俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

「彼氏持ちの女の子」が浮気する瞬間

久しぶりにLINEをした。
何の気なしに送ったザオラルメールだった。

「お疲れさま!
久しぶり。
春の香りがしてきたので、今度春っぽい店に飲みに行きませんか?」

こんな内容を送ったと思う。
彼女からは明るいメールが返ってきた。

彼女の優しさと丁寧さがよく表れた、そんなメールだった。
トントン拍子にアポが決まり、少し良さ気なイタリアンを予約した。

駅で久しぶりに見る彼女は綺麗だった。
初めて繁華街で声をかけたときと同じように、明るく笑った。

久しぶり!覚えてた!?

うーん、半分忘れてたけど、髪型だけ覚えてた。

なにそれー

いやでも、予想以上にかわいいね。人違いかと思った。

なに言ってるのw

そんな会話をしながら店に向かった。
話していて楽しい女の子は貴重だ。女の子は可愛かればいいってわけじゃない。
話していて、楽しい気分になれるかどうかっていうのは、すごく大切なことだと思う。

そして、話が楽しい女の子は皆、頭が良く、様々な経験をしていた。
物事を伝えるには頭の良さが必要で、面白い話には面白い体験が必要だった。

料理人と素材のような関係だ。

その意味で、彼女は一流の料理人であり、一流の素材を持っていた。
会話をすることで、新しい世界を見せてくれる人は貴重だ。

あっという間に2時間が過ぎ、会計をした。
会計は二人で15,000円だったか、高いとは思わなかった。

払ったお金をどう思うかは、相手次第なのだ。
逆に、お金を払ってもらえない女の人は、自分が相手を楽しい気持ちにさせることができたかどうかを考えてみよう。
そうじゃないなら、お金を払ってもらおうなんて考えなくていい。堂々と、自分の分は自分で払えばいい。
お金は価値の対価なんだから。

彼女は食事中、普通に彼氏の話をした。
俺が恋愛の話を聞くと、彼女は少し申し訳なさげに、彼氏がいると答えた。

いつものように彼の話を聞く。
今まで彼氏持ちの女の子とデートしたことは何度もあるが、こっちが何も話さなくても、皆勝手に不満を漏らしていた。
俺から彼の悪口を言うことはない。ただ、彼女の意見に共感しているだけだ。
時には彼を擁護すらした。

「せっかく好きになれたんだから、もう少し頑張ってみようよ」

そうすると、彼女たちは、こちらに害意がないことを理解し、安心して彼の愚痴を話しだす。
堰を切ったように漏れる不満は、どの子も同じだった。
不満がない子はそもそも他の男とデートなんてしないのだろう。

彼が全く気付かないところで彼女たちは他の男と二人で会い、彼の不満を漏らし、時にそのまま別の男と寝ることになる。
そして、彼は浮気されたことには気付かない。


この日は帰り際に手もつなぐこともなく、恋愛っぽいアクションは一切起こさず、駅に送っていった。
この日の目的は、完璧なラポールを築くことだった。中途半端に攻めるのが一番良くない。


健全に駅に送り、また会おうね、と別れを告げた。
次は最寄り駅でのアポを約束した。

男と女の「約束」はなんの信用性もないが、この日に気付いた信頼関係は、間違いないものだった。
次のアポを確信し、別れを告げる。

僕が動き出すのはその次のアポからだった。


後編に続く。oreno-yuigon.hatenablog.com


★こんな記事もあります★oreno-yuigon.hatenablog.com