英語と一緒に歴史を学べば、教養も身につく



英語の勉強が続かない。

「英語ができるようになりたい」

とずっと昔から考えていて、ちょくちょくと英語学習を始めては中断し、始めては中断し、というのがもう8年くらい続いている。

8年である。

長い時間だ。幼稚園児が小学校を卒業するくらいの間、「英語を身に付けなければ...」と悶々と悩みを抱き、コンプレックスを抱えながら生きてきて、何も身に付いていないのだ。

僕の才能がないことは重々承知なのだが、おそらく英語というのは「ある程度まとまった時間の学習」を「長期間にわたって」継続しなければ身に付けることができないのではないだろうか。

これは英語に限らず、語学全般に言えることだろう。

とにかく語学は継続が大切で、一時的にやる気になって勉強しても、勉強を中断してしまうとその能力は簡単に失われてしまう。

なぜ語学を続けられないのか

ではなぜ学習を継続できないのかというと、語学学習は多少の苦痛が伴うもので、そうなると差し迫った事情がない限り、語学の勉強は後回しにされてしまうからである。

「やりたいと思っているけど、やらなければ生きていけないほどではない」

のが語学なので、他に優先順位が高い何かが割り込んでくると、学習を中断するハメになってしまうのだ。

僕は暇なことが多いが、社会人は基本的には忙しい。
日中10時間を会社の仕事に費やし、帰宅後は風呂に入ったり食事を摂ったり、ジムに行かなければならない。

仕事中に眠ることはできないから、極端に睡眠時間を削ることもできない。
自分の時間は限られているが、やらなければならないことはたくさんあるのだ。


なので、

仕事で英語を使う!

とか、

絶対に外資系に転職するんだ!

とか、

MBA留学を勝ち取ってやる!

みたいな強いモチベーションがないと、ついつい英語学習はサボってしまいがちになる。

そういう人に「お前は根性がない」と叱咤するのは簡単だけど、根性がある人ほど本業の勉強、ジム、勉強会などのように、プライベートの時間を様々な自己研鑽に費やすので、逆に語学学習の時間がなくなっている印象がある。

なので、語学学習を続けるために必要な心構えは

  • まとまった時間を確保すること
  • 確保した時間に語学を優先的に割り当てること

となる。

とはいえ、意識の高い人は他にも勉強したいことがたくさんあるはずで、

「英語だけに時間を使う」

のはもったいないなぁと考えてしまうのではないだろうか。

せっかく繰り返して覚えるなら、英語と一緒に何か身になることを学びたくないだろうか?
英語を身に付けるためには、同じ文章を繰り返し音読するのがとても有効だと言われている。
同じ文章を繰り返し読めば、記憶に残る。

深く記憶に残った知識はやがて教養となる。

英語を学びながらちょっとした教養も身に付けたい、という人におすすめしたいのが「英語のついで学習」である。

英語で歴史を学ぶ

社会人になって歴史を学んでどうする?

と疑問に思われるかもしれないが、歴史の勉強は面白い。

それに歴史は面白いだけではなく、会話や文章の小ネタに役立つことが多いのだ。

僕が毎日聴いているサウザーさんのVoicyでも歴史ネタがたくさん出てくる。

サウザーラジオ 〜青雲の誓い〜

歴史ネタは聴いていて面白いだけではなく、教訓にもなる。

「歴史を振り返ってこんなことがあった」

「それを現代に当てはめて考えると、こんなことが言える」

というように、歴史を根拠に何かを話すと説得力が増すのである。


そんな役立ちそうな「歴史学習」でも

「休みの日に黙々と歴史だけを勉強する」

となると、二の足を踏んでしまうかと思う。

みんな、やること多くて忙しいからだ。

僕はそういう忙しい人にこそ、英語で教養を学ぶ「ついで学習」をおすすめしたい。

最近本屋で見つけて購入したのが

『シンプルな英語で話す日本史』

という本だ。


この本は見開きで英語と日本語訳が掲載されている。

f:id:hideyoshi1537:20180804195612j:plain

縄文時代から現代に至るまでの歴史トピックが100個にわたって記述されていて、読むだけで日本史の概要を掴むことができる。

f:id:hideyoshi1537:20180804195621j:plain

英語の学習には「音声」が重要だと僕は考えているが、この本にはCDもついているので、スマホに入れて繰り返し聴くことも可能だ。

f:id:hideyoshi1537:20180804195722j:plain


表題の通りシンプルな英語で書かれているため、暗記して覚えておけば英会話の際にも役に立つように思える。


オンライン英会話を半年以上続けて感じたことは、大学入試のような難解で冗長な英語を話す必要は全くないということだ。

シンプルな英語をいかに素早く正確に発するかが大事で、そのためにはシンプルな英文を大量に脳内にストックする必要がある(と思われる)

そんなシンプルな英語を脳内にストックできるという意味でも、『シンプルな英語で話す日本史』はおすすめしたい。

また『シンプルな英語で話す日本史』が想像以上に良かったので、『シンプルな英語で話すアメリカ史』や、『シンプルな英語で話す西洋の天才たち』という本も一緒に購入した。


f:id:hideyoshi1537:20180804195727j:plain


英語と一緒に「歴史」や「歴史を作ってきた人物」について学ぶことができ、一石二鳥の学習ができる。
英語で教養を学べば会話の引き出しが豊かになる。

効率よく教養を身に付けたいと考えている人にこの本はぴったりではないだろうか。

シンプルな英語で話す日本史(英和対訳 CD-ROM付き)

シンプルな英語で話す日本史(英和対訳 CD-ROM付き)

  • 作者: ジェームス・M・バーダマン,小川貴宏
  • 出版社/メーカー: ジャパンタイムズ
  • 発売日: 2015/03/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


【追記】

ちなみに偉人の名言も英語で学ぶことができる。

f:id:hideyoshi1537:20190613154349p:plain

『音読したい英語名言300選』だ。

この本にはたくさんの偉人の名言やエピソードが散りばめられている。
CDもついているので音声も確認できるので暗唱にもおすすめだ。

音読したい英語名言300選 (中経出版)

音読したい英語名言300選 (中経出版)

【追記ここまで】

英語でニュースを学ぶ

英語を学ぶには英字新聞を読むのがいい、という話を聞いたことがある。
意識の高い人だったら、既に英字新聞を購読している人もいるかもしれない。

僕は例のごとくやる気ばかりは高く保っているので、お試しで英字新聞を買ってみたこともあるのだが、残念ながら2つ問題が発生した。

ひとつは日本語訳がないため、読んでいて読解が正しいかどうかよくわからないこと。
もうひとつは音声がないのため、発音がわからないことだ。


投下時間に対する効果を考えると、英字新聞は語学学習に使うには効率悪そうだなと感じ、英字新聞を断念した苦い思い出がある。

それでも頭の片隅では、ニュースと一緒に英語を学べたらいいな、と思っていた。

それで、こないだ図書館に行ったときにたまたま見つけたのがコレ。

『CNN ENGLISH』

最新号をアマゾンで買ってしまった。

f:id:hideyoshi1537:20180804195842j:plain

『CNN ENGLISH』は最近の話題を「英語学習がしやすい形」で編集してくれていてる。
もちろん音声つきだ。

発音の基礎トレーニングやディクテーション用のページもあり、NHK英会話と同じかあるいはそれ以上の効果があると思われる。

f:id:hideyoshi1537:20180804195908j:plain

ちなみに『NHKラジオ英会話』は一昔前の英語学習者のバイブルのようなテキストで

「毎月やってたら英語ができるようになった」

という人がたくさんいた。

僕も意識が高かったのでNHKラジオ英会話の本を買ってみたのだが、

  • ラジオを聴くのが面倒くさい(ラジオを普段使わない)
  • テキストにCDがついてなかった

などの理由で、途中で使うのを辞めてしまった(今ではもっと便利になっているかもしれない)

この継続力のなさが現在の情けない状態につながっているのだけれど、それはそれとして、『CNN ENGLISH』は音声付きで、話題のニュースを題材にしてディクレーションや発音の練習もできるので、教材としての完成度は高いように思える。

もちろん、最終的には好みの問題だ。

英語で童話を学ぶ

童話を学ぶことに何の意味があるのかと思われるかもしれないが、歴史の洗礼を経て今でも読み継がれている童話は創造性の塊だと僕は思う。

話の展開や構成には「万人に受け入れられる何らかの要素」が詰まっているはずだし、自分が物語を作るときの元ネタにもなるはずだ。

f:id:hideyoshi1537:20180804200302j:plain

余談だが、僕の大好きな漫画『ONE PIECE』には童話を元ネタにしたような島が登場することもある。

f:id:hideyoshi1537:20180804200233j:plain
尾田栄一郎さんは宗教にも詳しい

あの偉大な作品にも童話のストーリーが活かされているように見えて、僕も基礎教養として童話を読んでおきたいな、と思った次第だ。

もちろん童話のストーリーを学んだところですぐに仕事に役に立つわけではないけれど、いつか点と点がつながって何かを創作するときに活きてくるかもしれないと期待している。

童話を楽しむついでに英語が勉強できたら最高だ。


『やさしい英語で学ぶイソップ物語』では、誰もが知っている童話を英語で学ぶことができる。

f:id:hideyoshi1537:20180804200304j:plain

誰もが知ってる「ウサギとカメ」

f:id:hideyoshi1537:20180804200500j:plain

英語で勉強できて、もちろん翻訳と音声もついている。

やさしい英語で読むイソップ物語 改訂版―BEST20 (音読CD BOOK 1)

やさしい英語で読むイソップ物語 改訂版―BEST20 (音読CD BOOK 1)

英語でプログラミングを学ぶ


最後に社会人にとって最高の英語学習法は、英語と一緒にプログラミングや会計、金融などの実学を学ぶことだろう。
トーマス・フリードマンは『遅刻してくれて、ありがとう』で「コーディング(プログラミング)はこれからの時代を生きる人間の必須のスキル」と述べている。


僕は「ウェブアプリを作る」という目標があるので、英語でプログラミング本を買っていて、思ったよりも読みやすい。

f:id:hideyoshi1537:20180804200531j:plain


ただ、もし英語で専門分野を学ぼうとする人がいたら、気を付けてほしいこともある。

「英語で専門を学ぶ」は英語と仕事を両立させる一石二鳥の素晴らしい方法なのだが、英語力が低いと学習が全然進まなくてイライラしてしまうのだ。

しかも、全く知らない何かをいきなり英語で学ぶと、意味がわからないまま時間ばかり過ぎてしまうこともある。

そんな事情もあり、理解していない内容をゼロから英語で勉強するのではなく、最初のステップは母国語で学び、次のステップを英語の専門書で学ぶ、という使い方がいいと思う。

TOEICや単語集の問題点

TOEICのスコアを上げたいならTOEICの公式問題集をやるのが一番いい。

f:id:hideyoshi1537:20180804200546j:plain

問題の質もしっかりしているし、努力すればスコアが上がるので、モチベーションを保ちやすい。

僕もそれはよくわかっている...

しかし、問題文が面白くないのだ。

f:id:hideyoshi1537:20180804200609j:plain

The convention center is located on Market Street, directly opposite Glenview Shopping Center.

そのコンベンションセンターはMarket通りに位置し、Glenviewショッピングセンターの真向かいにあります。

なんて文章を読んでも、ブログのネタにも話のネタにもならない。
せっかく繰り返し勉強するのに、退屈な英文にしか触れられないのは寂しいものだ。


単語集も同じで、効率的に単語を覚えるためには単語集が最も効率的なのはわかりきっているのだが、どうしても文章が真面目すぎてつまらない。

そうすると、英語を学ぶのが苦痛になってしまう。

どうせなら自分が興味ある内容を英語で勉強して、継続のモチベーションにつなげたいと思っている。
結局は「継続できるかできないか」が一番の問題で、継続するためにはそれを楽しめるかどうかがとても大切なのだ。