チャコールバターコーヒーの美味しい飲み方を研究してみた

最近読んだ『トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』によると、痩せるために大事なのは

「インスリンが頻繁に出るような状態を避けること」

なのだという。

インスリンとは、血糖値を下げる働きをするホルモンのことだ。

oreno-yuigon.hatenablog.com


インスリンが正常に働かなくなった状態をインスリン抵抗性と呼ぶのだが、タンパク質豊富なサラダチキンだろうと、プロテインだろうと、食べたらインスリンは分泌される。

痩せるためには「インスリン値が低い状態」をできるだけ長く作らなければならない。
ではインスリン値を下げるためにはどうしたらいいか

インスリン値を下げ、インスリン抵抗性を発動させないための最も有効な手段は間欠的ファスティングと呼ばれる、いわゆる「断食」である。ものを食べない時間を増やすのだ。

断食することで内臓脂肪から燃えていき、体脂肪率が下がっていく。


間食は一切やめて、食事の間隔を長く取るのがポイントだ。プロテインを間食にするのもダメ。インスリン値が低い状態を長く保つ必要があるから。

ファスティング中は朝は水とコーヒーのみ。
昼は水、緑茶、野菜のだし汁カップ一杯みたいな食事が推奨されているが、ここまで頑張ってファスティングしなくても、朝ご飯をやめてコーヒーだけにして、余計な間食をやめるだけで体重は落ちてくるような気がしている。

昔話題になった完全無欠コーヒーも、「コーヒーを飲めば痩せる」というよりは、朝飯をバターコーヒーにして、食事しない期間を延ばす「ファスティング」が体重減少のポイントだったのではないだろうか。

oreno-yuigon.hatenablog.com


前置きが長くなったが、チャコールバターコーヒーというのは、最近バターコーヒー代わりに飲んでいるインスタントコーヒーだ。

MCTオイルと無塩バター、マカなどが加えられていて、5秒で作れるところが気に入っている。

朝のコーヒーはファスティング中の癒やしだ。
夜は空腹のまま寝るのだが、朝のコーヒーの楽しみがあるからお腹が空いたまま寝ることができる。
コーヒーがなければ僕はファスティングを続けることはできない気もする。

それで、一応ツイッターでは料理アカウントとして知られているので、どうやってコーヒーを飲むのが一番美味しく、そして午前中にお腹が減りにくいかを研究してみた。

この記事では僕なりの「美味しいコーヒーの飲み方」の研究成果を発表したい。

最も美味しいのは「豆乳 × コーヒー」

僕は4年以上ずっとツイッターで料理アカウントをやってきたこともあり、味覚に関してはもはやプロ級と言える。得意料理はオムライスで、それくらいしか作れない。

そんな味のプロフェッショナルである僕が試行錯誤してたどり着いた、最高に美味しいコーヒーは

「豆乳コーヒー」

である。

f:id:hideyoshi1537:20190717172653p:plain

これはマジでうまい。うますぎる。奇跡のコーヒーだ。

砂糖はインスリンを大量に分泌させる元凶なので、調整されて甘くなったものではなく、成分無調整の豆乳を使おう。

成分無調整の豆乳とコーヒーを混ぜて飲む。調理時間は10秒。

僕は今までシロカのコーヒーメーカーを使って豆からコーヒーを淹れていたのだが、豆乳と混ぜたら豆から挽かなくても十分美味しくなることが判明した。

oreno-yuigon.hatenablog.com


・豆乳 × コーヒー

は黄金の組み合わせである。

長いコーヒーの歴史を変える奇跡の組み合わせと言ってもいい。
コロンブスがアメリカ大陸を発見したかのような感動だ。

しかし今、この記事を書きながら思い出したのだが、「豆乳 」といえば「ソイ」

「ソイ」といえば、もしかしてスターバックスに

「ソイラテ」

なるものがあるんじゃないか。

昔付き合っていた彼女がスタバでソイラテを頼んでいて、僕も彼女の影響でソイラテばかりを飲むようになった。

そんな過去は完全に忘れていて、今になって「豆乳コーヒーまじでうまい!」みたいに喜んでいたけれど、この美味しさは......思い出補正!?


豆乳は甘いが、思い出は酸っぱいものだね。

残念だ。

豆乳コーヒーは僕が料理アカウント4年目にして生み出した新発明だと思っていたのに、スタバにソイラテが存在していたとは。
人類の新発見だと勘違いしていた。残念だ。

そんな僕の過去は置いといて、

「豆乳コーヒー一杯で昼まで食べずにいられる」

ことは二週間にわたり確認することができた。

ぜひ皆さんも朝起きて、一杯の豆乳コーヒーを飲んで、昼まで食事は我慢、って感じでファスティングデビューしてみてほしい。

とにかく朝、パンやおにぎりを食べるのをやめてみてほしい。
脂肪がある人は先に脂肪が燃えるから脳に糖分がいかないなんてことにはならない(と、本には書かれている)。

コーヒーに難消化性デキストリンも混ぜてみよう

食物繊維をしっかり摂ろう。
理想は野菜をたくさん食べることだが、難消化性デキストリンを混ぜるのもいい。
難消化性デキストリンはトウモコロシのデンプンから取り出し水溶性食物繊維だ。

冒頭で紹介した『トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』の303ページに、

食物繊維を多く摂取する人は太りにくいということがわかった。
短期間の研究では、食物繊維は満腹感を増すため、空腹感が減り、カロリー摂取量も減ることがわかっている。
食物繊維のサプリメントに関するランダム化比較試験では、緩やかに体重が減少する効果があり、12ヶ月で1.3キロから1.9キロ減ることがわかっている。

と書いてある。

難消化性デキストリンは安全性が極めて高く、摂取しない理由がない。

難消化性デキストリンについて、米国FDA(食品医薬品局)は、1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材であると認めています。また、消費者庁長官が許可する特定保健用食品(トクホ)の関与成分となっています。

難消化性デキストリン|大塚製薬

上記で引用した大塚製薬のサイトでは、難消化性デキストリンの効果が以下のようにまとめられている。

  • 糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)
  • 整腸作用
  • 脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後血中中性脂肪の上昇抑制作用)
  • 内臓脂肪の低減作用
  • ミネラルの吸収促進作用


400gで864円と、サプリメントに比べて安いのもいい。

僕はコーヒーに混ぜて味を検証したが、味が落ちるようなことはなかった。
というか、難消化性デキストリンを入れても入れなくても味は変わらなかった。

なのでコーヒーを作るときはとりあえず、難消化性デキストリンを一緒に入れている。
悪いことは何もないと思うので、おすすめしたい。

プロテインとコーヒーを混ぜても美味しくない

料理は作品だ。
作品の改良に余念がない僕は、

「コーヒーとプロテインを混ぜたら一石二鳥なのではないか」

と考えた(ダイエットするなら、朝に飲むコーヒーにプロテインは混ぜない方がいい)


「プロテインコーヒー」はスタバにもない僕のオリジナルメニューである。
なんだかとてもマッチョな響きがある。

f:id:hideyoshi1537:20190717185832p:plain

タンパク質とカフェインを一緒に取って、チャコールバターコーヒーの場合は少量だがMCTオイルも一緒に摂取できる。

これこそがシリコンバレーではなく、侍の国ニッポン最強の「完全無欠マッチョコーヒー」なのではないだろうか...

と淡い期待を寄せて飲んでみたが、全然美味しくなかった。

これはダメだ。

プロテインと青汁を混ぜて飲むのは美味しいが、コーヒーとプロテインを混ぜると全然ダメだ。
美味しくないのだ。

美味しくないものは続かない。
サラダチキンだって昔流行ったときに毎日食べようとしたけど、続かなかった。
飽きてしまう味だからだ。

そもそもの話、プロテインシェーカーでコーヒーを飲む行為自体がなんか趣がない。
コーヒーはコーヒーカップでじっくりと味わって飲みたいものだ。

プロテインコーヒーは全然美味しくない。どうせ飲むなら別々に飲もう。

MCTオイルとバターを混ぜる

f:id:hideyoshi1537:20190717192316p:plain

チャコールバターコーヒーの公式サイトではMCTオイルやバターを足してバターコーヒーダイエット風味を強める飲み方が紹介されていた。

実を言うと僕は今までは、ドリップでコーヒーを作るか、豆から挽いてコーヒーを作るかしていて、インスタントコーヒーなるものを飲んだことがなかった。

料理アカウントとしては致命的だ。
そしてチャコールバターコーヒーを買ってから初めてインスタントっぽいコーヒーを飲んだわけだが、その手軽さに僕は感動した。

お湯をテキテキと垂らす必要もない。
機械に豆を入れてガガーッと音を鳴らす必要もない。

ただ入れて、混ぜるだけ。
朝、時間がないときにはインスタントコーヒーは超ありがたい。

会社でコーヒーを飲むときも、ドリップでじっくりとお湯を入れるのに時間がかかってちょっと気まずかったこともある。
インスタントコーヒーなら一瞬だ。

f:id:hideyoshi1537:20190717200207p:plain

というわけで、インスタントバターコーヒーを作ってみたけど普通にうまい。
ただ、「昼過ぎまで食事を我慢する」という意味では個人的には豆乳と混ぜた方が効果があったように感じている。

あと、味も豆乳が好きだ。これは完全に好みの問題だが。

普通にコーヒーを飲む

f:id:hideyoshi1537:20190724150847j:plain

上でも書いたが、会社などでサクッとコーヒーを飲みたいならインスタントタイプのコーヒーが一番便利で早く、缶コーヒーよりも安い。

僕は今までインスタントコーヒーは味が薄そうとか、豆から挽くのが料理人の嗜みだと思っていた。

しかし一杯のコーヒーを作るのにドリップは5分、豆のコーヒーは10分かかるのを考えると、

「やっぱりインスタントコーヒーは楽だよなあ」

と思ってしまう。

この記事で使っているチャコールバターコーヒーは一杯あたり63円と、コンビニで買えるネスカフェのドリップコーヒー(1杯25円くらい)に比べてちょっと高い。

なので、みんなに超おすすめ!最高!と激推しするわけではないけれど、味もコンセプトもけっこう気に入っているので、一日一杯ずつ、ファスティングを頑張った自分へのご褒美として飲み続けてみようと思う。

f:id:hideyoshi1537:20190724150817p:plain
チャコールバターコーヒーは2箱目に突入