恋愛を語る

「久しぶり。元気にしてる?」の既読スルー率は異常。

正直に告白すると、「久しぶり!元気にしてる?」なんてLINEを送るとき、男としては別に元気にしてるかどうかなんて全然気にしてなくて、「ワンチャンいけないかなぁ」と願っているというのが本音なんだけど、このLINEの返信率がすこぶる悪いのである。 我々…

女子はなぜ、聞きもしないのに他人に恋愛のアドバイスを求めるのか。

暗い部屋で一人、うなだれている。 今日もまた、私の助言が聞き入れられることはなかった。 「女子から恋愛相談されて、一生懸命考えてアドバイスしたのに、本人はなぜか全く逆の行動を取る」 という現象は、長い人類の歴史の中で未だ解けない謎の一つとされ…

見た目を良くするための美容への自己投資は男の方が圧倒的にコスパがいい

キモくて金のないおっさんは献身的で介護もちゃんとして家事もこなす。 高収入の男性は家事も料理もしない。 でも結婚するとき女性は後者を選ぶというツイートが流れてきた(現在は元ツイートは削除されている) 日本人男性は家事、料理をしないから海外から…

僕はTinderで優勝できなかった

1億2千万年ぶりにTinderをインストールしてみた。前に使ったときは、20人くらいめくったところで会社の後輩が出てきて即時アンインストールした。会社の人々にTinderで悪さを企んでいるとバラされてしまうからだ。 今では暇な女子大生なるTinder使いが現れ、…

有名人が不倫をするのは危険すぎる

伊藤直也さんという有名エンジニアの男女の営みがネットで話題になっていた。当事者同士の問題なので詳細には触れないが、女性が「あらまし」をネットで暴露したのが発端のようだ。この記事で書きたいのは不倫の是非とか、伊藤直也さんの情事の真偽について…

【一人暮らし必見】モテる部屋の作り方

ツイッターで「モテ部屋」が話題になっていた。hitorigurashi-lab.com妄想ツイで有名なカツセさんがモテ部屋に住む友人、大平兼士さんの部屋に遊びに行くというもの。部屋には生活感がなく、廊下からトイレが丸見えで、ベランダにテーブルが置いてあるオシャ…

浪人生を支えてくれる彼女は神である。

眞子様の婚約がツイッターを騒がせる中、お相手の小室さんが司法浪人中であるというツイートを見かけた。 眞子様、司法試験浪人生と婚約って理解でオッケーなのかな。マジでええ人やんけ。資格浪人は私も経験してるから分かるけど、恋人の存在ってホント心の…

恋愛に関しては中途半端な善人であるよりも、むしろ清々しいクズの方がいい

30歳を節目に、山中達郎は過去と決別しようと考えた。 女にだらしなかった過去の自分を反省し、もう二度と軽率な行為はするまいと誓った。デート相手には誠意を持って接し、身体の関係を持ったからといって、疎遠にしない。 相手が求めない限りは誘うことも…

好きな人に対して男はどんな行動を取るのか

「男 好きな人 行動」なんて検索するときは、「好かれている気はするけど確信は持てない、勘違いだったら嫌だし...」なんていうかなり微妙なときだから、「毎日連絡がくる☆」なんていう誰だって分かるような事書いてんじゃねーぞブッ飛ばすぞ というツイート…

東京タラレバ娘7巻から得られる教訓は、優しくて誠実なだけの男は、結局浮気されて振られるということ。

「東京タラレバ娘」という漫画がある。 ドラマ化するほどのヒット作品で、知っている人も多いだろう。ざっくり言うと、アラサー婚活女が「あの時の彼がもう少しダサくなかったら...」 「あの時の彼とうまくいってれば...」などとタラレバ言いながら、うだう…

飲み会で奢るか、奢らないかは自分の価値観で決めろ

吉野さんは変わった人だった。 吉野さんは2つ上の部活の先輩で、同級生に友達がいなかったのか、いつも僕に構ってくれた。 飲みに行くたびに、「うぇーい」と声を上げて札束を出し、何杯でも酒を奢ってくれた。 その代わり、トイレから出られなくなるくらい…

本当に大切なものは、失って初めて気付くもの

先日書いた記事で、「彼氏を3人作れとは何事か」というお叱りをいただいた。たしかに彼氏を複数作れというのは言いすぎだったかもしれないが、本来伝えたかったことを書き忘れていた。それは、本当に大切なものは、失って初めて気付くものということ。 僕自…

「彼女にするかどうか」なんてセックスする前に8割決まってる

「3回デートするまでセックスしてはいけない」という話は、あらゆる女性向け恋愛本に書かれてあります。気高い女性であるために。あるいは理想の結婚のためには簡単に身体を許してはいけないと。先人たちは口を酸っぱくしてアドバイスします。 でもそういう…

こっぴどく振られた彼女に対する最強の復讐は、今を楽しく生きること。

2016年。はてな村で事件が起きた。 このブログの読者に「はてな村」という単語を知っている人は少ないだろう。ツイッターにキラキラクラスタやパパ活アカウント、医者クラスタがあるように、インターネットの片隅に「はてな」というサービスをこよなく愛する…

東大生が秒速で彼女を作る方法

大学デビューを果たしたい。恋愛を始めたい大学生のために、すぐに彼女を作る方法を解説しています。

男よ、非モテを恐れるな。非モテが人生で成功しやすい7つの理由

非モテこそが人生の成功の鍵だ!モテる男は時間がない。自分の仕事に集中できない。集中が散らされる現代は、非モテ力こそが求められている。

かつて「疑惑のデパート」と言われた俺が、絶対に浮気がバレない男になる方法と、絶対に浮気を見破る女になる方法を教える。

目覚めると、彼女が泣いていた。 私の携帯電話を握ったまま、身体を震わせていた。 「...見たのか」 目を真っ赤にした彼女が答える。 「...うん。...見た」 私は全てを悟り、目の前が暗くなっていくのを感じた。 「...ごめん」 気まずい沈黙の後、彼女は言っ…

女友達を作る最も良い方法は、共通の趣味を見つけること

大学の時の友達と宅飲みした。 男も女も入り混じって、昔の話をして飲み明かした夜は本当に楽しかった。涙が出るくらい笑って、しみじみと思ったものだ。「こんな風に大学を卒業してからも会えるような、そんな関係って本当に貴重だよな」って。社会人になる…

医者になればモテるのか

結論から言うと、ならない。 最近は食傷気味だが、ツイッターでは至る所で「医者彼♡」が自慢され、医者という職業がどれだけ素晴らしく高収入でモテるかが語られる。医者は医者でも、研修医、レジデント、スタッフみたいな階級があって、すごいのはスタッフ…

女の脳は本当にバケツのように不満をため込んでいくのだろうか?

恋愛の達人として名高いケーゴさんが「男はなぜ急にフラれるのか」という大変興味深いエントリを書いていた。男はなぜ急に女にフラれるのか? ~バケツとザル~人生は要約できないが、ブログ記事は要約可能だ。 ケーゴさんの切ない恋の物語を要約すると、以…

チャラ男を卒業したオジサン達の「遊び人 鉄の掟5ヶ条」

世の中にはけっこう「昔おれは遊んでたオジサン」がいるじゃないですか。 そんなオジサン達はよく昔を振り返って、「俺の若い頃は~」なんて話をしますよね。先日の話なんですけど、僕たちアラサー世代よりちょっとだけ人生の先輩であるアラフォー世代のオジ…

見た目が悪くても彼女はできる!ブサイクでも成功する彼女の作り方

自分の見た目に自信がない人もいるかもしれない。彼女はほしい。でも見た目に自信がない。 学校のすごく可愛い子には相手にされる気がしない。悔しい悔しい悔しい...!!!安心してくれ。ブサイクでも彼女はできる!絶対にだ!競争を避ければいいんだ。 同じ…

「もう合コンに行きたくない」あなたが出会いの場をうまく乗り切るコツ

合コンは気軽に難しい。 出会いツールとしてはコスパが悪いし、パーティ慣れしていない人にとっては苦痛な時間になるかもしれない。合コンに参加する理由は「出会いがほしい」「付き合いで参加する」「経験値を積むために参加する」など色々な理由があると思…

顔が可愛くないのに合コンでモテる女の子に共通する3つの特徴

「パーソナルスペース」という言葉を聞いたことがあるだろうか? パーソナルスペースとは、他人に近付かれると不快に感じるとされている距離(空間)のことである。1966年、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールはパーソナルスペースを4つのゾーンに分…

恋人ができない理由は「自信過剰」にある

中学のときから今でも付き合いがある友達に吉田(仮名)という男がいる。 彼はアラサーになるまで一切モテなかった。「なるまで」と言ったら語弊があるかもしれない。 アラサーになっても、全くモテなかった。数年前、彼は全く彼女ができずに本気で悩んでいた…

彼女に浮気がバレる悲劇を防ぐ方法

女の浮気はほとんどバレず、男の浮気はほとんどバレてしまう。 なぜか? 女が浮気を見抜きやすいのは生物的な資質によるものが大きい。男が狩りに出掛けている間、女は集落で共同生活を営んでいた。共同生活で大切なのは協調性である。相手の表情や言葉から…

恋愛工学を「気持ち悪い」と感じてしまう理由

コウノトリさんが面白い記事を書いていた。「恋愛工学徒やら子育てコスパ論者の何が気持ち悪いのか」についての僕なりの結論 http://takasuka-toki.hatenablog.com/entry/2015/09/15/194426恋愛工学やストナン男、マウンティング婚活女子を「消費者サイド」…

なぜ君に彼女ができないのか?その理由と対策をわかりやすく解説する!

いやぁ、この間の高松城の水攻めの話、興味深かったですな。 いい武将が見つかるといいですねぇ。今日はたしか、あの合戦を見て相談したいという男の人がいるとか。 あの...それは僕です。 おわっ、びっくりした! 隣にいたのかよ!存在感ねぇよ! お二人に恋…

女の子の「搾取スイッチ」と「キモいスイッチ」が入るきっかけとその対策について

A君の「あなたのことしか見えない」と、 B君の「あなたのことしか見えない」は違うんだよ あなたのことしか見えない となること自体がいけないんじゃなくて、その気持ちの伝え方とか距離の詰め方が問題なんだと思う— 原田 (@harada_dara) 以前、原田さんのツ…

ペアーズを2週間やってみた感想

ペアーズ、やってみました!6月の初旬に始めて、約2週間の話です。だって梅雨だし、会ってくれる女の子もいないし、 あわよくば何か美味しいことがあるかも と軽い気持ちで始めました。 たった2週間でしたが、色んなことがありました。色んな出会いがありま…