読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

人を不快にするならツイートする意味がない。あるいはネット上の批判への向き合い方。

散文

忘れられる初心


昨日ツイッターでちょっとした議論(というかプチバトル)みたいになったことを後悔し、反省している。
こんなことを記事にして何になるのかと思われるかもしれないが、このことに触れずに先に進めない気がした。

ツイッターでもブログでも、露出が増えてくると反応されることも増えてくる。
たまに辛辣な言葉で批判されることもある。

発信した内容が万人に対して受け入れられるものではないので、批判は仕方ないことだ。
でも、批判の言葉に対して自分がどう反応するかというのは、自分の選択の問題だ。

フォロワー数が増えてくると、味方(あるいは同じ立場の人間)が増えてくる。
ツイッターでは正しい言動よりも、正しそうに見える言動の方が支持されやすい。

正しそうに見える言動とは、多数派の言動のことだ。
フォロワー数が増えると拡散力も比例して上がってくる。
すると、自分の意見が多数になることも多くなる。

そこに甘えて、少数派を晒し者にしたり、皮肉を言ったり、ディスったりしてはいけない。
そんなんずっと前からわかっていたはずなのに、それに近いことをしてしまったことが情けない。

自分のプライドのために、人を不快にさせてはいけない。
それは女の腐ったような人間がやることであって、紳士のやることでない。

「自分がやりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるのが紳士だ」

というセリフはノルウェイの森という小説で永沢さんというイケメンが発した言葉なんだけど、まさにこれだ。


ツイッターやブログで何かを発信するにあたって、できるだけ守りたい指針がある。

・誰かにとって、有用になりそうな内容
・誰かにとって、面白そうな内容

を発信する、ということだ。
その「誰か」は「自分」であることが多いんだけど。


自分のプライドを守るために他人を批判したり、誰かを煽って炎上や論議を巻き起こすことは、この指針から大きく外れている。
見ている誰かを幸せにしない。

誰も幸せにしない内容は、エンタメとしては面白いかもしれないけれど、それは自分がやるべきエンタメではないと思っている。

たとえば、こんな感じの。


一方で、フォロワー数が増えてくると歯に衣着せぬ発言がしづらくなることがある。
自分の数倍のフォロワーがいる芸能人の人妻幸子さんのツイート。

フォロワー数が増え、神経を使って無難な発信を心掛けた結果、「つまらなくなった」と言われることもあるかもしれないけれど、
発信内容は、自分の環境や周りの状況に合わせて変えていくのが自然だと思っている。
むしろ、頭の使いどころだな、とも。

たとえば、本当にすごいな、と思うのがARuFaさん。

老舗アルファブロガーのアルファさん。
身体を張って、頭を使ってひたすら面白い内容を発信し続けている。


こういうエンタメを提供できる人を目指したい。

思いは揺らぎ、心は変わる

初心に立ち返り、上のような決意を語ったところで記事を公開すると、早速はてブでディスられた。
中には「死んだ方がいい」と言ってくる輩もいた。
これには驚いた。

「死ね」という言葉はリアルの世界で生きてきて、なかなか言われることがない。
数年に一回も言われないかもしれない。

リアルの世界では、変な人に関わらないように自然とスクリーニングしているからだ。

そこで当たり前のことに気付いたのだけれど、万人に開かれたインターネットの世界で、全ての人と分かり合うのは不可能だ。
誰にも文句を言われないようなものを発信しようとすると、

「今日はいい天気でした」

「明日は買い物に行きたいと思います」

くらいしか書けない。

そして、こんなことを書いても「ただの日記レベル」とブコメを残す奴もいるくらいだから、どうしようもない。
つまり、無視するかネタにするのが一番いい。

ツイッターは糞を持って殴りに来るからまだいいだけど、はてブのクソリプラーは檻から糞を投げるゴリラだ。

安全圏から石を投げて、他人を不快にさせることに精を出すゴリラよ。
お前たちは、どんな顔をしてパソコンのキーボードを叩いているんだ?

無感情にキーボードを叩いているのか?
それともニヤニヤしているのか?

教えてくれよ。
お前たちは、どんな世界に生きてるんだよ。
心が見えねぇよ。


汝のクソリプを愛せ

ツイッターを見ると、またキツイ口調でリプライが飛んできていた。

僕はこういうのを見るたびに思う。

お前たちは、何に怒っているのだ。
何を見て感情を動かしているのだ。

お前と俺が会う可能性は限りなくゼロに近い。
いや、ゼロと言ってもいいだろう。

何を怒る必要があるのだ。
もっと目の前のことを楽しめ。





経験者にしか教わりたくないというのではなく、経験した人じゃないと説得力がないのが問題なんだ。
たとえば、ダルビッシュ選手と揉めていた塚口さん。

この人はピッチャーの投法について色々研究しているみたいなんだけど、自分自身に経験がないから説得力がない。
つまり、名乗れば誰でもコンサルタントにはなれるけど、誰もが信頼できるコンサルタントになれるわけではないということ。

「東大目指してる子に勉強教えられるのは東大出身者だけか?」とリプライがある。

代ゼミの東大英語を担当していた西きょうじ先生は京都大学文学部卒だ。
東大卒ではない。

でも、彼が東大英語を教えられるのは、東大英語を楽々解ける能力と、指導実績があるからだ。
つまり、大事なのは能力と実績があることなんだ。

どうでもいいけど、婚活頑張ってくれよな。
俺からは以上だ。