ゆるく語る

140文字には収まりきらなかったことを語ります。

自分で自分のことをカッコいいと思えないと、どんなに楽しくても最後には気分が沈んでくるという話

また意識の高い話を書く私を許してほしい。数ヶ月に一度、衝動的に痛々しいポエムを書きたくなる時期がくるのだ。ここから先は推敲なしで書き殴る俺のポエムだ。 世の中にはエンタメが溢れている。素晴らしい漫画、素晴らしい映画、インターネットにつながっ…

日本の大企業に絶望してGoogleやスタートアップに転職する人が目立っている件

最近、はてなブログで退職エントリをよく見ます。 6年勤めたNTTを退職しました 日本経済新聞社を退職しました 富士通SEを1.5年務めて辞めた結果、得られた3つの手札 1つ目はNTT研究所を辞めてGoogleに転職した方の記事。2つ目は日経新聞を辞めてGoogleに転…

成功のために「自分へのご褒美」を後回しにするコツ

凡人が何かを得るためには、何かを犠牲にしなければいけません。女の尻を追いかけてばかりで人生大成功!みたいな人はまずいませんし、毎日ゲームばかりして一流大学に合格!なんて人もほとんどいないと思います。仮にいたとしても、その人は特別な天才です…

進路に迷ったときは親のアドバイスに従うよりも、情報を集めて自分の心に従おう

いつものようにネットサーフィンをしているとふと、「俺よりも真剣に俺の人生を生きている奴はいない」という言葉が浮かんできました。ここでは「俺」と書きましたが、「あなた」に置き換えても同じでしょう。自分自身よりも真剣に、自分の人生を生きている…

図書館で勉強するメリット・デメリット

毎日どうすれば効率よく、集中して机に向かうことができるかを考える著者が、図書館で勉強するメリットとデメリットについて考察します。

「本当に好きなものについては理由が説明できない」が言い訳として万能すぎる件

村上龍さんの『無趣味のすすめ』という本で、 「好き」という言葉の罠 というエッセイがある。このエッセイを大学の頃に読んで以来、様々な場面で助けられてきた。内容を紹介したい。 ** 「好き」という言葉は曖昧だ。 意味が曖昧なわけではない。言葉に込…

女遊びで培った経験値はそれを辞めて2年経つと完全に失われる

女遊びに人生の全てを懸けていた時期があった。人斬り抜刀斎よろしく、股間に切れ味鋭い剣をさし、その剣で美女を突くことのみを人生の目的としていた。 夜な夜な東京の街に繰り出し、刀を抜いては斬り合う日々。毎週新たな強敵(とも)と斬り合う日々は眠れ…

コーヒー(カフェイン)の量を減らしたら体調が劇的に良くなった話

一年以上悩んでいた。毎晩夜中に目が覚めて、トイレに行きたくなってしまうのはなぜだろう。小さい頃に一緒に住んでいたおじいちゃんだって、こんなに毎晩起きてトイレに行ったりはしなかったのに、なんで俺は30代前半でこんなことに... お腹が常時ゆるく、…

人との出会いが成長を加速させる

『暗殺教室』『魔人探偵脳噛ネウロ』といった数々のヒット作を生み出した松井優征先生が久しぶりにジャンプに短編漫画を載せていた。2018年48号「編集なんてろくなもんじゃない!」というタイトルで、レジェンド作家が新人時代を振り返る企画の一つだ。 今は…

渋谷のハロウィンがやばすぎる

僕は今年もハロウィンに行けない。渋谷では楽しそうなパリピが思い思いにコスプレして乾杯しているのかな、いいないいな、人間っていいなと思いながら 「渋谷 ハロウィン」 とツイッターで検索してみた。 すると、とんでもない動画がトップに表示されていた…

文章を上達させる方法は2つ。「毎日やる」と「本気でやる」

何も考えずに10000時間を費やしても文章は上達しない。うまくなるためには、改善しながら続ける必要があるのだ。

LINEで「ハロウィン」と送ると背景が変わるも女心は変わらず

LINEのトーク画面で「ハロウィン」という文字列を送ると、背景が暗くなってハロウィンっぽいエフェクトが表示される。この面白機能の情報をネットで見つけた僕は、スマホを手にしながらほくそ笑んだ。 「これは...チャンスだ」 今まで散々無視されてきたLINE…

ガラケー時代の思い出を振り返る

ガラケー全盛期の時代、僕たちは独自の文化を作り上げていた。ワン切り、光るアンテナ、チェーンメール。あの頃のあるあるエピソードを語ります。

睡眠不足の心と体への影響をまとめる

一昨日は夜の3時までブログを書いていて、それからなかなか眠れず、4時半までベッドで苦しんでいた。7時に出社しなければならないので、結局1時間半しか眠らずに家を出た。 出社するなりすぐにレッドブルとコーヒーを流し込み、 「眠らないのが俺の仕事だ」 …

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」は馬鹿にされたときに心を落ち着かせる魔法の言葉

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや 超人気漫画の『キングダム』は春秋戦国時代の中国の話です。秦が中国統一を成し遂げ、秦王 政が始皇帝と名乗ったのが紀元前221年。その11年後、始皇帝は天下巡遊の途中、沙丘(河北省平郷県東北)まで来たとき、重病にかかって…

たとえ小さくても、作ったウェブサービスには責任を持たなければならない

ウェブサービスを作るということ 2017年の5月に小さなウェブサービスを作った。 当時は独自のハッシュタグ付きでおすすめのお店情報を流してくれるツイッタラーがたくさんいて、僕はその情報にとても助けられていたんだけど、やはりツイッターのタイムライン…

資格マニア、勉強マニアは安全圏でエンジョイしてるだけ

経沢香保子さんのVoicyを聴いていたら、ふと 「資格マニアの人は安全圏でエンジョイしているだけ。そこから一歩深く入って実践に踏み出すのが大事」 というフレーズがあり、身に染みるものがあった。 第148夜 自意識過剰をなおしたい というのも、僕自身が社…

会社が婚活パーティーを主催するのはアリなのか?

2018年8月17日の日経MJ新聞1面に 「しまコン大作戦」 という記事が書かれていた。 なんと、洋服の「しまむら」の社員を対象にした「しまむら限定」の婚活パーティーを会社主導で開催しているというのだ。 「しまコンで検索すると「島での婚活」が大量にヒッ…

「自分を嫌いになるようなことをしない」だけで、自己肯定感が高まっていく

また意識高い記事を書いてしまう罪深い俺を許してほしい。 食後のプリンは全てに通じる 「自分がやるべきこと」をやれば、自分のことを好きになれる 自分との小さな約束を守る 自分の心の声に耳を澄ませる 食後のプリンは全てに通じる 昼ご飯を食べてオフィ…

【ドラクエ5】ビアンカを選ぶか、フローラを選ぶかで男の器が試されている

僕が初めてドラクエ5をやったのは、たしか小学2年生のときだったか。「主人公が勇者」という定番設定とは違って、ドラクエ5の主人公は勇者ではない。 主人公の少年時代からストーリーが始まり、成長し、結婚を経て、生まれた子供が勇者になるのだ。 勇者が…

盆踊りの思い出を誰にも理解されないから、ご当地盆踊りソングを調べてみた

田舎に住んでいた小学校時代、お盆の時期になるとどこからともなく音楽が聞こえてきた。 ...シャンコ♪...シャンコシャンコ♪シャシャンカシャン♪ 遠くから聞こえる盆踊りの曲を探して、近所に住んでいた友達と一緒に歩いた。盆踊りの最後にもらえるお菓子が楽…

「誰が言ったか」よりも「何を言っているか」で判断する

僕が就職活動をしていた頃は、スマホゲームが流行る少し前だったかな。DeNAの人事担当者が会社説明で話していたことが今での印象に残っている。 「DeNAは球形組織を目指しています。ピラミッド型ではなく。一人ひとりが個性を活かせる会社です。DeNAでは『誰…

母親は成功の敵、冒険は成功の母

ONE PIECE70巻の読者質問コーナーで面白い回答があった。 質問: いきなりですが、尾田っちに質問します。ワンピースの登場人物で、母親が不明だったり既に死亡していたりするキャラクターが妙に多いのは何故ですか。 回答: なるほど。まあ。答えは簡単です…

ヒカキンとホリエモンが説く、毎日続けることの大切さ

僕好みのネタがツイッターでバズっていました。ヒカキン氏「消えるクリエイターは週1頻度で、時間をかけて凝った動画を配信する。消えずに活躍する人は質が低くても、毎日続ける」これはブログも同じ。「内容薄くなる」は気にせず、毎日続けた方がアクセス、…

「年をとったら記憶力が落ちる」に対する個人的な感想

「年をとったら記憶力が落ちる」とよく言われるが、個人的には全くそう思いません。 「脳細胞の数は減少していく一方だから、記憶力が落ちていくのは必然」と昔からよく言われてきました。 しかし、現代の科学の現場では 「人体の構造物は入れ替わりながら維…

ぐっすり眠りたければ夕方以降にコーヒーを飲んではいけない

睡眠に関する記事を書いた後、スタバが併設されているTSUTAYAに行ってきました。夜の21時頃のことです。 コーヒーを飲みながら本を読み、飽きたらTSUTAYAに並んでいる本を立ち読みする...という時間の使い方は、僕の最も幸せなひとときです。それで、ちょっ…

根性で睡眠時間を短くすることはできるけど、脳を働かせることはできない

このブログではたびたび、 睡眠をいかに効率的に取るか 短時間睡眠は可能か 日中の生産性を高めるにはどれくらい眠ればいいか などを考えてきた。同じようなテーマで何度も繰り返しブログを書くということは、自分にとっては重要なテーマということで、今日…

レッドブルを飲んだらお腹を壊すのはなぜか

ここ数年、ずっとお腹がゆるい。仕事中もデート中も家でブログを書いている途中でも急にトイレに行きたくなることは多々あるし、駆け込んだトイレの個室が全部埋まっていたときは絶望的な気分になる。 人間ドックでも異常はないし、何なら医者にかかって胃や…

「テレワーク・デイズ」は日本の通勤地獄を変えるか

ツイッターでは全く話題になっていないんですが、7月23日(月)~7月27日(金)の間で「テレワーク・デイズ」なるイベントが開催されます。 テレワーク・デイズのサイトには「2020年に向けた国民運動プロジェクト」なんて書いてあって、要はみんなでテレワー…

介護でも育児でも、人間はもっと楽していいと思うんだ

祖父が他界してからは母と祖母と3人で暮らしてきた。物心ついたときから父親はいない。 大学に入って家を出て、実家には母と祖母が二人暮らし。大学生は年中夏休みみたいなものだから、よく彼女を連れて実家に帰ったものだ。 帰るたびに、祖母は嬉しそうな顔…