俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

何かと理由をつけて飲まされた「LOVE YOU ONLY」


一気飲みは大学生の風物詩と言えるかもしれません。

大学に入ったとき、だいぶ年上の先輩と合コンに行きました。


そのとき人生で初めての"ちゃんとした"合コンだったと思うんですけど、先輩と行く合コンなんて、もう当然のように飲まされまくるわけです。
合コンという名の公開処刑。

飲んで飲んで飲まされて、吐くまで飲んで死にそうになるんですけど、今でも覚えているのがこの曲です。

合コンの二次会でやっすいカラオケに行ったとき。


先輩がすげー懐かしい曲を入れました。


「LOVE YOU ONLY」



俺、懐メロ好きだなー、先輩歌うから、タンバリン叩いて盛り上げないかんなー

なんて思いながら平和に聞いていたのも束の間、



はい、はい、はい、はい!


え!?


ヒデが~♪

ヒデが、熱い飲みをするなら~♪


相手はカナ(女の子の名前)しかいーなーい~♪


(ONLY YOU!)


熱い~♪熱い、熱い飲みをするなら~

相手は、カナしかいーなーいー♪


なんて、突然グラスを渡され、また飲まされる。


女の子が少しでもキツそうな顔すると、それも一緒に飲まされる。


これはすごいと思いましたね。

大学生の洗礼というか、何かと理由をつけて飲ませるというそのノリ。


LOVE YOU ONLYだけじゃなく、その他にも色んな曲にかこつけて飲まされました。


TRAIN-TRAINが突然かかって、


見えない一気が見たくて...


お前の一気が見たくて...


本当の飲みを見せておくれよ....


なんて、めちゃくちゃに飲まされて。


...だんだんと薄れていく記憶の中で、先輩の歌声だけは鮮明に覚えているのでした。


涙とゲロで、明日が見えねぇよ。


そんな大学の先輩に飲みを教わり、悪い友人に出会い、ヒデヨシは次第に量産型チャラい大学生になっていくのですが、その話はまたの機会に。

一気飲みなんてのは大学生までで、社会人になったら本当にそういうのはめっきりなくなりました。


そういう意味で、大学生って夜空にパッと浮かんで消える花火みたいなもので、4年間限定のお祭りのようだったと思います。

社会人になってから取り戻そうとしたってダメなんですね。大学生は大学生の遊び方があるし、社会人には社会人の遊び方がある。

もう俺達は大人になってしまったんだ。



コール選手権とか懐かしくないですか!?