俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

1000円カットは美容室の代わりにオシャレ目的で使えるか検証してみた



吾輩はハゲである。

ハゲはハゲでも、髪が無いわけではない。

ベジータのようにM字なのだ。


f:id:hideyoshi1537:20180913211418p:plain


おでこは広いが、髪の量は多い。

美容室でパーマをかけたときは、2週間で髪がモサモサになって、ワックスをつけてもうまく髪の毛がセットできなくなってしまう。

元々髪が多くて固いのだ。


それで、少し前までは髪が伸びてくるたびに美容室に行っていて、

頻度にして3週間に1回。

間隔を最大限空けたときでも月に一度のペースで美容室に通っていた。

パーマで1万円。

カットで6,000円もするのだ。

M字ハゲなのに、髪の維持費が馬鹿にならない。


それに美容室に行くと移動で1時間、髪を切って乾かしてもらうのに1時間以上と、けっこうな時間がかかるのである。

これも正直、しんどい。


お金と時間をなんとか節約できないものかと思い、試してみたのが


「近所の1000円カット」


であった。


みんなご存知、QBハウスである。

f:id:hideyoshi1537:20180913212200j:plain


QBハウスはシャンプーや整髪のような作業を大胆に省き、


・カットして、掃除機のようなクリーナーで切った髪を吸い取る


というシンプルな工程が特徴の「カットに特化した床屋」である。


店の外から見えるランプで待ち時間がわかるようになっていて、

待ち時間が少ないタイミングを狙って入店することができる。


カットの時間は約10分から15分。

さっと行って、さっと帰ることができるのだ。


正直、便利ではある。


が、オシャレに使えるのだろうか?

気にはなるけど二の足を踏んでしまっている人もいると思う。

失敗してひどい髪型になるんじゃないかって。


そんな人のために、僕がQBハウスを使ってみた感想と、

利用経験を元に推奨する活用方法を紹介したい。

メインは美容室、差しで1000円カットを使うべし

まず覚えておいてほしいのは、1,000円カットのメイン顧客は


「オシャレなんて気にしない。

『髪の量が増えたからとりあえず切っておくか』

程度の意識の、冴えないおじさん」


である。

これは養護するでも侮辱するでもなく、僕が見てきたありのままの真実だ。

1,000円カットで順番を待っている客を何度見ても、私を含めてほとんどがオジサンで、オシャレな人は見たことがない。


つまり、カットする側の人も


「オシャレカットには慣れていない」


可能性がある。

もちろん、短時間で大量の人をさばいているので、カット技術は十分にあるはずだ。


が、メインの顧客がそもそも「モテる」とか「かっこいい髪型」などに無関心の層なのだ。


カットする側も必然的に、顧客に合わせて「オジサンカット」が得意にならざるを得ない。


というわけで、

「女子にモテたい」

とか、

「ちゃんと髪型を考えて自信をつけたい」

という人が、1000円カットをメインに使うのは反対である。

髪型は見た目にものすごく大きな影響があるので、そこを手抜きするのは非常にもったいない。


だが、僕が以前やっていたように、


「スキバサミで自分で髪をすく」


よりは、1000円カットの方がいい。


スキバサミとはこんな感じの刃がギザギザになっているハサミで、

こいつでザクザクとランダムに髪を切ると、ボリュームを抑えることができるのだ。

f:id:hideyoshi1537:20180913221131j:plain


たしかにスキバサミは安いし、自分で切る分には無料なんだけど、ツーブロックみたいな特殊な髪型の維持とか、

襟足の微妙な長さの調整を自分一人でやるのは難しい。

それに切った髪で排水口が詰まって面倒くさかったりもする。


なので、「俺流1000円カット有効活用法」は、


メインの髪型は美容室で作って、

その髪型のキープに1000円カットを使う


というものだ。

美容室と交互に使う感じ。


そして一番重要なのは、髪を切りに行ったときに「お任せ」にしないこと。

スマホの画像でもいいし、雑誌を持っていってもいいから、


(画像を見せて)こんな髪型にしてください」

とか

「髪型は変えずに、ボリュームを落とすだけにしてください」

とか、

「襟足は○センチだけ切るようにしてください」

とか、とにかく具体的に「イメージ」か「数字」で伝える必要がある。

これは美容室でも同じで、言葉だけで正確なイメージを共有するのは難しい。

望んでいる髪型があるのなら、臆することなく堂々と伝える必要がある。


美容師や理容師だって、情報をたくさんもらえた方が嬉しいはずだ。


というわけで、再度結論。


1000円カットは美容目的にはおすすめできない。

髪型を変えたいとき、オシャレをしたいときは信頼できる美容室へ行こう。

美容室で作った髪型が崩れてきたら、キープの目的で1000円カットを使うと便利。

そもそも髪の量が少ない人は1000円カットは挟まなくてもいいかも。


以上、皆さまの手間とコストを減らせますように。