俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

僕はtinderで優勝できなかった。





1億2千万年ぶりにtinderをインストールしてみた。
前に使ったときは、20人くらいめくったところで会社の後輩が出てきて即時アンインストールした。

今では暇な女子大生なるtinder使いが現れ、「優勝」がツイッター内で流行語になり、もはやtinderは市民権を得たとも言える。

友人女子数人にtinderを見せてもらったことがある。
マッチしていた男は明らかに、以下のような特徴を有していた。

・自信満々のプロフィール写真
・Goldman Sachsみたいな、横文字のカッコいい勤務先
・The University of Tokyo みたいな学歴

マッチする男はだいたいハイスペック男だった。
女子からするとめちゃくちゃ美味しい物件だろう。

tinderで出会った男が優勝狙いのいけ好かない奴であっても、そこからコネクションを作り、周りのいい男を芋づる式に釣り上げることができるのだから。

逆に、何も持たない男からすると地獄である。
めくれどめくれどマッチしない。

親指が釣りそうになるくらいめくっても全くマッチしない。

イケメン、ハイスペック男からするとこんなに居心地の良いアプリはないだろう。

このツイートを見てほしい。
ツイッター界屈指のイケメンである佐野恭平さんのtinderである。


なんでこんなにマッチするの!?


人間は生まれながらに平等ではないことを知った。
天は人の下にも人の上にも人を作っているのだ。少なくとも、モテに関しては。


さて、持たざる者として、下を向いて何も行動しないのでは名が廃る。
僕はtinderをハックする方法を考えていた。


持たざる者がマッチするには、とにかく数を撃つしかない。
めくってめくってめくりまくるのだ。

とはいえ、tinderのLIKE数には限りがある。
一日120人くらいしかLIKEできない仕様になっているようだ。

まず、このLIKE上限を取り払う必要がある。
そのためには課金である。

以前、ソーシャルゲームにハマりまくっていた人が名言を吐いていた。

「俺は課金してアイテムを買っているんじゃない。

時間を買っているんだ

それと同じで、LIKE数を稼ぐために、課金する。

2,200円課金をすると、tinderのLIKE数の制限はなくなるので、迷わず課金した。

ここまで開始から2時間。


次にやるべきことは、スワイプの自動化である。

マッチしないスワイプをいちいち人間の手でやるわけにはいかない。
我々にとって最も重要な資源は、金ではなく時間だ。

LIKE数が無制限になったのであれば、次にやるべきなのは自動でカードをめくり続け、とにかく全員をLIKEしておくことなのだ。

僕は歩きながらどうやって自動化しようかと色々思案していた。

iPhoneアプリを自動で操作してLIKEボタンを押しまくるのは、今の僕の技術力では難しい。
ブラウザ版のtinderがあれば、いくらでも自動で操作ができる、はずだ。

が、どうやらブラウザ版のtinderはないらしい。

残る手段はiPhoneをジェイルブレイクなるやり方でハックするか、tinderに送っているパケットを解析して、スワイプしてる風のパケットを送りつけるか、などと色々考えながら調べていたら、なんと世界の猛者は僕が考えもしない方法でスワイプを自動化していた。




Amazing!なんと、物理的な手段である。

僕はソフトウェア的にtinderをハックするのは諦め、物理的にハックする方法に乗り換えた。
ここまでで開始6時間。

家の自動ねじ回し機に割り箸を貼り付け、ぐるぐる回してみる。

回転が早すぎる!
そして残念なことに、割り箸でiPhoneの画面を触れても、何も反応しない。

タッチセンサーを反応させるには静電気的なものが必要なのだろうか?
割り箸に軍手をつけて見ても、うまくいかない。

軽く調べると、「静電気を帯電しているゴムチップを先につけたペン」みたいなものがあればいいようだ。
家にはない。詰んだ。

ここまで開始7時間。

僕は自動スワイプを諦めた。

その間、tinderのマッチは0件。
誰ともマッチしない。地獄である。

それから、本を読みながらtinderをスワイプするというライフハックを思いついたのでやってみたが、まったく本に集中できないのでやめた。

俺は一体何をやっているんだ。

tinder開始後8時間。

僕はtinderアカウントを削除し、tinderのアプリも一緒に消した。
持たざる者にとって、tinderは不毛すぎる。
僕の頭のようだ。不毛地帯だ。

スワイプしてもスワイプしても全くマッチしない様子を見て、これはストリートナンパに似てるな、と思った。

声をかけても反応されないあの苦しみにそっくりだ。
だったらまだ、ストリートナンパの方が効率的だと思った。

それに、僕のような旧世代の人間は、未だにネットに自分の情報を置くことを躊躇してしまう。
tinderに自分の写真を置いておく、というのはなんだかんだリスクだと考えてしまうのだ。

そんなリスクを背負ってtinderをやるよりも、ストリートナンパに出かけた方がいい。
堂々を名前を名乗り、勤務先を書き、学歴を誇れる人にとっては、tinderほど美味しい場所はないだろう。

僕のように冴えない見た目で低学歴の持たざる者は、せめて僕が自動スワイプマシーンを開発するまでは、クラブにでも行ったほうがよっぽどいい。

ブラウザ版のtinderが出たら、みんなのために自動スワイプマシンを作ってみせるから、ちょっと待っててくれよな。