言うのはちょっと厳しいだろう。

そこは堂々と、「おい磯野!TSUTAYAでDVD借りて見ようぜ!」で誘ったほうがいいと思われる。

実際に行ってみるとわかるが、あまりにも家族の街で、休日の日中は子供たちの声が至る所から聞こえる。
彼女の結婚欲を高めるには良いかもしれないが、遊びたい盛りの独身にはちょっと街が爽やかすぎるかもしれない。


...以上のレポートが、東京のマンション研究~勝どき編~でした。


第一弾は六本木です。
oreno-yuigon.hatenablog.com