俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

オナニーを禁止して人生が前向きになった話


スポンサーリンク


雨の日も
風の日も

病める時も
健やかなる時も

そして、

初めて彼女ができた日も
初体験の日も


一日も欠かさずにオナニーを続けてきた。
オナニーは僕の人生であった。

僕の人生はオナニーによって育まれ、オナニーと共に生きてきた。


しかし、である。

ふと立ち止まり、考えた。
僕の人生はむしろ、オナニーによって蝕まれていたのではないかと。


「継続は力なり」というが、オナニーほど何の力にもならない継続はない。
どちらかというと、力が抜ける行為だ。


僕はこれまで、人生で何か目標を達成したときは、長い時間をかけて、継続的に一つのことを続けてきた。
逆に言うと、オナニーをひたすら継続したことによって、マイナスの方向にものすごい力が積み重なり、恐ろしいほどの力が失われていたのではないだろうか?

恥ずかしながら、齢30を超えて初めて、今までオナニーに使った時間を考えてみた。

恐るべき時間である。

たとえば、大学受験なら1000時間~2000時間。
難関の資格試験でも3000時間。部活動でもいい。
何か難しいことを達成するためには1000時間以上の集中した必要で、1000時間以上継続的に行った努力は、自分の人生に明らかにポジティブな影響を与えてきた。

しかし、オナニーに関しては、間違いなく1000時間以上を費やしているのに、何一つ良いことがない。何も得られない。
むしろ気力を失い、時間を失い、虚無感に襲われるのがオナニーである。


そんなことをぼんやりと考えている中、ツイッターで


オナ禁


というワードを見かけるようになった。


「戦場のオナニスト」
http://ameblo.jp/fist-of-phoenix/entry-12232019267.html


これだ────。



オナ禁は、僕の人生を変えうるチャンスになるかもしれない。
そう直感した。


この記事は、直感を実行する過程を記した手記である。
他の人にとっては小さな小さな一歩かも知れない。
しかしこのオナ禁の道は、僕にとっては間違いなく大いなる一歩と呼べるものなのだ。



*2月20日(オナ禁1日目)

オナ禁を決意してから一週間が経った。
しかし哀しいかな。
決意は虚しく空振りし、僕はなかなか1日目を始められずに過ごした。


習慣の力は偉大である。


マウスをクリックしているつもりが乳首をクリックしていたり、
ボールペンを握るつもりがちんこを握っていたり、まるで見えない霊が僕を操っているかのようだった。


ここまで読んだ女性の読者は、「お前はアホか」と思っているだろう。
しかし僕は、僕をアホかと思っているお前にむしろ、アホかと言いたい。

女は男のチンコパワーをなめてはいけない。

透かした顔した隣のイケメンも、家ではチンコをしごいている。
チンコはなめてもいいが、チンコの力をナメてはいけないのである。


さて、オナ禁を決意してから2週間が経った2月20日。
僕は大きな一歩を踏み出した。
ついに、手帳に「1日目」を記すことができたのだ。

俵万智というおばちゃんは、鳥の唐揚げをいつもよりも「美味しい」と言われた日を持って、サラダ記念日と言った。

秀吉というおじさんは、初めてのオナ禁に成功したこの日をオナニ記念日と手帳に記した。



f:id:hideyoshi1537:20170308221840j:plain
(愛用しているほぼ日記手帳の写真)



*2月22日(オナ禁3日目)

オナ禁は、1日目~3日目が一つの山であるように思う。
タバコを吸ったことがないので喫煙者の気持ちはわからないが、普段やってることを「やめる」と、何かそわそわし始める。
この場合、ナニがそわそわしていると言ってもいい。

喫煙者がタバコを吸わないでいると落ち着かないように、ナニが手持ち無沙汰が気がする。

ちなみに手帳には、

「3日目ではあまり効果がわからない」

と書いてある。
オナ禁を我慢しつつも、この時点で効果はまだ感じられず、じれったい様子が書かれていた。



*2月24日(オナ禁5日目)


ちんこパワーの充実を感じ始めた。


「男の精子は3日で満タンになる」

というのが、世間の共通見解である。

僕は3日満タン説を頑なに信じていたのだけれど、たぶん嘘だ。

実際にオナ禁をしてみると、3日目では明らかにフルパワーからは程遠い。
重い道着を着て闘う悟空のような気分だ。


ここにコップがある。

f:id:hideyoshi1537:20170308230855j:plain

これはちんこパワーを貯蔵するコップである。
僕たちの心のなかに存在するコップだ

このコップは、ちんこパワーを放出すると空になるが、何もしないでいると、少しずつ力が溜まっていく。
5日目でだいたい通常状態。

f:id:hideyoshi1537:20170308230908j:plain

5日目までは、1日10%ずつ増えていく。

5日目以降は、5日で10%ずつメモリが増えていって、だいたい30日で満タン(100%)に回復するのではないかと考えている。


25日目は80%くらい。
f:id:hideyoshi1537:20170308230949j:plain


断定できないのは、未だ30日以降の世界を見たことがないからである。



*3/1(オナ禁10日目)

ちんこパワーを貯めることによって、様々なプラスの効果があることがわかった。


一つ目は、睡眠時間である。
最初は大きな変化がなかったが、10日目あたりから寝覚めが非常に良くなった。
オナ禁界の権威であるサウザー氏をはじめとした、様々なオナ禁界の先人たちが一様に、

睡眠の質の向上

をオナ禁の効果として挙げている。
僕だけの現象ではないようだ。


二つ目は、英会話。
これまでは何かをとりあえず始めても、途中でやめてしまうことが多かった。

特にオンライン英会話は何度挫折したかわからない。

ちょっとやってはみたものの、喋れなくて嫌になって中断してしまう。
というか、パソコンを開いたらXVIDEOSを見てしまい話にならない。

有限な意志の力をオナニーに使ってしまったせいで、ちんこパワー放出後は無の境地に入ってしまう。
やる気が無くなり、まぁいっかとその日を終える。
そして、まぁいっか、が3日続くと、やる気は完全になくなる。

僕たちは、何かを身につけたいと思ったら、一日も欠かさずに継続しなければならない。

一度やめてしまうと、習熟のサイクルが崩れてしまう。
語学となると、継続期間は2年近くの継続が必要だろう。

継続する意志の力を吸い取ってしまう自家発電行為をやめることで、大切なことに力を集中できるようになった。


三つ目は、再び通い始めたジムだが、これも英語と同じである。
英語とかジムとかダイエットみたいな、継続が必要なものに取り組む時は、継続を妨げるものを排除することが大切なのだ。


*3/7(オナ禁16日目)

睡眠が顕著に短くなった。
10日目よりもさらに睡眠の質は向上したようだ。

オナ禁10日目~14日目あたりから、明らかに目覚めが良くなっている。

今までは8時間近く惰眠を貪っていたのが、6時間以下の睡眠でしっかりと目が覚める。
睡眠時間の長さに悩んでいた自分としては、これは大きな変化であった。


そして今、かつてないほどのちんこパワーの充実を感じる。
僕はちんこが立たないことに関しては右に出るがいないと自負していたけれど、もしかしたら、今ならちんこが立つかもしれない。
それはそれで、アイデンティティを失うことになるのだが。

それにしても、切れ味の鋭い日本刀を手に入れたのに、試し切りする相手がいないのが残念だ。




そして現在───。

17日目。
僕のオナ禁は新たな境地に到達した。
僕の股間の日本刀の切れ味は日に日に鋭さを増していき、触れたもの全てを傷つける勢いである。
繰り返しになるが、試し切りする相手が全く見当たらないのが残念でならない。
本当に残念だ。


最後に少しだけ真面目な話をすると、オナニーというか、セックスも含めて性的なものから距離を置くことで生まれたのは、時間的な余裕と精神的な余裕である。

セックスは睡眠欲、食欲と並んで「三大欲求」のように言われることがあるが、別に性欲は満たさなくても死ぬことはない。
それなら、性欲に向かっていたエネルギーをもっと将来のために役に立つ何かに傾け、自分の人生を向上させていきたい。

もしかしたら、この前向きな気分もオナ禁の効果なのかもしれない。
たかがオナ禁で大袈裟かもしれないが、オナ禁にはそれくらいの大きな可能性があるように感じた。