俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

「私のことをわかってくれる♡」気分にさせるホットリーディングの魔力

女遊びを嗜む者の間では割と有名なテクニックに


コールドリーディング


という技がある。


男とデートしているときに、


「君はいつも恋したい恋愛体質って言ってたけど、時々休みたくなることもあるんじゃない?」


と言われたことはないだろうか?


あるいは、


「いつも仕事頑張ってて、周りに気を遣って。

本当に君のこと尊敬してる。

でも、○○ちゃん、甘えるのとかはすごく苦手そうだよね


なんて言われたことはないだろうか?


コールドリーディングは誰にでも当てはまるようなことを自信満々に言って、

あたかも「本心を分かってくれてる」かのように思い込ませる技術のことである。


「君は自信があるように振る舞っているけど、たまに不安になることもあるやろ?」


とか。

文字にすると


「いや、そりゃそうやろ!」


と突っ込むことができるが、お酒が入って暗い雰囲気の中、自信満々で言われると


「そ、そうかもしれない...!この人...僕のこと、わかってくれてる!」


と思ってしまうものなのである。


ツイッターで田端信太郎さんとサウザーさんが面白い企画を進めている。


Voicyのカリスマ二人が、


「悩める美女たちの相談に答えて、どちらの回答が納得いくものか多数決で勝負する」


という企画だ。

f:id:hideyoshi1537:20180517234926p:plain


僕はこの「シン vs サウザー」の第一戦を通勤電車で聴きながら、不覚にも涙を流してしまった。


サウザーさんの技があまりにも綺麗にキマっていたからである。


『ストリートファイター』という非常に有名な格闘ゲームがある。


そのストリートファイターの世界大会で伝説となった試合がこれである。



僕は「シン vs サウザー」第一戦のサウザーさんの回答を聴きながら、このストリートファイターの伝説の試合を思い出した。


誰もが知っている技を、こんなにも綺麗に、美しくキメる人がいるのかと。


これが世紀末対決のVoicyなので、まだ聴いていない人は聴いてみてほしい。


voicy.jp



* * *


「生きることのモチベーションが湧かない」


という相談に対してサウザーさんはまず、相手に寄り添っていることを示す。


「あなたのことはよくわかってるんだよ」


と。


事前に相手のことをよく研究し、理解した上での必殺技である。



「小さい頃から親の期待に応える日々だったんじゃないですか?」



ここですね、僕がグッときたのは。


偏差値の高い大学に入るような努力家の方は99%、親の期待に応えてきたに違いない。


おそらくサウザーさんは事前の研究で、


「隠遁人妻さんには最初からこの手札を出す」


と決めていて、それがビタッと決まった瞬間だったのではないだろうか。


ストリートファイターで言えば、「波動拳」を決めた瞬間である。


それからサウザーコンボが続いていく。



「ずっと頑張ってきた人生でしょ?」


「はい。そうです。おっしゃる通りです


この「おっしゃる通りです」を聴いた瞬間、僕はサウザーさんの勝利を確信し、同時に涙が出てきた。


波動拳からの竜巻旋風脚が決まった瞬間である。


これも女遊びを嗜む者の間ではよく使われる


「イエスセット」


という技で、女の子が「イエス」と答えやすい質問を連続で投げかけることで、イエスの連鎖を作っていく技術だ。


何度も「はい」「はい」と同意していくと、そこに一貫性の法則が働いて、続く質問で「NO」と答えにくくなる。


相手の質問に「イエス」と答え続けていくうちに、相手そのものを肯定的に捉えるようになってくる、という技術である。


正直、サウザーさんがどこまで計算して技を繰り出していたかはわからない。


でも僕はこの「コールドリーディング」からの「イエスセット」の美しい流れを聴きながら、

格闘ゲームの美しいコンボが決まったかのように錯覚したのだ。


それほど美しい勝利だった。


【追記】
サウザーさんが駆使した技はコールドリーディングではなく「ホットリーディング」というそうです。

知らなかった!

訂正してお詫びいたします。



* * *


そしてこの記事を書いている間に、第二戦の様子がupされてしまった。


voicy.jp


第二戦は「シン & サウザー」 vs マドカ・ジャスミンである。


第二戦はシンの南斗獄屠拳が見事にキマった回で、サウザーさんも負けずに剛掌波を繰り出す熱い闘いが繰り広げられた。

f:id:hideyoshi1537:20180518002839j:plain


このVoicy、朝の通勤の楽しみにしていたのに、最近我慢できずにほぼリアルタイムで聴いてしまっている。

なんだか日曜日にたまたま『少年ジャンプ』を見つけてさっさと読んでしまったときのような、そんなもったいない気持ちになっている。


今から第三戦が楽しみになってしまってるあたり、やっぱり田端のシンさんの企画力はすげえなあと思うのであった。