俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

かずのすけ先生の「美肌図鑑」読んで色々美容グッズ買ってみたから、失敗談も含めて個人的な感想を語ってみる。




時の流れは残酷だ。
昔は寝ているだけでほとんどの肌のトラブルが解決していたのに、今では放っておくと干からびて砂漠のようになってしまう。

肌年齢や髪質などは見た目のレベルに跳ねてくるため、そのレベルを少しでも上げるために様々なアイテムを試していた時期がある。
時の流れに逆らって自分の見た目のレベルを上げようとする努力は、下りのエスカレーターを逆走するようなもので、それなりの努力が必要であった。

夜遊びに人生のすべてを賭けていた時期は、とにかく色んなアイテムを試しまくっていた。

リファ、目元クリーム、炭酸パック、SK-II...

女子が持っているようなアイテムを買い漁り、肌への効果というより、お金を使うことで安心していたのかもしれない。

試行の過程での判断基準は、

・とにかく誰か有名そうな人が勧めていたものを片っ端から使ってみる

というもので、そこに科学的な根拠はなかった。

「とりあえずやってみる。ダメだったらやめる」

というノリで目についたものを買いまくり、当時遊んでいた女の子からは

「謎に女子力が高いおっさん、より一層キモい」

と恐れられていた。

キモくても構わない。
後悔しないために、俺は俺の全力を尽くしたいだけだ。


そう言い聞かせて買い漁った美容グッズのほとんどは、今では埃をかぶって眠っている。


* * *

「かずのすけ先生」と呼ばれる美容界のカリスマがいる。
美容グッズのブログを運営していて、本も出版している超人気ブロガーである。
顔もイケメン。

化学教師の資格を持ち、現在は化粧品開発のコンサル業や本の出版を本業としているらしい。

かずのすけ先生はネットでは誤りを指摘されていたり、主張の矛盾を突かれることもあるみたいだけど、僕のような知識ゼロの美容垢入門生にとってはたくさんの学びをくれる師匠である。

とりあえずかずのすけ師の本を読んで、自分なりに美容グッズを選んで買ってみた。
実際に使ってみて1週間が経ったので、実際の使用感を紹介したい。

加齢に悩むブラザーの救いになれば嬉しい。
なお、当方スペックは以下のとおりである。

年齢:おっさん
肌:カサカサしている
髪:薄れてきている(白髪も増えた)
美容垢レベル:入門生
抱負:「若いですね」って言われたい


ちなみに肌には「ターンオーバー」という一定周期で生まれ変わる仕組みがある。
僕もできることなら赤ちゃんから生まれ変わりたいが、肌は28日程度で生まれ変わるらしい。

本来であれば、美容グッズの感想はターンオーバーを待ってから書くのが望ましいとは思うが、僕はせっかちなのだ。
肌が生まれ変わるのを待っていたら、アイデアが死んでしまう。

というわけで、独断で約1週間体験した上での使用感を紹介していく。


では、ここからは説明がメインになるので、書きやすいですます調で。

洗顔料

まずは師匠の言葉を振り返りましょう。
かずのすけ師曰く

「ほとんどの肌トラブルは洗いすぎが元凶」

だそうで、
人間の肌には保湿成分である「天然保湿因子(NMF)」、バリア成分である「細胞間脂質」が存在し、その上を「皮脂」が覆って蒸発を防いでいます。

過剰に洗浄してしまうと、人間が持つ保湿因子などを洗い流してしまい、皮膚のバリアや保湿を司るシステムが正常に機能しなくなります。

なので、まず私達が気をつけるべきなのは、

・過剰な洗浄をやめること

です。
過剰洗浄をやめることが大前提。

その上で、「カルボン酸系」や「アミノ酸系」のような、洗浄力のマイルドな洗顔料で優しく洗うのが良いそうです。

カルボン酸系の洗浄成分の見分け方は、成分表示の上位に

・ラウレス(4/5/6)カルボン酸Na
・ラウレス(4/5/6)酢酸Na

が表示されていること。
ラウレス-4カルボン酸Naというのは、植物から抽出したアルコール+酢酸で作った成分です。

ラウレス-4とか5とか6のような数字が変わっていく場合がありますが、数字が大きいほど洗浄力が下がり、低刺激になります。


アミノ酸系洗浄成分の見分け方は、成分表示の上位に

・「ラウロイル〜」or「ココイル〜」 + メチルアラニンNa / グルタミン酸Na / アスパラギン酸Naのどれか

が表示されていること。

Google検索するとかずのすけ師のサイトが上位に出てくるのですが、それ以外では以下のサイトに成分について詳しく書いてありました。

ラウロイルグルタミン酸Naは、低刺激なアミノ酸系界面活性剤! | エイジングケアアカデミー


で、師匠の言葉を参考に購入したのがこれ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142113j:plain
ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか

成分はこんな感じ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142121j:plain
おうちdeエステ 洗顔ジェルの成分

631円で「ラウレス-4カルボン酸」が入っていて、なんとなくコスパが良さそうなので買いました。
ただし、その他の成分が問題ないかどうかは若干不安です。安いので。

で、使ってみた感想は、

泡が立たねえ

これに尽きます。
なんかうまく泡にならない。

幼い頃から洗顔の泡を愛してきた僕にとっては

泡が立たない

というのがけっこう致命的だったので、3日くらい使った後に別の洗顔料を買いました。
※追記)後日フォロワーの方に教えていただいたのですが、ビオレはそもそも泡を立てるようにできていないそうです。

これです。

f:id:hideyoshi1537:20171203142156j:plain
[cocoil]ココイルボディソープローズ 1000ml 500ml容器付き

成分はこんな感じ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142207j:plain
ココイルボディソープローズの成分

「ラウレスー5カルボン酸Na」が入ってます。

この「ココイル」はかずのすけブログでも紹介されているアイテムで、ボディソープにも洗顔にも使えるとのことで、とりあえず買ってみました。

手でこねくり回しても良い泡は立ちませんが、洗顔ネットを駆使すればなかなかのホイップができました。で、使ってみた感じもなかなか良い。

ボディーソープで顔を洗う

という違和感さえ気にしなければ、顔を洗った後にパサパサになることもなく、いい感じです。

ちなみにかずのすけ師は

「夜洗顔したら、朝はお湯だけで洗うべし」

と言っているので、洗いすぎ、使いすぎには注意しましょう。

化粧水

皮膚は表面から

表皮

真皮

皮下組織

のように、層が重なっている構造になっています。

花王のサイトがわかりやすいです。

花王株式会社 スキンケアナビ 肌の構造と働き 肌とはなにか


で、化粧水の成分が届くのは表皮の「角質層」までです。
なので、化粧水の成分で有効なのは角質層にあるセラミドや水分を補うものや、角質層の酸化を防ぐものです。

肌をパンパン叩くパッティングは肌に刺激を与える上に無意味なのでやめましょう。
どんなにパンパンパッティングしても、化粧水は角質層までしか浸透しないからです。

化粧水を選ぶ際の基本原則は以下の通り。

・セラミド入り保湿剤を一種類塗る。
・乾燥する人は適量のクリームを塗る
・角質層での酸化を防ぐ「抗酸化成分」が入ってるとなお良い

で、そんな原則を踏まえて最初に買ったのがこれ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142127j:plain
セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

成分はこんな感じ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142134j:plain
成分

「セラミドNP」とか「セラミド+数字(またはアルファベット)」で記載されているものはヒト型セラミドと呼ばれるもので、感想や保湿効果が優れています。

この「セザンヌ スキンコンディショナー高保湿」は700円で「セラミドAP」、「セラミドNP」、「セラミドEOP」が入っているという優れものです。
Amazonでの評価もなかなか良いけど、Hideyoshiは何ていうかな?


使ってみた感じ、ちょっと肌がパサパサする気がしました。
買った後に読み進めて発見したのですが、かずのすけ師曰く

「1000円未満の基礎化粧品が優秀なわけがない」

とのこと。セザンヌスキンコンディショナーは700円。

5,000円を超えると基礎化粧品の品質には大差がないけれど、500円と5,000円では圧倒的に5,000円の方が高品質だそうです。

というわけで、改めて書い直したのがこれ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142059j:plain
KISO ヒト型セラミド原液 10%配合 【ヒトミドエッセンスX 120ml】 保湿力アップ 肌荒れを防ぎキメを整えたい時に



2,000円。けっこう高い。

成分はこんな感じ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142107j:plain
ヒトミドエッセンスXの成分

で、成分的にはパーフェクトっぽいこいつを使ってみたんですが、正直...正直に言うと、イマイチでした。

僕は元々乾燥肌で、無印の保湿化粧水を塗りまくっていたから、こういう天然素材っぽいやつだと肌の保湿成分の供給が追いつかなかったのだと思います。

朝、この「ヒトミドエッセンスX」を付けて、その上にクリームを塗って仕事に行ったんですが、途中から肌が乾いて痛かったです。

粉を吹いたりはしていないのですが、ヒリヒリして、これはいかんと思い、いつもの無印良品に切り替えました。
※追記)使い続けていたら乾燥は改善されて、むしろ適度に皮脂が分泌されているようで、しっとりしていい感じです。


f:id:hideyoshi1537:20171203142226j:plain
愛用していた無印の化粧水たち

成分は細かく見てないのですが、個人的な使用感で言うと、無印のエイジングケアの方がしっとりして好きです。
もしかしたら僕の場合は、こういう化粧水に頼りすぎていて、肌が自力で保湿できないところまで来ているのかもしれません。

かずのすけ師は、化粧水は基本"500円玉"程度の大きさで十分で、足りなかったらクリームを塗るのがいい、と言っています。

僕は無印のエイジングケアの化粧水をドバドバに付けていて、むしろ付けすぎていて、肌の皮脂の分泌を妨げている可能性があります。

とはいえ、"500円玉”程度の化粧水で生活すると肌がヒリヒリして痛いので、どうしたものかと困っています。

徐々に量を減らしていくことから始めてみようかな。

ちなみにかずのすけ師を参考に買ったクリームはこちらです。

f:id:hideyoshi1537:20171203142142j:plain
フォードヘア化粧品 モチュレ アスタリノ 120g

成分はこんな感じ。

f:id:hideyoshi1537:20171203142148j:plain
モチュレ アスタリノの成分

モチュレアスタリノを選んだ理由は

「ビタミンC誘導体やヒアルロン酸をはじめとするモチュレの美容液成分をパワーアップ。
また、アスタキサンチンやピーカンナッツエキス、ビタミンP誘導体を配合。」

的な商品紹介を読み、かつ値段がPrime会員で安くなっていたからです。 2,178円。

使ってみた感じ、肌に馴染んでいい感じです。
馴染みすぎて効果があるのかないのかよくわかりませんが、違和感がないクリームというのは間違いなさそう。



あとは、化粧水を塗るときはコットンでやるよりも手がいいそうです。
理由は2つあります。

一つは、コットンに水分が吸収されてしまって、化粧水がもったいないこと。
もう一つは、肌には刺激を与えてはいけない原則で、コットンよりも手の方が肌に刺激が少ないからです。

だって、自分の手だもん。

老化対策

アンチエイジングには3つの王道があります。

・紫外線を防ぐために、日焼け止め、日傘、帽子を使う
・活性酸素を防ぐために「抗酸化成分」入りの化粧品を使う
・セラミド入りの化粧品などで乾燥ジワを改善する

以上の3つです。

そのうち、「抗酸化成分」によって肌の表面の酸化を抑えるために有効なのが「アスタキサンチン」という謎のサプリなので、とりあえずアマゾンで買ってみました。875円。

f:id:hideyoshi1537:20171203142046j:plain
DHC 20日アスタキサンチン 20粒(6.4g)

ざっと調べた感じだと、アスタキサンチンは

「β-カロテンの5倍、CoQ10の800倍、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍」

の抗酸化力を持っているようで、特に「一重項酸素」という活性酸素を無毒化するのに有効だと紹介されていました。
詳しい仕組みはリンク先に書いてあるので、気が向いたら見てみてください。

www.astaxanthin-lab.com

なぜ肌は黒くなるのか?

肌が白くなる原因は紫外線にあると思っていました。
片側だけ陽に当たっていたトラック運転手の肌が著しく老化したって話を聞いたことがある人もいるでしょう。

かずのすけ師曰く、肌が黒くなる原因は「メラニン」という色素で、肌は紫外線の刺激を受けたときだけではなく、

・手の摩擦による刺激
・化粧品の刺激

でもメラニンを作り出すそうです。
メラニンは紫外線や刺激から皮膚を守るためにあるからです。

普段から肌を触ってしまう癖がある人は、気をつけた方がいいですね。

肌が黒くなる仕組みは以下の通りです。

1.紫外線や摩擦などの刺激を受ける
2.肌の奥(基底層)にある「メラノサイト」がメラニンを生成する
3.角化細胞がメラニンを受け取って、皮膚表面に上がっていく
4.肌の上に出てきたメラニンは肌の生まれ変わる周期によって、垢と一緒に剥がれ落ちる

で、最後の「4.垢と一緒に剥がれ落ちる」がうまくいかないと、メラニン色素が皮膚から排出されずに皮膚に沈着し、シミ、くすみ、黒ずみになるというわけです。

美白を気にするなら化粧品に頼るより、紫外線や肌刺激のブロックが一番ということですね。
男ならひげ剃り回数を格段に減らせるヒゲ脱毛も美肌に有効なんじゃないかな、と思います。

96zumi-bye.net


長々と書いてきましたが、今まで常識と思っていたことが実は正しくなかったり、色々学ぶことが他にもたくさんあったので、続きはまたブログで紹介します。

オトナ女子のための美肌図鑑 (美人開花シリーズ)

オトナ女子のための美肌図鑑 (美人開花シリーズ)