俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

意識高いので「美人百花」5月号を買って、アラサーキラキラOL里香のモテファッション術を研究してみた。

女性向けファッション雑誌「美人百花」にキラキラOLが載っているという情報が流れてきたので、古参のキラキラウォッチャーとして美人百花を購入し、早速研究してみました。



「美人百花」5月号、141ページからの特殊です。

アラサーOL里香の完全に「モテ意識」に絞った着回し1ヶ月♡

というツイッターに出てきそうなOLの物語が描かれています。

この特集は、

男性ウケ間違いナシの厳選モテ服で、OL里香が1ヶ月着回しを実演!
愛され女子講師直伝の着こなし術から、
美人読者オススメの出会いスポットや、成功例続出のほれさせアクションまで......モテる女性になるための、ありとあらゆるテクニックを教えちゃいます!」

というもので、この特集通りの「ほれさせアクション」を実践すれば、ツイッターにたくさんいる哀れな股間が蜘蛛の巣系女子たちも3ヶ月後にはきっと、幸せそうにツイッターを卒業していくことでしょう。

僕もツイッターではたくさんの股間に蜘蛛の巣女子を見てきたので、そんな僕からのささやかなプレゼントとして、アラサーキラキラOL里香のテクニックを紹介したいと思います。

それでは彼女たちのアクションプランを見ていきましょう。


(1)モテない服を断捨離する

ツイッター界では「男捨離」などという言葉が見受けられますが、そんなことしてはいけません。
捨てるのは服です。


モテOL里香曰く、

「モテないな」と思ったものや、過去の恋愛に関係がある服を一気に処分することで、モテるために何をすべきかが明確になる

のだそう。

男的には一におっぱい、二に素足みたいに、あまり服がオシャレかどうかは気にしないし、むしろ個性的だとちょっとビビるんですが、
あまりにもダサい人はすぐにわかります。

あ、この人、モテないやろな、と。

モテない服を断舎離する作戦、いいと思います。
次に買う服は、できるだけ露出が多めのやつでお願いします。


*ここで紹介されてるモテアイテム*
・水色のリバーシブルニットアップ(アプワイザー・リッシェというブランド)


*ヒデヨシの評価*
「早く脱がせたい」


(2)モテる女友達に「彼氏いないアピール」する

モテOL里香曰く、

交友関係が広く、よく合コンに行く女友達に彼氏いないアピールをすることで、出会いの機会がぐんと増えました♡

だそう。
これは僕がよく使うコバンザメ作戦と同じで、大いに推奨したい作戦です。

僕は大学時代、

「合コンある場所にヒデヨシあり」

と言われるほどの猛者だったんですが、その合コン力の秘訣は、大学中のイケメンとコネクションを持つことでした。

「ヒデヨシに合コンを頼むとイケメンが来る」

ということが他校の女子にも知れ渡った結果、次から次へとコンパを依頼される「合コンスパイラル」が巻き起こったのです。

女子は女子で、合コンに可愛い女の子を出し惜しんではいけません。

幹事たるもの、

「この子に頼めば可愛い子がくる」

という信頼を築いてほしい。

GIVE & GIVEの精神で、「与える者ほど与えられる」ということを覚えておいてほしいものです。

話はそれましたが、モテる女の子とか、男友達が多い女友達に飲み会セッティングしてもらうのは良い作戦だと思います。


*ここで紹介されてるモテアイテム*
・鎖骨を綺麗に見せるというVネックニット(マイストラーダというブランド)
・印象度を高める花柄スカート(ジャスグリッティーというブランド)


*ヒデヨシの評価*
「早く脱がせたい」



(3)コリドー街は出会いのスポット

出ました!コリドー街!

モテOL里香曰く、

「新橋にあるコリドー街は立ち飲みバーなど、夜、OLやサラリーマンで賑わうお店がたくさん!ここで声を掛けてくれた男性とデートに行きました♡」


こんなこと言ってる女がいたとするでしょう?
世の中の男の人はどう思うかわかりますか?


「あ、こいつ、チョロいな」


と思うわけです。

そもそも、それなりにモテる女の人で、「300barに出会いを求める女」は見たことがありません。

というか、5年前だったら300barのような「出会いスポット」が有効だったかもしれませんが、テレビに紹介されるなどしてメジャーな出会いスポットになると、一気にコモディティ化が進み、レベルが落ちます。

初期の300barは情報感度の高いイケてるサラリーマンと美人OLの出会いの場だったかもしれません。
しかし、300barが有名になるにつれ「普通の人」がどんどん参入してきます。

そして、世の中は普通の人の方が絶対数が多いんです。
普通の人で溢れた場所にイケてる人はもう近寄りません。

結果、300barはブスと不細工の巣窟になり、今に至っているわけです。
かつての輝きを取り戻すことはもうないでしょう。

同じことが今の相席屋でも起こっています。

「メジャー化した出会いスポットは急速にその価値を失う」

ということは覚えておいた方がいいでしょう。

婚活は投資の世界と同じ。

人の行く裏に道あり花の山

という精神で、ブルーオーシャンを探しましょう。

一番のブルーオーシャンは大学の同級生や友達の紹介なんですが、大人になって探すのであれば、僕のオススメはまた別の場所になります。
それは今度記事にします。


*ここで紹介されてるモテアイテム*
パステルカラーのふんわりスカート(PROPORTION BODY DRESSINGというブランド)
・グレーのノースリーブニット(MISCH MASCHというブランド)


*ヒデヨシの評価*
「早く脱がせたい」



(4)未来の彼氏のために料理教室へ

「美人百花」5月号の143ページ。

モテOL里香は言います。

「いつ彼氏ができても困らないように、料理教室に通い始めました」

嗚呼、なんて愚かなOL里香なのでしょう。

全然ダメです。
料理教室に浮かれて通う里香をまな板でぶっ叩きたい!


いいですか。
料理教室に通ってる時点でダメなんですよ。

料理は日々の積み重ねなんですよ。
毎日作っていれば、勝手にうまくなるんです。



そもそもABCクッキングに通ってる女、パンは作れるくせに家庭料理が全然できない。
パンなんて求めてないんですよ。パンを求めるのは童貞だけ。
僕が食べたいのは普通の家庭料理なんです。



仕事で疲れて帰った時に、

「今日は○○くんの好きなXXXを作ったよ」

なんて言われたらクラッとくるじゃないですか。

大事なのは、彼の好みに合わせて料理を調整するアレンジ力で、そのアレンジ力は毎日コツコツ料理して

「味の足し算」

ができるようになって初めてできるものなんです。



味の足し算っていうのは、頭のなかで素材を組み合わせて出来上がりの味をシミュレーションする能力のことです。

生粋の料理アカウントとして、「料理教室に通う」なんていう安易なソリューションに走る里香は厳しく叱責したいですね。




*ここで紹介されてるモテアイテム*
・少し肩の見えるオフショルニット(バナーバレットというブランド)

*ヒデヨシの評価*
「早く脱がせたい」



(5)マッチングアプリで出会いを量産

ついに出ました!キラキラの登竜門、「ペアーズ」。

無限出会い製造機であるペアーズは、現代の禁断の果実です。
開くたびに溜まるいいねの通知。

たまに「メッセージ付き」のいいねがきて、承認欲求は満たされるぅ〜

こんなハイスペックなイケメンも私にいいねしてくれてる、私ってすごいモテちゃってる?

なんて勘違いしているOL里香に一言モノ申す。

ペアーズのモテそうな男にあまり期待するな。
多くの男は「出会いに貴賎あり」と考えている。

出会いの貴賎とは

大学/会社の同期 >> 結婚式の二次会で偶然出会う >> 友達の紹介 >> 合コン >>>>>>>>>>>>>> マッチングアプリ >> ナンパ

というようなものだ。

もちろんマッチングアプリで良い出会いが生まれた例はものすごくたくさんある。
素晴らしいことだと思う。

それと同じくらい、手軽にエッチできる友達を探している人も多いことを覚えておいた方がいい。
つまり、マッチングアプリを上手に活用するには選球眼が必要だ。

あと、デートの予定で毎日が埋まったからといって、勘違いするな。
むしろ毎日毎日デートしてる自分の肌荒れを心配しろ。


途中から口調が変わってしまったが、俺はマッチングアプリが生んだ勘違い私モテちゃってる女には断固として厳しい態度を貫きたい。
なぜなら、こいつらは俺に全然いいねしてくれないからだ。


*ここで紹介されてるモテアイテム*
・カシミヤの白シャツ(ルージュ・ヴィフというブランド)
・ヒップラインをアピールできるスキニーデニム(ROYAL PARTYというブランド)


*ヒデヨシの評価*
「早く脱がせたい」



(6)その他のモテテクについて

・打ち合わせ中に「クロスの法則」を使う
反対側の手でクロスさせるように髪をかき上げるしぐさがおすすめ、なんて書いてありますが、
そんなことわざわざやってる奴がいたら、男的には、

「こいつ、モテテク女やな」

と思います。
わざとらしさは極力なくして、ナチュラルに距離を詰めるべきです。

具体的には、飲み会のときにさりげなく膝に手を置くなど、性的な感覚を刺激するのが一番効きます。
これは本当に間違いありません。男と性欲は切り離せないものなので、逆にうまく利用しましょう。


・口元を隠して上品に笑う
ガハハ、と笑わずに、口元を隠して笑えと書いてあります。
まぁ、どっちでもいいっす。


・上司の二次会パーティに露出多めの黒ワンピを着ていく
露出は正義。
上品に露出してください。大好きです。


・マッチングアプリで出会った人にドタキャン
まぁ、ありがちですが、もっと写真を盛りましょう。
あと、あまりに無関心にしすぎると、男も萎えます。

「フェイク食いつき」でいいので、ちゃんと男のルアーに食いついてるフリをしましょう。
実際に男の釣り竿に食いつくかどうかは、会った後に決めてください。


僕からは以上です。

美人百花(びじんひゃっか) 2016年 05 月号 [雑誌]

美人百花(びじんひゃっか) 2016年 05 月号 [雑誌]