俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

ブログを資産化するなら「無料ブログ」がいいか、あるいは「独自ドメイン+レンタルサーバ+WordPress」がいいか論争について考えてみた。

このブログが非表示になったとき、その絶望的な気持ちをツイートしました。


すると、このツイートを見た方が

「だから無料ブログはダメなんだ。ブログを資産化したいなら、WordPress+独自ドメイン+レンタルサーバ一択」

という意見を引用ツイートしていました。


僕自身、長い時間ウェブと触れ合ってきた中で、独自ドメイン+WordPressでのブログ構築、はてな、はてなで独自ドメイン運用、Livedoor、FC2、Amebaブログなど、色んなブログサービスを試してきました。

そんな今までの経験を踏まえて、レンタルサーバで独自運営、あるいは無料ブログ利用の良いところ、悪いところを考えてみます。

これからブログ運営を考えている方にとって、何か参考になれば嬉しいです。


*無料ブログの悪いところ

まず、「ブログを資産化する」というのは、ブログをビジネス目的で使うということでしょう。
アフィリエイトを紹介したり、サロン入会への導線にしたり、あるいは会社の宣伝サイトにするのかもしれません。

ガチのビジネス目的で使う場合は、レンタルサーバを借りて、WordPressで運用した方がよさそうです。

というのも、アフィリエイトに関する規約はブログサービスの運営会社によってまちまちですし、露骨なアフィリエイトをやってBANされたという例はたくさんあります。

はてな界隈で有名な例だと、「やぎろぐ」というブログが、運営によって非公開となったことがあります。
http://tsuchimi.net/yagilog-delete

真相は藪の中ですが、「出会いのアフィリの記事を書き、サロンを運営していた」ことが原因のようです。

その他にも、記事内に不適切とされているJavaScriptを書いて、非公開措置を受けた例もありました。
http://moneyreport.hatenablog.com/entry/blog_not_found


無料ブログで記事を書く限り、運営規約は守らなければならないし、規約を違反した場合はBANされる可能性もあります。

そして、無料ブログは「普通にブログを書く」分には特に不自由ないのですが、お金儲けを目的とした場合は途端に不自由になります。

特に、エロ系アフィリエイトとか怪しげな高額アフィリエイトを貼りたい場合は、無料ブログだとBANされる可能性が高いと思います。


もう一つ考えなければならないのは、ブログサービスが停止されてしまうリスクです。
その場合は、ブログごと消滅する可能性もあります。

大手ブログの場合は、運営元が苦しくなっても別会社によってサービス継続となる可能性が高いとは思いますが、サービスごと突然死する可能性もあるということです。


ちなみに、僕が使ってみたブログサービスの表現の自由度に関する印象はこんな感じです。

<自由度高>
FC2・・・無法地帯。なんでもOK。ただし、エロの印象強い
はてな・・・露骨なアフィリエイトやSEO狙い以外は大丈夫
Livedoor・・・まとめサイトの印象強い。
Ameba・・・めちゃくちゃ厳しい。すぐ記事が見れなくなる
<自由度低>



*WordPressでブログを構築するのに代行業者を利用する必要はない


「無料ブログはダメ。WordPress+独自ドメインでやるべき」

と書いていた方が、

「構築が面倒な人のためにWordPress代行業者を紹介するよ」

みたいなツイートをしていました。



結論から言うと、WordPressでブログを構築するのに代行業者は必要ありません。

その人は

「無料ブログを利用するのは他人の土地に家を建てるようなものだから、一寸先は闇」

と書いていましたが、

代行業者にWordPressサイトを立ち上げてもらうのは、

「自分の土地に他人が家を建てて、しかも家の鍵は他人が持っていて、家の中身はまるでわからない」

というようなものです。


ブログを立ち上げるのは本当に簡単で、本一冊読めば誰でもできます。
本を読まなくても検索すればいくらでも情報が出てきます。


面倒なのは、その後のメンテナンスなんです。


僕が代行業者だったら、ブログを立ち上げた後に、

「セキュリティに問題が発生しました。問題を修正するには5,000円かかります。今は非常に危険な状態です。どうしますか?」

みたいにメール送りますよ。
要は、知識が全くないと好き放題ぼったくられるわけです。

地震が起きても避難先がわからず、ガス漏れしてもガスの止め方がわからない家に住むようなものです。


ブログが資産として大きくなればなるほど、メンテナンスも慎重に行うようになります。

何か問題が発生しているらしいけど、中身が全然わからない。
育ってきたブログを触るのは怖い!どうしよう!やっぱり代行業者に頼もう!

メンテナンス料金は20,000円になります~

と言われ、半永久的にぼったくられます。
不勉強の対価を支払い続けることになるのです。


面倒でも最初は自分で手を動かして、仕組みを学びましょう。

WordPressでブログを運用していると、なんだかんだでHTMLやCSSをいじったり、PHPのソースを変更しなければいけないことがあります。
自由度が高いということは、それだけ選択肢が多いということです。

正しい選択をして、正しいカスタマイズを行うためには、正しい知識が必要です。

自分でブログを運用するとなると、バックアップも自分で行わなければいけません。
サーバが止まることもあるでしょう。
アクセスが集中して「503 Service Temporarily Unavailable」なんて画面が出てくることもあるかもしれません。

そんなときに、すぐに対処できるのは自分だけです。
代行業者だって暇じゃないので、自分だけのためにすぐには動いてくれません。

だから、仕組みを理解する必要があるんです。

仕組みを理解していれば、何かあったときも、

なぜ問題が起きたのか?
何が問題なのか?

を考えることができます。

最初は難しいかもしれませんが、Webの世界はTwitterよりもずっと優しいので、無料で有用な情報がたくさん落ちています。
全く知見がなくて、検索キーワードを判断するのが難しい人は、本屋に行ってみてください。
WordPressコーナーにたくさんの本が並んでいます。
そこで一番簡単そうな本を選んでみてください。

本のとおりに手を動かせば、ブログサービスを立ち上げることができます。

これはとても大事なことなのですが、
ブログを資産化するより、知識を資産としてストックする方が圧倒的に結果が出るのが早いし、レバレッジが効きます。

自分で手を動かして得た経験は、自分の一生の資産になります。

「WordPress構築代行でお金を取っている人がいる」

ということは、裏を返せば、その知識にはお金をもらえるだけの価値があるということです。

お金を払って面倒なことを丸投げするのもアリだ思いますが、自分の家の中身は自分で理解しておいた方が、後々助かることが多いと思います。

自分でブログを立ち上げるということは、「一寸先の闇」に自分で対処しなければいけないということです。



余談ですが、ネットで「WordPress 構築 レンタルサーバ」などで検索すると、エックスサーバーが推奨されることがとても多いです。
エックスサーバーが推奨されるのは、それ自体の性能が良いということもあるとは思いますが、

「A8」

というアフィリエイトサービスのリンクを通じてエックスサーバーの利用につなげた場合、

1件成約するごとに3,000円近くアフィリエイト報酬が入る

という面もあります。

記事を書いている人が、どういうモチベーションで情報発信しているのかを考えるようにしましょう。

さらに余談ですが、「WordPressでブログ構築代行」こそ、良い副業になるのではないかと思ってます。作って渡すだけなら3時間もかからずにできると思うので。



*無料ブログの良いところ

では次に、無料ブログの良いところを紹介します。
ここまでで5000字です。長くてごめんなさい!

できるだけ手短にいきます。

無料ブログの良いところは、

  • 大量アクセスをさばきやすいところ
  • 運用の手間が省けるところ
  • ブログへの導線が確保されているところ
  • 面倒なセキュティ問題などについて、運営が対処してくれるところ
  • ブログサービス内でコミュニケーションが取れるところ
  • 元々ブログサービスが持っているドメインに乗っかることができるため、構築初期からGoogleから評価されやすい

などです。

ツイッターでバズったり、はてブでホットエントリに入ったりすると、同時アクセス数が500以上になることもあります。
もっと大きいのは、テレビニュースで話題になった内容で、たまたま検索順位が1位だったときです。

同時アクセス数が1000を超えることもあります。

このように突然アクセスが増えたとき、サーバーの選び方を間違えると、ブログ自体が見れなくなってしまうことがあります。

なぜでしょうか。
レンタルサーバーは、一つのサーバーを複数のユーザーでシェアしながら使う仕組みになっています。
だから安く借りることができるわけですね。

で、複数のユーザーで一つのサーバを使うということは、サーバーのポテンシャルを各ユーザー同士で取り合うということです。
一人のユーザーのサイトが飛び抜けて通信量が多くなってしまうと、サーバーの負荷はそのユーザーに引きずられてしまいます。

なのでサーバー会社は、「同時接続数の制限」を行うことで、大量のアクセスを意図的に遮断するようにしているというわけです。


「503 Service Temporarily Unavailable」

という表示を見たことがある人もいると思いますが、これはサーバーが「これ以上無理!」と悲鳴を上げている状態ということです。

で、はてなもLivedoorもそうですけど、滅多なことではサーバは落ちません。
負荷分散の仕組みを構築し、何か問題があったときはすぐに復旧できるように、専門知識のある運用担当者がサービスを守っているからです。

まともな運用会社であれば、ブログデータのバックアップもしっかり行われているはずなので、BANされない限りはデータ消失のリスクも少ないと思います。

つまり、「運用をブログ運営会社に丸投げできる」という点は、無料ブログサービスの良いところです。
普段仕事をしている人が突然のトラブルに迅速に対応するのは難しいので、運用を丸投げできるのはとても助かります。


また、サービス内でアクセス流入経路ができている場合、アクセス増の好循環に乗っかることができます。


はてなの場合はこんな感じで、好循環が回る印象があります。


ブログがはてブでヒットする

はてなの読者が増える

読者が増えるとホットエントリに入りやすくなる

SmartNewsやTwitterにも記事が広がって、ファンが増えやすくなる

たくさんのサイトからリンクを張られるようになって、Googleの評価が上がる

ブログを見に来る人がさらに増える

みたいな。

無料サービス内ではユーザー同士の交流があるのも特徴で、特にAmebaなんかはブロガー同士の交流が密な印象があります。
昔のmixiみたいな感じ。

ツイッターなどで既に導線ができている人はいいと思いますが、全くの無名の人はブログサービスの導線に乗っかるというのも一つの手だと思います。
独自ドメインを設定しておけば、無料ブログからWordPressに移行するときも、ある程度はドメインパワーを引き継ぐことができます。



*独自ドメイン+WordPress+レンタルサーバの良いところ

ここまででほとんど書いてきましたが、「独自ドメイン+WordPress+レンタルサーバ」の良いところは、ブログが完全に自分の資産になるところです。
ウェブサイトは時間が経てば経つほど、価値が高まる傾向があります。

サイトの信頼が積み重なっていくからです。

独自運用をすると、自分が高めたサイトの信用は全て自分のものになり、運営会社に左右されることがありません。
アフィリエイトサイトにしようと、コーポレートサイトにしようと、誰にも何も言われません。
ブログデザインも無数にあるテンプレートから自由に選ぶことができます。

そのあたりの自由度は、独自運用の魅力です。



*独自ドメイン+WordPress+レンタルサーバの悪いところ

独自運用は自由である一方で、自分が全ての責任を負わなければなりません。

サーバーが止まったら原因を究明してサイトを救わなければいけないし、セキュリティ問題が発生したら、自分でセキュリティパッチを当てる必要があります。
サイトの規模に合わせて、サーバースペックを調整し、アクセスがないときもサーバーのレンタル料金を払わなければいけません。

また、流入経路も自分で確保する必要があります。
SEOを意識して、Googleの評価を高めるためにサイト内の構造を自分で調整しなければいけません。

つまり、専門知識があって、何かあったときにトラブル対応できるだけの余裕があって、構築するサイトに明確な目的がある人は、独自で運用する方がいいと思います。


ちなみに僕ははてなブログが好きだし、はてなで読者が増えたら嬉しいし、真っ当に記事を書いていれば突然のBANはされないだろう...と今でも信じているので、これからもはてなブログを使い続けたいと思っています。



<参考文献>
レンタルサーバで「503 Service Temporarily Unavailable」が出てくる理由の説明は、「沈黙のWebマーケティング episode08」を参考にしました。