俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

クラブやSNSで『出会い方よくないよね』と言われた時の返し方。

「Facebook系のアプリの浸透により、ネットを通じた出会いはかなり敷居が低くなった。
今では普通の子も、普通にFacebookアプリをやって、普通に出会ったりしてる。

でもな、俺は色んな子に会ってきたけど、彼女たちに共通していることがたった一つだけある」


恋愛の達人は、ゆっくりとコーヒーを飲み、話を続けた。


「彼女たちは、自分がアプリをやっていることを、誰にも言ってないんだ」


「ネットの出会い」という「出会い方」に抵抗がある女の子は多い。

「出会うこと」ではなく、「出会い方」に抵抗がある。

恥ずかしくて、友達には言いづらい。

この傾向は、あと3年は変わらないと思う。

彼女たちは「いいね」をしてきた人と何度も会っている。
「いいね」が300以上ついている子に会ってみて、

「あなたが初めて会った人」

というパターンはあまりない。

仮に、口では「初めて」と言っても、裏では会っていることがほとんどだろう。

彼女たちは、ネットを使ってでも出会いがほしい。
だからいろんな人と出会って値踏みしている。

それでも、出会い方は清純でありたいと願っているものなのだ。


その心理を逆手にとればいい。

デートの一次会の場で、十分に信頼関係を築いてからやるのが効果的だ。


「俺たち、出会えてよかったよね(*´▽`*)」

「うん」

「でさ、ちょっと思ったんだけど、あのアプリで会ったって友達に言いづらいじゃん?笑」


「わたし誰にも言ってないw」


「だよねw

じゃあさ、別の出会い方したことにしない?笑

たとえば・・・、品川駅で迷ってる○○子を助けた、とか?笑」


「それ、ナンパじゃんww私がナンパについてく女になるじゃんww」


「大丈夫だって、○○子がそんな子じゃないってのは、俺はもう知ってるからw

でしょ?

でも、結婚式で馴れ初めを話すとき、『ネットのアプリで会いました』って言いづらいやん?笑」
(←ここで、「結婚するという前提を暗黙に仕込む」)

「言いづらい言いづらいww」

「だから、ちゃんと出会い方をどういうことにするか、二人で考えて、二人だけの秘密にしよね(*´ω`)」
(←ここで、「これから一緒にいる」という前提を暗黙に仕込む)


このように、女性が共通に持つ引け目を逆手にとって、暗黙の前提を無意識に刷り込む。

毎回同じことを言っているが、かなり効果的にワークするのは間違いない。

もし同じようなパターンの出会いがあったら、試してみてほしいと思っている。

ポイントは、暗黙の前提を刷り込ませることだ。


* * *

彼の言う通り、僕は出会った女の子に暗黙の前提を仕込んでみた。

「俺たち、出会ったよかったよね」

この後に、「よかった」と言われ、あとは定番の流れで好きになってくれるはずだった。

「...」

「出会ってよかったよね」

「...」

「出会って」

「うーん、そうでも...ないかな」

彼女はまっすぐ駅に帰っていった。