恋愛工学の開祖で年収2億の藤沢数希さん、うしじまいい肉さんと一人3万円の寿司屋でデートして、メルマガでボロクソに言われる



藤沢数希さんとうしじまいい肉さんのデートが話題になっていました。



何がなんだかわからない人のために簡単に説明すると、
「藤沢さん」とは、金融日記というブログを2005年から運営している方で、3年くらい前からブログのスピンオフのような形で始めた「恋愛工学」メルマガがヒット。

メルマガの読者は5,000人を超えると言われ、恋愛工学を題材とした小説はベストセラーに。
現在は外資系金融は退職したようですが、年収は2億もあるそうです。


「うしじまいい肉さん」は、元々はコスプレイヤーだった方で、今はセクシーな服を作ったり、メルマガを発行したりでマルチな活躍をされている方です。
ツイッターのフォロワーは10万人を越え、女性からカリスマ的な人気があるように見えます。。

芸名の由来は漫画「闇金ウシジマ君」だとか。


さて、そんなうしじまさんのブロマガ「うしじまいい肉にっこり人生相談」が話題になっていました。

URL→http://ch.nicovideo.jp/ushijimach/blomaga/ar873492


読者からの相談にうしじまさんが答える形式のメールマガジンです。

元々の人生相談の内容は、「金はあるけど女性と出会えない」という方からの相談だったんですが、話は大きく脱線し、うしじまさんが年収2億男である藤沢さんに食事に誘われた時の話に。



プライベートをメルマガでおおっぴらにすることの是非はさておき、アポに負けた男が女子会でどんな扱いをされるのかがよくわかる内容でした。


ウェブに公開されている情報はいいところで途切れていて、その先は有料となっているので、お金を払わないと続きが読めません。


僕は速攻で540円払って読んだわけですが、大変面白いメルマガでした。

課金してからの展開のほうが圧倒的に面白い。


「恋愛工学のカリスマ先生」から「地獄先生ぬ~べ~」のような展開になっていきます。

スリリングでした。



興味がある人にとっては、540円払ってでも読む価値はあると思います。

課金したら4通くらいメルマガが送られてきますが、他の記事も面白いです。


金融日記読者としては色んな意味で新鮮でした。

金融日記のメルマガを読んだ感じだと、藤沢さんが本当に女の子を口説いているのかわかりませんでした。

「ぼくは愛を証明しようと思う」の小説だって、出てくるルーティーンは「The Game」という本に書いてある内容とかぶっている部分も多く、メルマガのトークスクリプトも「ウケる技術」に書いてある内容だったこともあります。

もちろん、世の中に出ている理論をわかりやすく紹介してくれたことに藤沢数希さんの多大なる貢献があるので、否定できるものではありませんが、オリジナルの理論が少ないと、


もしかして藤沢数希さん、自分のトークに自信ないのかも...?


と感じる部分もありました。


そんな謎めいた存在だった藤沢数希さんが、うしじまいい肉を口説いている様子が、よく言えば赤裸々に、悪く言えばボロクソに書かれています。


......いや、「ボロクソ」というのは語弊があって、うしじまさんからすると、事実をありのままに書いているに過ぎないのかもしれない。

ボロクソに見えるということは、そのデートに限れば、藤沢数希さんが「敗れた」ということです(ナンパ界ではデートして何もできないことを「負け」といいます)

そして、男なら誰でもわかっていますが、百戦して百勝できる男などいません。

むしろ「うしじまいい肉」という強敵に怯むことなく立ち向かっていった藤沢数希さんは、男からはスタンディングオベーションで褒められるべきでしょう。


女性が話を盛ったりするのはよくあることなので、もしかしたら事実とはやや異なっているかもしれません。


女子会で語られるデート内容は、基本的に女子に都合の良いように加工されます。


真実は二人の間にしかないのです。

それでも、後日談で女子に噂をばら撒かれたら、それが「真実」になってしまう。

だから、チャラ男界では「身内を口説いてはいけない」と言われているのです。

事実ではなく、「話された内容が真実」なってしまうのだから。

だから、もし女遊びして評判を落としたくなかったら、ガッツリ口説き落として心を掴むか、悪口を言いふらされても影響の少ない人を口説くべきなのです。


その点で、藤沢数希さんは選択を誤ってしまった。

ツイッターのフォロワーを大量に抱える女性は核爆弾のようなものなのだから。


ネット経由で出会ってギラついた場合、そのときの様子が公開されてしまうことは十分にあり得ます。

特に藤沢数希さんのように読者にとってカリスマであり続けなければならない人にとっては、ブランドイメージを毀損してしまうリスクも高いと言えます。

個人的には、よくそこでリスクとったなー、トレーダーの血が騒いだのかな、と。




「手相占いルーティーン」から「マッサージルーティーン」を駆使し、銀座の寿司→帝国ホテルのBARという流れは教科書のようです。

よく言えば手堅く、悪く言えばマニュアル通りの戦略です。

基本に則っている人が最も強いとは思いますが。


この「マニュアル」については後述しますが、「サービスとしてのマニュアル」だったら何の問題も無いと思います。




ちなみに帝国ホテルは日比谷公園のすぐ近くにあり、銀座から歩いて行けます。


帝国ホテルのバーはここかな?

「オールドインペリアル バー」
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002169


バーからタクシーでタワーマンションへの流れを想定していたのだろうと思います。





「藤沢うしじま事件」は批判者も含め、恋愛工学関係者にとって衝撃的な事件でした。


「恋愛工学キモい!」と批判していた人からすると、

「恋愛工学は教祖までマニュアル人間でやっぱりキモい!やってることが性犯罪!オフパコ失敗して可哀想!」

と、内情を暴露してくれたうしじまさんにスタンディングオベーションするところだろうし、

恋愛工学が好きな人なら、

「所長はいつもどおりのプレイをしたに過ぎない。人気ツイッタラーにも臆さずセクトラした勇気を讃えたい」

と、こちらもまた拍手を送るところでしょう。


以下のように、様々な意見が入り乱れています。




個人的な感想は2つ。

藤沢数希の財力がすげえってこと。

もう一つは、「身内には手を出してはいけない」ってこと。

財力の話ですが、普通の人は3万円の寿司を目の前にして、「手を繋ぎ続ける」ってなかなかできないですよね。

もったいなくて、横にいる女の子とは全く考えられなくなります。

手相見てちょろっと手をつなぐくらいならできるかもしれないですが、一人3万円の寿司屋で隣の女にマッサージを始めるって、これは本当にすごいことですよ。

肝が座っている。

器が大きいとも言えます。




デートの内容についても色んな意見があります。

ツイッターなどで課金部分を読んだ人からは「ホラーだ!」「犯罪だ!」という話も出ていて、世論に迎合するようで非常にコメントしづらいのですが、昔の記事で書いたように、やっぱり個人的にはトリガー至上主義の考え方はあまり賛同できないなぁと思ってます(トリガー理論とは、女は身体の関係を持った相手を好きになるというやつです)


恋愛工学メルマガの読者としては、愚かで腰抜け発言なのかもしれませんが、理論を鵜呑みにせず、ダメそうなところはダメと健全な自己否定ができれば、恋愛工学は有用なツールになるんじゃないでしょうか。


普通に働いている社会人にとって、トリガー理論を盲目的に遂行することは、リスクが高いのではないかと思います。
うしじまいい肉さんがもし会社の同僚だったら?と考えると、事の重大さは想像することができるでしょう。

もちろん、恋愛工学では身近な相手に手を出すことは全く推奨されていないのですが、藤沢さんでさえこんな事態に陥るんだから、何が起こるかわかりません。

相手が求めてくるように、トークなどで誘導するのはアリと思いますが、とりあえず挿入することが大事だと考えてしまうと、発情させるためにクリタッチしよう、チンタッチさせよう、バタンチューしよう、と、相手が望まぬパワープレイに走ってしまう可能性があります。


これは決して、女の味方を気取って「女の子がかわいそう」とか言いたいんじゃなく、そんなリスク取ってまで身体の関係を持たなくてもいいんじゃねぇかな、という消極的な意図で言っています。

本音と建前ってわかりづらいから難しいですよね。




最後に、恋愛工学のマニュアル批判について。

思うに、ルーティーンだろうがマニュアルだろうが、それが「サービス」として提供されるなら、それでいいんじゃないかと思います。

相手を喜ばせる「サービスとしてのマニュアル」

TPO踏まえて、相手が望むものを、望むタイミングで提供するなら、それは「マニュアル」ではなく「引き出し」です。

ただ、服屋で「買わせよう」と接客してくる店員が鬱陶しいように、どんな優れた引き出しのアイテムも出し方を間違えたら独りよがりの押しつけになってしまう可能性をはらんでいる点は、注意が必要だと思います。


oreno-yuigon.hatenablog.com


「視る・聴く・話す」という基礎的なコミュニケーション能力と、「自分の行動が相手をどう動かすか」をシミュレーションする能力が、「内面的なモテ」を形成するパラメータだと考えます。


脳内シミュレータに突っ込む「引き出し」として、たくさんマニュアルを持っておくのは、むしろよいことなのではないでしょうか。


我ながら、恐ろしく無難で退屈な記事になってしまって申し訳ないのですが、つらつらと書いてしまったので、UPします。



【2015/9/23 追記】
恋愛工学が気持ち悪くて仕方ないと思っている貴女に捧げるべく、新たな記事を書きました!

「君たちにとって真の脅威は恋愛工学徒などではなく、君の横に座っているイケメンだということにそろそろ気付いた方がいい」
https://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2015/09/23/151054


ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)