俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

婚活サイトですげえ美人を捕まえて結婚した口下手な友人を見て思ったこと。





先週、友達の結婚式に行ってきて驚いたのは、奥さんがあまりにも美人だったことです。
顔が小さくてスタイル良くて、白いドレスが天使の羽に見えるような綺麗な方で、


「お前、やりやがったな」


と、嫉妬80%の気持ちを込めて言いました。

友達はニヤリと笑い、嬉しそうにしていたのですがそれを無視して、

「こいつは良い奴なのでよろしくお願いしますね」


と奥さんに話しかけ、それに笑顔で答えてくれた奥さんを見て、やはり


「こいつ、マジでやりやがったな」


と思わずにはいられなかったわけです。

久しぶりに会った友達と飲みまくって死にそうになって、家に帰って泥のように眠り、朝起きて冷静になって思ったことは、誠実さと勤勉さは口の上手さに勝るということです。

その友人、仮に田中としましょう。
田中は大学の時は普通に童貞で、社会人になってもしばらくは童貞だったような男です。

口も全然うまくないし、女の扱いだって全然ダメ。

反応がいちいち童貞くさくって、合コンに連れて行くたびに困っていました。

でも田中は本当に真面目でいい奴で。

まともに就活もせず底辺を彷徨う僕と違って、立派な会社で立派な仕事をしていました。
20代後半の平均年収は339万と言われていますが、彼はおそらく800万以上は稼いでいたのではないでしょうか。

この年収はツイッターではなぜか鼻で笑われそうな年収ですが、一般的に見てすごく高いです。
独身で年収800万以上は全男性の1%もいません。

そして、彼は気の利いた冗談もあまり言えないんですが、優しく、責任感があり、仕事を頑張り、そして誠実でした。

結果として、もう本当にビックリするくらい綺麗な奥さんを捕まえて、幸せそうに結婚式を挙げたわけです。


さて、僕の一年前を振り返ってみます。
街をふらふらと彷徨い、女の子に声をかけ、ナンパのテクニックを磨くことに精を出していました。

才能がないので結局ナンパが上手になることはなかったのですが、なんだかんだで経験人数は増えました。
でも、経験人数が増えても全く幸せではなく、むしろ自分の時間が失われ、仕事のパフォーマンスが落ちることにストレスを感じる日々が続きました。

目に入った女の子に3秒以内に声をかけるという3秒ルールという謎のルールを自分に課し、出会いを量産する。
そうすると、話す女の子の平均レベルはどんどん落ちてきます。

当たり前ですが、3秒で相手を選ぶことは難しいですし、

「誰かがいたから3秒以内に声をかける」

のと、

「すごく綺麗な人がいたから逡巡しながら勇気を出して声をかける」

では出会いの重みも相手の可愛さも全然変わってきます。


量産型の軽い出会いを増やしていく一方で、自分の中に何が残っているのかわからないような、心の迷いが生じていました。

口先ばっかりうまくなって、俺、全然中身がねぇな、と。

当時は「アルファメイル」なんていって、ボスのように自信満々に振る舞うことが正しいと思っていました。
たしかに、自信満々の男の人はモテます。

ですが、夜遊び女遊びしている自分は、かつて自分が思い描いた「カッコイイ大人」像とはほど遠く、
カッコ悪い自分に本当の意味で自信が持てるわけはありません。

ハリボテのアルファメイルで、どこか後ろめたい気持ちを抱きながらナンパする自分は、意思のない人形のような目で街を歩いていたと思います。


それが一年前の僕で。
僕がそんなことをしている間に、田中は積み重ねていたわけです。

信頼と実績を。

仕事を着実にこなし、誠実に人に接し、一つ一つの出会いを大切にしてきたわけです。

大学時代ずっと童貞だった田中が出会った奥様は、僕が夜遊びしまくった時期に出会った誰よりも美しく、そして性格もよさそうでした(ハロー効果)

僕は磨くべきものを間違っていたのかもしれません。
小手先の技術を磨き、女の扱いがうまくなったように思っていましたが、そんなん時間が経つと何の役にも立ちません。
僕の幸せに貢献していません。

恋愛は確率論と言ってしまえばそれまでですが、だからといって量を増やせばキリがなく、殺し合いの螺旋から抜けられなくなります。

一つ一つの出会いを大事にすること。
自分のスペックを上げる努力を惜しまないこと。

たった2つの当たり前のことができている人が、当たり前に幸せな顔で結婚式を挙げているように思います。
これからは絶対にそこの軸をぶらさないように、記事としてまとめてここに記します。