恋愛を語る

「ネックレスをつければ女にモテるようになる」はありえるのか?

ツイッターで「モテるネックレス」を開発した人が話題になっていた。“あらゆる女を落とす”ことで有名な恋愛講師の方がそのモテノウハウを詰め込み、「あらゆる女性を全て魅了し、女性の目線をスマホではなく首に釘付けにする」ネックレスを発明したそうだ。…

世の中に浮気をしない男はいないのか

しみけんさんがカリスマ恋愛ツイッタラーのニャンさんを紹介していました。 ニャンさんは最近美人の彼女ができて、中高生に大人気で、心技体揃ったパーフェクトイケメンアルファツイッタラーです。「『男はみんな浮気する』って本当?という質問に対してのニ…

獄中結婚3回目の木嶋佳苗死刑囚はなぜ、あんなにモテるのか

木嶋佳苗死刑囚が獄中で3度目の結婚をした。 3度目の相手は週刊新潮の編集者の方で、木嶋佳苗の「拘置所日記」では「王子」と呼ばれていた。木嶋佳苗死刑囚の結婚について、ネットでは意見が二分している。 ひとつ目は、木嶋佳苗の異常な魅力によって、出…

モテと年齢の関係。人生100年時代にモテ続けるためにはどうしたらいいか

年を取ってもモテ続ける人の特徴を解説します。

自分が選ぶ立場になれば男女のべき論は全て戯言として受け流せる

ツイッターを眺めていると、至る所で「男はこうあるべき」とか「女はこうじゃなきゃダメだ」という「べき論」が交わされている。お金を払わない女はダメだ。 家事を手伝わない男はダメだ。いい女は男を支えるべきだ。 育児に参加しない男は何様なのか。あり…

おじさんで恋愛対象になるにはどうしたらいいのか?

昨日、気持ちはわかるが「OB訪問」や「上司の立場」を利用して女を口説くなという記事を書いた。社会的に上の立場であることを利用して女性を口説いてはいけない。 そんなことをするなら外に出よう!と啓蒙する記事で、いま読み返しても間違ったことは書いて…

気持ちはわかるが「OB訪問」や「上司の立場」を利用して女を口説くな

大林組に続き、住友商事の社員がOB訪問で女子大生に手を出し、事件になった。 「OB訪問を利用して学生に手を出す」という悪質な手口はおそらくずっと昔から行われてきただろう。しかし最近ではアプリを経由して気軽にOBに会えるようになった。 会いに行く側…

一人の女を本気で愛するためには自信が必要

恋愛って難しいですよね。 どんなにたくさんの人と身体の関係を結んでも、 どんなにたくさんの人に追いかけれたとしても、 本当に愛したたった一人の人とはうまくいかなかったりしますもんね。僕は今までたくさん恋をして、たくさん振られ、ときには追いかけ…

男女における「デートの勝率を上げるレストラン」の考え方の違い

僕は密かにグルメツイッタラーの紹介するレストランを楽しみにしている。中でも伊藤初美さんはとても有名なグルメブロガーで、東京グルメサロンと呼ばれるグルメが集まるサロンを主宰するようなお方だ。男子のみなさんへ。デートの勝率を上げるエロいカウン…

「いい人」はなぜモテないのか?その理由をまとめてみた

ツイッターでいい人がモテない件が話題となりました。「いい人」のモテなさは異常。いい人は周りに気を遣い、目の前の人を大切にし、丁寧に接し、礼儀正しく、面倒な作業を進んで引き受け、みんなに「いい人だよね」と評価され、感謝はされるが、女にはモテ…

恋愛で「告白して付き合う」はもはや時代遅れではないか

昨日から『I"s』というちょっと昔の恋愛漫画を読んでいる。中学時代の僕にとって、この漫画は「恋愛のバイブル」とも呼べるものであったが、今改めて読み返すと、主人公が悪手ばかり取っているのが目について仕方ない。ここでは『I"s』の主人公のどこがダメ…

ヤリモク率を下げてイケメンと出会う方法

イケメンには出会いたいけどヤリモクは怖い。素敵な出会いはどうやって見つけたらいいのかわからない。そんな人のために失敗しない出会い方を考察しています。

女友達の恋愛アドバイスは「安定」や「誠実さ」に偏りすぎているため、本気で悩む乙女の心に響かない

女子会の定番の話題って「恋愛」だと思うんですよ。「XX君とどうなった?」「最近いい恋、してる?」みたいな。想像ですが。 で、女子会に一人は「悩んでる人」いるじゃないですか。 「優しくて誠実、真面目で愛してくれる男」と、「カッコよくてギラギラし…

アンジェラベイビーはなぜ浮気されたのか?浮気する男の気持ちを考えてみた

アンジェラベイビーは世界一の美女である。百聞は一見に如かず。 アンジェラベイビーの画像を見てほしい。クレオパトラ、楊貴妃と並び、世界を変えうるほどの絶世の美女だ。こんな美女と一晩過ごせるなら寿命が3年縮んでも構わない...と考えているのは僕だけ…

東京のおすすめ出会いスポットをハードルが低い順に紹介する

東京で出会いを探している方のために、1000人以上と出会った経験を踏まえて、おすすめスポットを紹介します。

我々はなぜセックスレスになってしまうのか。その原因と解消法を授ける

「セックスレスが原因で彼氏と別れた」という記事がバズったことがきっかけで、ツイッターでセックスレスが話題になっていた。セックスレスだけが欠点の彼氏と最終的に別れた話 - mogusuのブログ https://t.co/dwXYQxcEdI— 鐚一文ちゃん(びたいちもんちゃん…

女子向けの恋愛論は「自分の見た目レベル」と「相手の魅力レベル」を考慮しないと意味がない

少し前に隠遁先生のツイートが話題になっていた。昔、デートで鳥貴族に連れて行かれたんだけど「あぁ、私のレベルが低いからだ」「いい男には見向きもされない女なんだ」と猛省し、徹底的に外見を変えて10kg痩せて会話の本読みまくった結果、周り全員すごく…

田舎でも大丈夫!地方に住む人が出会いを見つける方法

よう、俺だ。桜木だ。 覚えているか? 前の記事では、 「20歳で彼女ができたことがないけど、いつか彼女がほしいと思っている男」 をイメージして、 「まずは見た目を改善せよ。そのためには当たり前の基準を上げよ」 という授業を行った。 どんなに非モテで…

どんなに非モテでも1年以内に必ず彼女ができる秘策を授ける

先日、「非モテ」はたしかに深刻な病だが、必ず克服できるという記事を書いたら、こんなコメントをいただいた。「ゲシュタルト崩壊案件」の意味がわからず2日ほど悩んだが、 「彼女がいる時点で非モテとは言えない」ということなのだろう。 ...。 .......。 …

知らない男に圧力をかけることで彼女を守ろうとする男は100%クソである

仲良くなった女の彼氏から「もう俺の女に一切絡むんじゃねえ」的にキレられること多いんだけど、自分の女のことすら信用できないなら別れろよ pic.twitter.com/E1Z3DLRhF0— 稲井大輝 (@mrtodai2014_04) 2016年3月20日 彼女を守るために、知らない男に圧力を…

若い頃モテてきた男はオッサンになるとどうなるのか

このブログの昔からの読者には周知の事実であるが、僕はイケメンに取り入り、イケメンを仲間にすることで合コンの和を広げ、女の子と仲良くなることを生業としてきた。 それゆえに、友達にはイケメンがけっこう多い。 もうみんな、30歳を越えたおっさんであ…

恋愛苦手な人は自分にベクトルが向きすぎているのではないか

こんな僕でもごく稀に、モテることがある。 「モテる」と言っても、会社ですれ違う女子社員から黄色い声援が届くとかそういう類のものではなく、 10歳以上年上の人からなぜか食事に誘われる 程度のものだ。 1年くらい前の話。仕事関係で知り合った方から何度…

男性作者の恋愛漫画は男に都合の良い妄想で、女性作者の恋愛漫画は男に関しては割とリアルな件

男性作者と女性作者では、恋愛に対する見方がまるで異なっているのが面白い。男性作者は恋愛漫画でありもしない理想を描きたがる傾向がある。女性作者はあくまでも現実的だ。 * * * 清く正しく美しい童貞だった中学時代。 僕は恋愛漫画を読んで興奮してい…

「久しぶり。元気にしてる?」の既読スルー率は異常。

正直に告白すると、「久しぶり!元気にしてる?」なんてLINEを送るとき、男としては別に元気にしてるかどうかなんて全然気にしてなくて、「ワンチャンいけないかなぁ」と願っているというのが本音なんだけど、このLINEの返信率がすこぶる悪いのである。 我々…

女子はなぜ、聞きもしないのに他人に恋愛のアドバイスを求めるのか。

暗い部屋で一人、うなだれている。 今日もまた、私の助言が聞き入れられることはなかった。 「女子から恋愛相談されて、一生懸命考えてアドバイスしたのに、本人はなぜか全く逆の行動を取る」 という現象は、長い人類の歴史の中で未だ解けない謎の一つとされ…

僕はTinderで優勝できなかった

1億2千万年ぶりにTinderをインストールしてみた。前に使ったときは、20人くらいめくったところで会社の後輩が出てきて即時アンインストールした。会社の人々にTinderで悪さを企んでいるとバラされてしまうからだ。 今では暇な女子大生なるTinder使いが現れ、…

有名人が不倫をするのは危険すぎる

伊藤直也さんという有名エンジニアの男女の営みがネットで話題になっていた。当事者同士の問題なので詳細には触れないが、女性が「あらまし」をネットで暴露したのが発端のようだ。この記事で書きたいのは不倫の是非とか、伊藤直也さんの情事の真偽について…

【一人暮らし必見】モテる部屋の作り方

ツイッターで「モテ部屋」が話題になっていた。hitorigurashi-lab.com妄想ツイで有名なカツセさんがモテ部屋に住む友人、大平兼士さんの部屋に遊びに行くというもの。部屋には生活感がなく、廊下からトイレが丸見えで、ベランダにテーブルが置いてあるオシャ…

浪人生を支えてくれる彼女は神である。

眞子様の婚約がツイッターを騒がせる中、お相手の小室さんが司法浪人中であるというツイートを見かけた。 眞子様、司法試験浪人生と婚約って理解でオッケーなのかな。マジでええ人やんけ。資格浪人は私も経験してるから分かるけど、恋人の存在ってホント心の…

恋愛に関しては中途半端な善人であるよりも、むしろ清々しいクズの方がいい

30歳を節目に、山中達郎は過去と決別しようと考えた。 女にだらしなかった過去の自分を反省し、もう二度と軽率な行為はするまいと誓った。デート相手には誠意を持って接し、身体の関係を持ったからといって、疎遠にしない。 相手が求めない限りは誘うことも…