俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

ネタを語る

通勤電車の何がストレスになるのかイラストにしてみた

通勤電車は辛い。本当に辛い。世の中の不幸のほとんどは通勤電車にあるんじゃないかと思えるくらい、通勤電車は辛い。満員だったらなおさらだ。 こんなに 「しんどいしんどい」 とブログでボヤいてしまう通勤電車とはいえ、人間は喉元過ぎれば熱さを忘れる生…

渋谷のクラブ「ATOM TOKYO(アトム トーキョー)」に突撃するもあえなく撃沈

渋谷に「鉄腕箱」と呼ばれるクラブがある。 「アトムトーキョー」である。 鉄腕の由来はもちろんこいつだ。 僕はずっと昔から 若くて可愛い女の子がたくさんいる と噂の鉄腕アトムが気になっていた。渋谷の美女は皆、このアトムに集まるものだと。 僕はもは…

男が一人でカラオケに行ったらどんな気持ちになるのか。

僕はずっと「ヒトカラ」というものに興味を持っていて、 いつか一人でカラオケに行きたい と心に誓いながらもなかなか行動に移せずにいました。 僕と同じように、 カラオケで好き放題歌いたいけど、一人でカラオケに入るのは恥ずかしい なんて考えている人も…

合コン相手を「会社の格」で評価する女友達と議論になった

3年くらい前の話かな。 そこそこ有名企業に勤めている彼氏がいない女友達と飲んでいたときに、彼女は合コン相手の男のことを 「あの人達は社格が低いからダメ」 とか言ってたんですよ。 社格? 社格ってなんだと思ったら、「会社の格」のことらしくて。 会…

合コンで出会った数人の印象で、会社全体を判断してはいけない。

私事で申し訳ないが、僕はJTという会社が嫌いである。 なぜ嫌いかというと、始まりは僕の新人時代に遡る。東京に来たばかりで右も左もわからないときに、JTに入った大学の先輩が合コンに呼んでくれた。 場所は六本木。 キラキラと輝くビル。甘い香りを残しな…

銀座コリドー街の300BAR(スリーハンドレッドバー)に一人で突撃してきた

出会いが溢れる大人のバー「333トリプルスリー」で美女に全く相手にされず、泣きながら店を飛び出した後に向かったのは悪名高きコリドー街であった。可愛い子が増えたと話題の銀座「333トリプルスリー」に一人で突撃してきた! コリドーが「大人の出会いの場…

出会いの聖地・銀座「333トリプルスリー」に一人で突撃してきた!

「一般人に広く知れ渡った出会いスポットは質が落ちる」 というのは、チャラ男界隈ではよく知られた鉄則である。 ブルーオーシャンは人知れず広がっているもので、テレビや雑誌で特集されて皆に知れ渡ってしまうと、その出会いスポットには可愛い子が寄り付…

メンズにおすすめの香水をたくさん教えてもらったので、早速探しに行ってみた

会社ですれ違ったときに良い香りがするおじさんがいて、こういうおじさんっていいなって思ったんです。僕もおじさんと呼ばれる歳になって、香りといえば加齢臭くらいしかしなくなって、これはまずいなと。 いい香りがするおじさんになりたい!と思って、自分…

アルファアカウントの知名度を街でアンケートを取って調べてみた

フォロワー数が10,000を超えると、ツイッター界隈では「アルファアカウント」と呼ばれる。 ベータもガンマもないのでアルファが何の意味を持つのかはわからないが、ツイッター界隈ではある程度の影響力を持つと見なされるようだ。僕はこの「アルファ」という…

SNS経由での出会いを侮ってはいけない。

「ネットを通じて人と出会う」と言うと、30歳以上の人間にとっては未だにいかがわしいイメージがあるだろう。2000年代の初めに「出会い系サイト」を通じて様々な事件が起こり、ネット全体が「怪しいもの」と認識されてしまったことが原因だ。当時はインター…

恵比寿で話題の出会いバー『パブリックスタンド(The Public Stand)』に一人で突撃して実地調査してきた。

「今とてもアツい出会いスポットがあるらしい」という噂が風に乗って流れてきた。その出会いスポットは六本木でも銀座でもなく、恵比寿にある。 横丁ではない。The Public Standである。The Public Standは2017年1月13日にオープンした。友人曰く、300barほ…

自分のことを「僕」と呼ぶ30代の男はぶっちゃけどうなの!?銀座で美女に声かけて聞き取り調査してみた。

むしゃくしゃする日曜の夕方だった。 約束していた予定はドタキャンされ、暇つぶしに行ったパチンコはボロクソに負けた。美容室に行ったら予想の斜め上を行く髪型にされた。 道路を歩いていたら後ろからクラクションを鳴らされ、車の中からオッサンが僕を睨…

銀座に相席カフェ「ロハス銀座」ができたらしいので一人で三度突撃するも三度とも敗れる。

出会いは偶然生まれるものではない。 自ら行動して創りだすものである。toyotomi hideyoshi 出会いの情報通を誇る私は、新たな出会いのチャンスを常に伺っている。 最近暇すぎてツイッターを徘徊していたところ、銀座に相席居酒屋ならぬ、相席カフェなるもの…

「タップル誕生」というアプリでプロフィール写真を東南アジアの謎のイケメンモデルに変えたらあまりにも「いいかも」されすぎて全俺が泣いた。

「タップル誕生」というアプリがある。 サイバーエージェントが作った出会い系アプリだ。 一見するとpairsやomiaiと似ているようにも見えるが、面倒くさいFacebook認証は必要ない。 しかもなぜか、アメーバアカウントで始められるというのがポイントだ(それ…

サボテンルーティーン、トゲがあるも刺さらず。

今日は長々書くネタもないので、ショートエッセイを。 サボテンルーティーン モテスパイラルの原理 女の二面性について 完ソロのすすめ ■サボテンルーティーン「ぼくは愛を証明しようと思う。」という小説で、主人公のわたなべ君が、 「僕のペットはサボテン…

ルーティーン「全部Googleのせいだ」

準々即アルゴリズムを開発して以来、無駄に高い店に行くことがなくなりました。 基本は高くても、1人3,000円程度の予算で、適当な店を予約します。 カフェとかで済ますときもあります。ただ、なんとなく、安っちょろい店に行くと、男として恥ずかしかったり…

【悲報】トリケラスクリプトを応用した「ムシケラスクリプト」を発動させるも、あっけなくLINEが死ぬ

トリケラスクリプトという一世を風靡した出会い系オープナーがあります。 たった4つのトークスクリプトを使うだけで、LINEのIDをゲットできてしまうというシロモノです。トリケラスクリプトについてはこちら。「トリケラスクリプト伝説の終わりの始まりだ」…

【検証】ミスドは女の子とのデートに使えるのか

たいして役に立たないトークスクリプトシリーズ始めます。とりあえずオープンしたけど、その先に全くつながらない。 そんな謎のトークスクリプトを、記憶のあるがままに記していきます。別にうまくいったわけじゃないので、なんの役にも立ちませんwダメな典…

伝わらない気持ち。

"Can I help you?"街を歩く外国人の女の子に声をかけた。 びっくりするくらいキレイな目をした子だった。 そして、抜群にスタイルがよかった。彼女は中国から来たようだが、流暢な英語で話してくれた。 中国語と、英語と、韓国語と、もう一カ国語を自在に操…

LINEで落とす!女の子に「デートのお誘いメール」するときのテクニック。

ゴッホさんとトリケラトプスさんが、金融日記・恋愛工学メルマガにLINEを使う際のガイドラインを投稿してくれました。この号のメルマガは非常に内容が濃く、素晴らしい回となっています。 最近は恋愛工学は藤沢さんの手を離れ、熟練プレイヤーとなった読者の…

「彼氏持ちの女の子」はなぜ浮気をするのか

久しぶりのLINEだった。何の気なしに送った「ザオラルメール」だった。ザオラルとは死人を復活させる呪文であり、死んだLINEを甦らせるのがザオラルメールだ。 「お疲れさま!久しぶり。春の香りがしてきたので、今度春っぽい店に飲みに行きませんか?」 こ…

平日の六本木V2に突入するも、女の子いなすぎてあえなく撤退戦

「平日のクラブっていうのは実はブルーオーシャンじゃないのか?」半兵衛は言った。「週末はサラリーマンが大挙して押し寄せる。しかし、休みの日はそうはいかないはずだ。 しかも、月曜・火曜はアパレルや美容師の可愛い子が来るかもしれない」半兵衛は意気…

「仕事何してるの?」と女の子に聞かれたときの答え方まとめ。あるいはクソテストの潰し方について。

※この記事は2015年に書かれたものですが、当時のニュアンスをかなり残しつつ、2017年10月に加筆・修正しました。今では消えてしまっているツイートも多いですが、あえてそのまま載せておきます。 合コン、バー、クラブ、婚活パーティー。 世の中には色んな出…

福岡のナンパスポット・親不孝で奇跡が起きた話

前日にクラブで惨敗したものの、気分は悪くなかった。18時。 俺は再び天神の街に立った。 残された時間は12時間だ。 福岡に何かしらの爪痕を残したいと思っていた。 立つ鳥跡を濁さずと言うが、俺は白いフンを残してやろうと思った。天神パルコ前から今日の…

福岡親不孝通りのクラブcat's(キャッツ)に一人で行って惨敗した話

清く正しく美しく、友達との飲み会が終わった後、俺は天神の街に立っていた。金曜日の22時。アベノミクスによる好景気の波は福岡の街にも来ているらしく、夜になっても街は明るく賑わっていた。友達は健全に家に帰り、俺は1人、天神を歩いた。1人だけのゲー…

誠実なだけじゃ何も生まれない

「すいません!」彼女は、驚いた顔をして振り返る。「あの、橋で見かけたときからすごく綺麗だなって思ってて。 今話さないと一生後悔すると思いました!」僕は息を吸う。 真剣味を見せるためだ。「だから・・・よかったら友だちになりませんか?」彼女は戸…

デートで相手との心と身体の距離を縮めるためのステップ。

昨日はいささかひどい目にあった。 某男のための薬品の副作用で動悸がひどく、頭の血管が膨張しているような感覚を覚えた。記事を読んでくれている読者がいたら、薬は半分以下に割って使うようにしてほしい。 1錠そのまま飲むのは、寿命を削っているような気…

彼女との距離を縮める方法。

男のための薬品の副作用で火照る顔を冷ましながら記事を書いている。 心なしか、頭が痛い。 何かを手に入れるには、何かを失わなければいけないのだろうか。血管が膨れ上がるような感覚を覚えている。 頭が膨張しているかのようだ。早く眠ってしまいたい。し…

「俺のこれまでの情熱的な関係はすべて、情熱的に始まったんだ」

俺は彼女の下に腕を滑り込ませ、肩の上に彼女の頭を乗せた。俺は「俺のこれまでの情熱的な関係はすべて、情熱的に始まったんだ」と声をかけた。これはミステリーのセリフだが、俺は本当に信じていた。続けて、「君は自分では欲しがってはいけないと思ってい…

初めてネットワークビジネスの女とデートした

銀座の「GENIUS(ジーニアス) TOKYO」でずいぶん前に番ゲした子から突然LINEがきた。 「ご飯食べに行こうよ」 いきなりの誘いに驚いたが、予定のない日だったし、そんなに高い店に行く感じでもなかったので、快諾した。連絡のやりとりのペースは遅く、本当に…