読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

顔がたいして可愛くないのに合コンでやたらモテる女はパーソナルスペースの詰め方が圧倒的にうまい。


パーソナルスペースとは、他人に近付かれると不快に感じるとされている距離(空間)のことである。
1966年、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールはパーソナルスペースを4つのゾーンに分けた。

エドワード氏によると、パーソナルスペースは以下の4種類に分けられる。

  • 密接距離(0~45cm=キスできる距離)
  • 個体距離(45cm~120cm=レストランで向かい合わせになったくらいの距離)
  • 社会距離(1.2~3.5m=横並びの電車の向かい側の席くらいの距離)
  • 公共距離(3.5~7m=壇上で公演する孫正義と観客の距離)

この記事のキーワードは「モテたい女は空間を支配せよ」である。

大学のときから星の数ほど合コンをしてきて、ずっとずっと解けなかった謎があった。
顔はそんなに可愛くないのに、やたらめったらモテる女が世の中には一定数存在するということだ。

そして、そういう女はなんだかんだちゃっかりハイスペック男と結婚して、幸せな家庭を築いていたりする。


顔が可愛くて巨乳がモテるのは当たり前のことである。
強ければ勝つし、弱ければ負ける。
だがそんな理論はクソの役にも立たない。

美人/イケメンは世の中の上位10%しかいないわけで、残りは普通かブスだ。
おいそれと整形するわけにもいくまい。

歳を重ねるにつれ女の好みは多様化されるため、男は不細工でも救われる余地がある。
しかし、女は残酷である。

時の流れとともに若さは失われ、顔のレベルによって男の態度も露骨に変わる。
皆わかっているはずだ。

男は例外なく、可愛い女が好きだと。


しかし、である。たしかに可愛い女が圧倒的にモテるのだが、どうしても腑に落ちないのが「可愛くないのにめちゃくちゃモテる女」の存在である。

君たちの周りにもきっと一人はいるだろう。
同性に嫌われるけど常に彼氏を絶やすことのないアイツだよ。
天真爛漫でワガママなアイツだ。


顔は可愛くないのに、奴らはなぜモテるのか。


最近出会った美魔女の振る舞いを観察することによって、やっと謎が解けた。

彼女たちには共通する振る舞いがあったのだ。

彼女たちは皆、パーソナルスペースの使い方が圧倒的に上手なのである。
男心を巧みに操る魔女のように。


魔女になるためのポイントは3つある。

ひとつ目は普通の女子に比べ、妙に距離が近いことだ。
たとえば合コンやホームパーティで二人で話すとき、普通は個体距離(45cm~120cm)くらいの距離感で会話をする。

しかし、魔女は初対面から遠慮しない。
相手が「おっ!?ち、近い」と感じる密接距離(0~45cm)に踏み込んでくる。

そして、男の目をよく見て、よく笑う。
うんうん頷いて、男の話をよく聞く。
だから距離が近くても全然不快にならない。
どんどん居心地が良くなって、親密な気分になってくる。

でもな、あいつら、そうすればモテるってことをわかってやってるんだぞ。 


ふたつ目は、ボディタッチが巧みなことだ。
魔女はとにかくボディタッチが多い、が、全然やらしくない。

とてもとても自然なのである。

「あはは!やーだー!」

なんて左手で口を押さえながら、右手で男の肩に触れるみたいに、すごく自然にボディタッチをしてくる。
これは男心をモノにしたい女が目を逸らしてはいけない不都合な真実なんだが、男は性的な興奮を恋心と勘違いする傾向が非常に強い。

中身を見て?
私をちゃんと知って?

何を言ってる!

「あ、なんかヤレそう」

に勝る魅力はない。

モテたい女は男の性的な欲求を刺激せよ、と俺は言いたい。
元から可愛くてセクシーな女に言うことはない。
俺は持たざる者の味方だ。


そして大事なのは、みっつ目の特徴である。

魔女の第3の特徴は、ヒット・アンド・アウェイが巧みなことだ。

距離が近く、ボディタッチをしてきて、「なんかヤレそう...」と思ってキスをしようとすると、ヒラリを身をかわす。
このかわし方がまたうまいのである。

潔癖な女は露骨に嫌悪感を出してきて、「ヤダ!」みたいに言ってくる子もいるが、それでは強すぎる。本当に嫌な奴に嫌というのは全く問題ないが、拒絶されると男は傷つくのである。

キスはされたくない。
でも実際は、「その気になってほしいけど遊びで手を出してほしくない」という相手もいるはずだ。
そういう相手のかわし方が、魔女はとてもうまい。

男を傷つけることなく、スマートに身をかわす。
あるいは恋のABCでいうと、A~Bまでは限りなくエロい雰囲気を出し、実に積極的だが最後まではやらせない。
鉄のパンツは下ろさない。


魔女はこの「じらし」が実にうまい。

この「じらし」は古くから魔女界に伝わる必殺技で、恋のヒット・アンド・アウェイ理論と言われている。


かつて、モハメド・アリという偉大なボクサーがいた。

アリは蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを得意とした。

人は彼の美しいボクシングスタイルを


蝶のように舞い、蜂のように刺す


と称した。

これである。

合コンで男にモテたい女は、モハメド・アリに学ぶべきだ。


俺たち男は花だ。
ことセクースに関しては、お前たちが止まってくれるのを待つしかない。


パーソナルスペースを活用し、男の欲望に火をつけ、それを恋の炎に変換させよ。
目指すべきは「一緒にいて居心地の良いけど、なんとなくエロそうな雰囲気を持つ女」である。

下品で露骨なのはいけない。
そんなのは下品な相手しか捕まえられないから。



女は蝶。

ヒラヒラと舞い、優れた花を選ぶべし。
そして、これぞという男を見つけたら、蜂のように刺せ。

お前自身はむしろ手の届かない高嶺の花のように錯覚させるべし。


俺からは以上だ。