女遊びは将来につながるのか



風来坊さんからコメントいただきました。

ありがとうございます!

コメント嬉しいです。

こんにちは。ノブナガさん時代に数回コメントさせていただいた者です。

当時とは異なり、私も出会いのサイクルを回し、より成功率を高めるために、筋トレや読書をはじめ自己研鑽するようになりました。

今回コメントさせていただいたのは、ズバリヒデヨシさん自身はナンパを通して将来どうなりたいのかって事が知りたいからです。

私はナンパを通して最愛の人を見つけるって目標もありますが、最終的には相手の年齢は問わず、生涯かわいい女の子と仲良くしていたいって言うのが大きいです。

ブログの閲覧者を増やしたいとか、認められたいとか、色々あると思いますが、ヒデヨシさんはいかがでしょうか?ぜひ教えて欲しいです‼︎

ナンパをすると、異性に評価される機会が格段に増えるため、自己研鑚のきっかけになりますよね。

僕も前以上に筋トレするようになり、普段の仕事の勉強に加え、心理学や対人関係の勉強を始めとした、化粧品や美容グッズにも相当詳しくなりました。


ただ、風来坊さんがコメントにくれた「ナンパを通して将来どうなりたいか」という質問は答えるのが難しいものでした。

というのも、僕の中で

「ナンパは将来に向けて積み重なっていくものではない」

と思っているからです。

ナンパの目的


「何を目的として今、ナンパをしているのか」

に対しては、2つの答えがあります。


大きな目的は「100%の女の子を探すため」です。


何年か前の話ですが、本当にこれ以上ないって思える女の子と偶然出会えました。

昔から彼女ができてもフラフラと女遊びするような人間だったんですが、そのときは初めて、

「この子がいれば他に何もいらない」

と心の底から思えました。

あんな体験をもう一度してみたい。

会った瞬間に雷が落ちて、うまく付き合えたことが奇跡だって思えた。

その子のことを想うだけで辛いことも我慢できた。


これはナンパ用語でいう「オンリーワン中毒」であり、「非モテコミット」の状態なんですけど、本当に幸せでした。


客観的にみたら哀れでキモいかもしれない。

でも幸せって主観で感じるものだから、それでいいやって。


よく昔の偉い人が愛の大切さを説いていますが、非モテコミットしているときに感じたあの温かい幸福感は、たしかに自分を最も幸せな気持ちにさせてくれるものだったかもしれません。


でもそういう気持ちになれる人ってなかなか見つからないですよね。

何人身体を交わらせてもなんか違う。

もう一度あんな気持ちになれたらいいなーと思いながら、ナンパを続けていればいつかもう一度、と期待しています。


もうひとつの目的。

これは目的というほどではないですが、「ただの性欲の発散」です。

常に高尚な目的のもとでナンパをしているわけではなく、たとえば旅行に行ったときなんかは、「愛よりも即」みたいに考えていることがほとんどです。

友達とワイワイ楽しくナンパするときも、ゲーム的にナンパしています。


ただ、こういうナンパは後味が良くないのと、翌日「時間を無駄にした」ことを激しく後悔してしまうので、あまり頻繁にはやらないようにしています。


それで「ナンパを通じて将来どうなりたいか」という点ですが、将来的には「ナンパしない」ようになりたいです。

「最終的には相手の年齢は問わず、生涯かわいい女の子と仲良くしていたい」という風来坊さんのコメントはまさにその通りで、
自分も何歳になっても、相手が何歳でも、生涯かわいい女の子にモテたいと思っています。

でも、ストリートナンパやクラブナンパを中年になってからやる人生というのは、僕が考える「カッコいい大人像」とは若干ずれてしまいます。

ナンパは選手生命の短いスポーツのようなものです。

できれば将来は、かっこいいマンションでホームパーティを開く側に回ったりして、可愛い女の子が集まってくるような、そんな未来にしたいと妄想しています。

そのためには、ビジネスで成功することが必要条件なので、ビジネスの方にしっかりコミットして、一つ一つ目標をクリアしていきたいと考えています。


頑張ってうまくいって、ホームパーティできるような人間になれたら一緒に遊びたいですね。

ツイッターの人を家に呼べるような立場になりたいなぁ。

もし口先だけで終わって仕事がうまくいかなかったときは、そのときはおとなしく家庭を大切にして、たまに週末に街に出て発散するような生活をしようかと思っています。


ブログの閲覧数は増やしたいです。

しかしナンパ関係はマーケットが小さいので難しいですねぇ。

ナンパを検索する人や、ナンパ系のアカウントを作るのはごく一部の人ですから。


ブログを大きく育てたい場合は、もっとマーケット(その情報を必要とする人)について考えて、ブログの記事を構成しなければいけません。


ナンパを通じて誰かに認められたいという気持ちは全然ないです。

仮にナンパの達人になっても社会的に1ミリも評価されないので。


ナンパをしたことをブログに書いて、誰かの暇つぶしになればいいなとは思います。

ナンパを認められるというよりは、ブログの価値を認められるのは嬉しいです。

何かほんの少しでも有用な情報を届けることができればと思っています。

よろしくお願いします。