漫画『アグリッパ』は古代ローマとフランスの英雄の戦いを描く名作だと思う



ガイウス・ユリウス・カエサルという人物をご存知でしょうか。

英語では「ジュリアス・シーザー」と読みます。

政治をやっても超一流。

戦争やっても超一流の古代ローマの英雄です。


今の日本の緩みきった大企業のように、何をするにも決断が遅かった共和制ローマの世界で、カエサルは有力者と手を結んだり、追い落としたりで暴れまわっていたのでした。

特権階級の悪行に鉄槌を下し、市民の権利を確保する。

ローマ市民のヒーローです。

戦争をやれば勝ちまくり、政治をやればどんどん成り上がり、女にもモテまくるスーパーマンが「ガイウス・ユリウス・カエサル」という人物だったのです。

世界最高の美女・クレオパトラを愛人にいていたこともあります。

羨ましいですね。


紀元前58年。

カエサルは政務を取り仕切る役職である「コンスル」の任期が終了した後、「ガリア総督」という地位に就任します。

ガリアとはローマの北にある属州で、今でいうフランスやベルギーのあたりを指します。

f:id:hideyoshi1537:20181124134725p:plain


ローマの英雄カエサルは、ガリアの中心地を治めるだけではなく、ガリア全体を制覇し、支配を強化していきました。

このガリア全土鎮圧に向けた戦いを「ガリア戦争」といいます。

カエサルはガリア全域を完全屈服させることでローマの勢力範囲を大幅に広げることに成功し、絶大だった人気にさらに拍車がかかっていくのです。

漫画『アグリッパ』ではこのように、デコの広いハゲとして描かれています。

f:id:hideyoshi1537:20181124135015j:plain

孫正義やスティーブ・ジョブズ、ジダンを超える世界史上最強のハゲだったのではないでしょうか。



さて、『アグリッパ』はそんなローマの英雄・カエサルが敵として登場します。

主人公はガリア最強部族アルヴェルニの族長、ヴェルチン・ジェトリクスです。


ヴェルチン・ジェトリクスは実在していた人で、フランス最初の英雄とされています。

f:id:hideyoshi1537:20181124135239p:plain


【wikipedia】ウェルキンゲトリクス


ヴェルチン・ジェトリクスはバラバラだったガリアの部族をまとめ上げ、カエサルに挑みます。

ヴェルチンは統率のとれないガリアの連中を巧みに指揮しながら、ローマの英雄・カエサルを追い込んでいくのでした。


ヴェルチンとカエサルの戦いの決着はどうなるのかは、ぜひ漫画の方で確認いただけたらと思います。

『アグリッパ』は全4巻で巻数は多くありませんが、綺麗にまとまっています。


タイトルの「アグリッパ」の意味は最後にならないとわからないでしょう。

ちなみに「アグリッパ」とは初代ローマ皇帝アウグストゥスを軍略の面で支えた人です。


漫画『アグリッパ』の続編が出るとしたら、カエサルの後継者・アウグストゥスがローマ帝国の皇帝になるまでの軌跡を描いてくれることでしょう。

その日を楽しみにしています。

アグリッパ-AGRIPPA- 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アグリッパ-AGRIPPA- 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)