俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

可愛い彼女ができたからといって、ネットで自慢してはいけない。

「俺たちは世間的にイメージの良くないことをしている。
誰かとやったとか、なんの自慢にもならない。

その辺を勘違いしている奴が世の中にはものすごく多くて、それはとても格好悪いことだ」

彼は悲しそうに言った。

「いいか。

お前はブログを書く。
俺もブログを書いていた。

そのときに気を付けるべきことは、読み手を意識することだ。

どっちかを満たす記事を書くようにするんだ。

何かため情報があるか。
誰かを楽しませることができるか。

それだけ意識していれば、クソみたいな自慢にはきっとならないよ。

どっちもできないときは、せめて人を不快にさせない記事を書けばいい」


恋愛ブログを見ていると、ほとんどの人は素晴らしい文才で面白いブログを書いている。
読み手を意識し、サービス精神が旺盛だ。

しかし、一部のブログは、見るに耐えない自慢が並んでいるものがある。

「可愛い子を落とした俺、すげえだろ」

その一点だけを言いたいようなブログだ。

でも、そこには他人への愛が無い。

ツイッターでも、ブログでも、大事なのは愛だ。
読み手を意識することだ。

「俺すごい」
「俺は神」
「俺を見ろ」

俺俺俺俺俺俺俺俺俺。

何を発信するにしても、「俺すごい」と言わなければ気が済まない人間もいる。
とても小さい人間だと思う。

「俺」のことだけを考えてくれるのは、親と彼女だけだ。

僕たちは、第三者の目を意識して振る舞わなければならない。
それができない人間は、ただの子供だ。
自慢せずには生きていけない、身体は大人で頭脳は子供の逆コナンだ。

恋愛の達人を名乗る彼は、色々とどうしようもない人だが、情報発信で自慢をすることはなかったように思う。

読み手に情報を提供して、読み手が楽しくなることを一番に考えていた。
リアルで会うときも同じだ。

自分の自慢に終始する人間といて、誰が楽しいだろうか?
そんな人間と一緒にいたいと思うだろうか?

周りを楽しませ、笑わせ、時には自分を下げても、エンタメに徹する彼のことをすごくカッコいいと思った。
そういう人間になりたいと思った。