俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

浪人生を支えてくれる彼女は神である。

眞子様の婚約がツイッターを騒がせる中、お相手の小室さんが司法浪人中であるというツイートを見かけた。




一次情報に当たっていないので情報の真偽についてはなんとも言えないが、

「司法浪人中の彼を支える女」

という話に心を打たれた。
浪人時代を思い出したからだ。


───18歳、春。
掲示板に僕の受験番号は無く、目の前には絶望しかなかった。

浪人生活が始まった。

高校2年の冬から付き合っていた彼女は現役で大学に合格し、華の大学生活を楽しんでいた。
やれサークルの勧誘がすごいだの、やれオシャレなカフェを見つけただの、同じ4月なのに、彼女だけ別の世界に行ってしまったように感じた。

僕は自らを鼓舞する意味を込めて

流浪人(るろうにん) 剣心

と名乗り、剣ではなくペンを握り、時に自分のナニを握ったりもしながら、日々受験勉強に励んでいた。


浪人。


あの時ほど、自分が何者でもなかった時期はない。

高校生でもない。
大学生でもない。
社会人でもない。

浪人である。

「組織に所属していない」

ということが、これほどまで自尊心を揺らがせるものだとは思わなかった。
浪人という立場で大きな顔をするにはあの頃の僕は若すぎたし、何者でもない僕を支えるには、彼女は肩書きを重視しすぎていた。


バファリンの半分は優しさでできているが、男の魅力の半分は自信でできている。
浪人時代の僕は、欠片も自信がなかった。

模試の成績に一喜一憂し、周りの目線が気になる。

DUO3.0を開きながら電車に乗る自分の姿は、ほんの一年前、バスケットシューズを背負いながら通学した自分とはまるで別人のような気がした。


浪人して2ヶ月後。6月。
彼女に新しい彼氏ができた。


「サークルの先輩と付き合うことにした」


という言葉を聞いたとき、灰色だった浪人の世界が真っ暗になった気がした。

それから数日は勉強に集中することができず、股間の逆刃刀を握り続けた。

「それでよかったんだよ」

浪人仲間が励ましてくれた。
その頃から既に髪が薄かった彼のハゲましは心強かった。

「やるしかないよ。俺たちには勉強しかないんだ」

彼は言った。
僕は気力を取り戻し、再び机に向かい始めた。

「いつか見返してやろう」

そんなことを思いながら、DUO3.0を眺めた。

"Jennifer left me for another guy."
「ジェニファーが俺をふって他の男のところにいったよ」

"Oh, you must be upset."
「えっ、それは辛いわね」

"Not really. I'm used to it."
「そうでもないよ。慣れてるよ」


DUOの例文が身に沁みた。

"Even though she is seeing someone else, I won't give her up."
「実際、彼女は誰かと付き合っているけれども、僕は彼女をあきらめない」

DUOを読んで、闘志を燃やした。


浪人生を支えてくれる彼女は神である。
辛い時期を共にしてくれた人は人生の宝だ。

これからだって。
将来もしかしたら、仕事をクビになることがあるかもしれない。
将来もしかしたら、交通事故にあってしまうかもしれない。

今持っているものが突然なくなって、何者でもない自分になったとき、それでもそばにいてくれるような人。
そういう人と一緒にいれたら幸せだと思う。