俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

僕のファーストキスは王様ゲームでした。


雪が降っていた。


吐く息は真っ白で、ダッフルコートについた雪を払った。


隣で白い雪がよく似合う、天使みたいな子が笑っていた。

手のつなぎ方がわからず、戸惑う。


「嫌われたらどうしよう」なんて考えながら、恐る恐る左手を差し出し、彼女の様子を伺う。


彼女はフフフと笑いながらチラリとこっちを見て、うつむいた。


彼女の右手が僕の左手に触れる。

僕は勇気を出して、その手を握り返した。


人生で初めて彼女ができた中学二年生の冬。

14歳のことだった。


僕は左手で彼女の手を握り、そして右を向いて唾を吐いた。


僕は、ヤンキーであった。

正確に言うと、ヤンキーのパシリだった。


道に唾を吐くのが漢のファッションだと思っていた。


あ、あのよー


ペッ



カゲロウのユウヤさんがよー

※カゲロウは暴走族の名前


ペッ


緑中の中野ってヤツをボコッてよぅ


ペッ


マジつえーんだってばよ


ペッ



彼女は聞いているか聞いていないのか、返事はなかった。


二人が歩いた道を示すかのように吐き出されていた唾は、雪の中に消えた。


降り続く雪は、二人が残した足跡を消していった。



* * *



あの頃の僕は清く正しく童貞で、キスをしたら女の子は妊娠すると思っていた。


中学男子の本分は女子にモテることであり、それ以外に人生の目的などない。


僕はどうかというと、言い訳が許されるならば、他校の女子にはけっこうモテていたと思う。


現代の若者は知らないと思うが、家電(いえでん)と呼ばれる家の電話に、知らない番号からたまに電話がかかってきたのだ。


それも女の声で、だ。


なぜかナンバーディスプレイに番号が表示されていなかったけれど、あれは決してイタズラではないはずだ。


その証拠に、僕の名前を呼んでクスクスと笑っていたからだ。


僕は他校の女にモテていたのだ。



一方で、自分の学校ではまるでモテなかった。


喧嘩が弱かったからである。



中学のモテカーストは一番喧嘩の強い番長を頂点にピラミッドが作られており、

当時身長が153cmしかなく、体重も軽かった僕はヤンキー界では全く出世できなかった。


中学二年生の僕は、スクールバッグに「喧嘩上等」と書き殴り、

たまに高校生にイチャモンをつけられ、

番長のタバコを買いに走り、

新卒のサラリーマンのようなパシリっぷりだったが、幸せだった。



人生で初めて、彼女ができたからだ。



僕の初めての彼女は、ミクちゃん(実名)という。

中学生なのに巨乳で、しかも顔が可愛かった。


ある日の部活が終わった夕暮れ時に、


「ミクが話したいことがあるって」


ミクちゃんの取り巻きの女に声をかけられたとき、僕は世界がひっくり返るような気分になった。


もしかして、これは...「告白」ですか?


巷で話題の、初めて彼女ができるときに発生するイベントと話題の「告白」。


頭の中にGLAYの「とまどい」が流れ、僕はときめきメモリアルの攻略法を必死に思い出していた。


告白されたときは、どんな反応をしたらいいんだ───。



「好きな人がいるの」


夕日が差し込む教室で、ミクちゃんは言った。

窓から赤い光が射し込んでミクちゃんの横顔を照らす。


天使みたいだと思った。



僕は水色のジャージを着たまま、息を飲んだ。

心臓が止まりそうだ。


「ヒデヨシ君のことが...すごく気になるんだけど」


脳に血がのぼりすぎて、目の前が真っ暗になったことを今でも覚えている。

呼吸ができない。


苦しい...胸が...苦しい...!!


でも、こんな幸せは苦しさはない。

吐きそうだけど、幸せだ。


目の前が真っ暗になるのは、絶望したときだけではないのだ。


「...よかったら.....だけど......付き合ってほしいな」


希望の光が眩しすぎて、まっすぐ目を見ることができなかった。


「い、一日、考えさせて」


告白が夕方でよかった。

昼だったら、僕の顔が真っ赤になっていたことに気付かれていたかもしれない。


もったいぶって一日返事を待たせ、僕はまっすぐに家に帰り、手紙を書いた。


そこには4時間かけて書いた愛が綴られていた。

当時流行っていたGLAYの歌詞を織り交ぜながら。



絶え間なく注ぐ愛の名を


永遠と呼ぶことができたなら


言葉では伝える事がどうしてもできなかった


愛しさの意味を知りました


ミクを永遠に愛します。


However Love. Miku.



中学2年生のヤンキーだった僕は、HOWEVERとFOREVERの違いがよくわかっていなかったのだけれど、真心は伝わったはずだ。


しかしながら。


僕はそう信じていた。


絶え間なく愛を注ごうと心に誓った。


窓を開けて思い切り空気を吸い込む。


息が白く、鼻水が凍りそうなくらい寒い夜だったけど、心はずっと温かかった。


愛ってあったかいものなんだな、と思った。



* * *



初めてのデートはダブルデートだった。


その日のデートのために僕はプーマの赤いジャージを親に頼み込んで購入した。


ダボダボのプーマのジャージと黄色いスウェットは当時のヤンキー界の最先端のファッションだったのである。


ヤンキー界隈では「プーマジャージ」と呼ばれ、赤のジャージは「喧嘩上等」を意味していた。


僕はヤンキーワナビーのくせにタバコが吸えなかったので、寒い冬の白い吐息で「タバコの煙の輪っか」を作る練習をした。

どんなに輪っかを作ろうとしても、白くなった吐息はあっという間に天に上り、星の中に消えた。


同級生で一流のヤンキーであるアツシ君と、その彼女と、ミクちゃんでのダブルデート。


土曜日のことだった。


思い出すと、15年以上経った今でも胸が痛くなる。


僕はアツシ君にお願いをした。


「お、おれは...キ、キスを...してみたい」


既に童貞を卒業していたアツシ君は快諾してくれた。


「おれに任せろ」


4人の中学生が、日中親がいないアツシ君の家に集まり、みんなでお菓子を食べながら中身の無い話をした。


僕はキスのことで頭がいっぱいだった。


初めてのキス。

妊娠したらどうしよう。


俺がこいつを守る!絶対に守る!


と誓っていた。

今でも覚えているのだけれど、本気で恋をすると、


ミク以外の女が全てジャガイモに見えたのだ。

もう彼女以外目に入らない。

そんな気持ちだった。


ダブルデートのとき、僕はミクちゃんのの唇だけを見つめた。


今日が僕にとって、記念すべき日となるだろう。


冬の夜は早い。

周りが暗くなった16時頃、アツシ君が言った。


「王様ゲーム、してみない?」


僕は一瞬耳を疑い、そして心臓が止まりそうになった。


お、王様ゲーム...

あの...アイズでやってたアレか...


f:id:hideyoshi1537:20180429223929j:plain



王様ゲームは仕組まれたものだった。



アツシ君とアツシ彼女は二人仲良くイチャイチャとしながら、僕達をハメ撃ちにしてくれた。



ヒデヨシとー


ミクがー


キスー


そんな命令が下された瞬間、僕は王様に一生の忠誠を誓った。


なんて素晴らしいゲームなんだろう。


王様ゲームなんてハレンチなゲームを考案した奴は誰だ。


人類で一番最初に王様ゲームを発明した男に敬意を表したい。


緊張で腕が震えた。


薄暗い部屋で、何かを覚悟した顔でミクちゃんが目をつぶっている。



お母さん。


僕は。


今日。


初めてのキスをします。


今まで大切に育ててくれてありがとう。



僕は歯を当てないように細心の注意を払いながら、痛くないように、でもちゃんと唇が触れるように、

そっとそっと、口づけした。



この時のミクちゃんの言葉を僕は一生忘れることはないだろう。



意外と、うまいね♡



この時の僕は、この言葉の意味に気付かなかった。


ミクちゃんも初めてのキスだと思っていたから。


その後何を話したのかも、どうやって解散したのかも覚えていない。


僕が覚えているのは、その日の夜に一人で風呂に入り、キスの感触を思い出して、チンチンが勃ったということだけだ。


今では何をされても勃たないのに、あのときはキスを思い出しただけでチンチンが勃ち上がったのである。


これが若さによるものなのか、愛によるものなのか、今では知る由もない。


今の僕に残っているのは、勃たないチンポだけだ。



* * *


次の月曜日、有頂天で学校を歩いていた。

ヤンキーに冷やかされたり蹴飛ばされたり消しカスを投げられたりしたが、全く気にならなかった。



僕には彼女がいる。

思い出の中に、彼女の唇がある。



ただそれだけで、全てが明るく見えた気がした。


ミクちゃんにすれ違った。

僕は「彼氏」としての自信が出てきたので、自信満々に挨拶をした。


「お、おはよう」


ミクちゃんは顔を背けて、教室に入ってしまった。


「あれ?聞こえなかったのかな」


と僕は不思議に思っていた。

照れ隠しだったのかもしれない。


休み時間に手紙を書いた。

手紙は丁寧にハート型に折られ、プリント倶楽部のシールで封をした。



巡りあう恋心 どんな時も


自分らしく生きてゆくのに


あなたがそばにいてくれたら


AH 夢から覚めた


これからもあなたを愛してる


BELOVED. Miku.


僕はありったけの想いを込めて手紙を書いたが、返事は来なかった。

僕は本当は Be loved されてないんじゃないかと一瞬疑念を抱いたが、唇に残る感触を信じた。


この想いはきっと、報われるはずだ。


3日間、ミクちゃんの家に電話をしても、1回も出てもらえなかった。

非通知でかけると居留守を使われ、最後の方は電話線を抜かれた。


これは...どういうことだってばよ。


目の前が暗くなった。

真の絶望は濃い藍色をしていることを初めて知った。


真実を知ったのは、一週間後のことだった。



* * *



ヤンキーのたまり場は地元のスーパーだった。

僕はたまたま用事があってスーパーに行くと、見慣れた白いダッフルコートを見つけた。


ミクちゃんだ。


僕は心臓が止まりそうになったけれど、意を決して後をつけることにした。


アラサーになった今でもこの日のことを思い出して苦しくなるのは、

人間の記憶に奥深く刻まれたトラウマはその後の人生に大きな影響を及ぼすという証拠だろう。


過去の失恋のトラウマが自分の心に殻を作る。

もう傷つかないように、苦しくならないように、殻の中を守ろうとする。


僕が初めて付き合ったミクちゃんは、

初めてキスをしたミクちゃんは、



番長と手をつないで歩いていた。



幸せそうな顔で笑っていた。


僕が唾を吐いて歩いていたときとはまるで違う顔をしている。


僕は振り返り、雪が降る街を走り、家に帰った。


途中で3回滑って転んだけれど、全く痛くなかった。

心のほうが痛かった。



痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い


こうして僕の「はじめてのれんあい」は2週間で終わった。

心に消えない傷を残して。


彼女を手に入れ、失った冬。

その二ヶ月後、人生で初めて「おんなのこのおっぱい」を見ることになるのだが、その話はまた次回にしよう。


f:id:hideyoshi1537:20160320133710j:plain