俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

九州博多・旅ナンパで舞い降りた親不孝の奇跡。




前日にクラブで惨敗したものの、気分は悪くなかった。

18時。
俺は再び天神の街に立った。
残された時間は12時間だ。
福岡に何かしらの爪痕を残したいと思っていた。
立つ鳥跡を濁さずと言うが、俺は白いフンを残してやろうと思った。

天神パルコ前から今日のストーリーが始まる。

「こんばんは!お疲れさま!」

ガンシカ。
明るく声をかけたつもりだったが、反応は悪かった。

「その服めっちゃオシャレやん」

エセ関西弁で話しかける。
ガンシカ。

「天神にキレイすぎるお姉さんがいると聞いて〜」
ガンシカ。

「どこぞのファッションモデルみたいですね」
ガンシカ。


なんだ?
なんだこの反応の悪さは。

前日の好反応が嘘のよう。
たまに話しても、そっけなく、受け入れてくれるような様子が全然なかった。

夕方は反応が悪いんだろうか。
それとも、俺に問題があったんだろうか。
たまたまなのか。

色々と考えながら、西通りで女友達を見つけた。

「よぉ、久しぶり!」

親不孝通りにあるスポーツバーで軽くお酒を飲みに行く。
ナンパをしていたなんて言わない。

近況を報告しあい、

「昔はあんなこともあったね」

と話す。

家の前まで送り、お別れした。


別れ際、

「もうちょっと一緒にいよう。行かないで」

と言われたが、

「ごめんて。また会えるから大丈夫だよ」

と言って、立ち去った。

彼女はまだ俺に好意を持ってくれているんだろうか。
ありがとう。


親不孝通りを再び歩く。

時刻は21時になっていた。
リュックを背負った女の子がゆっくり歩いている。


「あ、そのリュック!」


女の子が振り返る。


「俺も似たようなやつ持ってたんですよ!カッコイイですよね」

大学生のときにこんなリュックを使っていたことがある。
もうずっと昔の話だ。

リュックの子がクスっと笑う。

「飲んでたんですか?」

「うん、これから花見に行くところ」

距離が近い。

「これは即系だ」

と直感的に思った。

見た目は?
まずまずだ。

スタイルは?
デブではない。

いけるか?
いこう。いつ行くの?今でしょ。


この子に勝負をかけよう。

並行トークを続ける。

たまたま共通の話題があり、一気に盛り上がる。
5分歩く頃には、相手から腕を絡ませてきていた。

ナンパをしていると、こういうこともあるのだ。

このまま宿泊先のホテルに行こう。
まっすぐホテルに向かう。

クソ、遠い。
10分間、話を途切れさせること無く歩いた。

恋愛歴を聞くと、ワンナイトのような恋愛も何度かしたことがあるらしい。

「ついていっちゃうけど、それからうまくいくことってないよね〜」

なんて笑いながら話していた。
彼氏とは最近別れたばかりとのこと。

やっぱり、ナンパはタイミングが大切だ。


ホテルから50mの場所にきた。

「もう少しゆっくり話そう」

「わたし花見行かなきゃ」

「花見までもう少し時間あるじゃんw15分だけな」

「えーホテルは行かないよー」

形式的なものに聞こえた。
ホテルの入り口に来てしまうと、やっぱりそのままついてきた。

家でもホテルでも、その場所の前まで来ると、案外入ってしまうものだ。

部屋に入ると、そのままハグをした。
頭を撫でて、イチャイチャしたところで、彼女の次の予定の時間になった。

彼女はすごく楽しそうにしていた。

「また絶対会おうね」

そういって、彼女はタクシーに乗り、花見に向かっていった。

彼女からは今でもLINEがくる。
良い出会いとなった。