【Mac】「Duet Display」を使ってiPadをディスプレイ化する手順



この記事では「Duet Display」というアプリを使って、iPadを外部ディスプレイとして利用する方法を説明します。

Duet DisplayはMac、Windows両方で使うことができます。
また、ディスプレイ側もiPad, iPhoneなど全機種に対応しています。

Duet Displayのその他の特徴は有線接続である点です。
Bluetoothでつなげよと思うかもしれませんが、有線であるがゆえに遅延が少なくなるというメリットもあります。

生産性を上げるためにデュアルディスプレイにしているのに、操作遅延が発生してイライラさせられるのは本末転倒です。

実際に今、この記事を仕上げる際にDuet Displayを使いながら書いているのですが、マウス操作等もストレスなく、自宅にあるディスプレイとほぼ変わらない使い心地で利用できています。

なお、自分の環境は

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)
  • macOS Mojave
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代)

となっています。

ケーブルはAppleの公式ショップで「mophie USB-A Cable with USB-C Connector(1m)」を買いました。
AmazonでUSB-A→USB-Cのコネクタを買ってもうまく接続できなかったので(おそらく不良品)、少し高くてもAppleで公式品を買うのがいいと思います。2200円です。

mophie USB-A Cable with USB-C Connector(1m)

コネクタがUSB-Cなのかライトニングケーブルなのかは間違えないようによく確認してください。
僕は手持ちのiPhoneは古い機種なのでライトニングケーブルで接続しますが、iPadは比較的新しいため、USB-Cで接続するようになっています。

それでは手順を説明します。

Mac側に「Duet Display」をインストールする

下記のリンクから母艦となるMacに「Duet Display」をインストールします。

Mac版は「ダウンロード Mac」です。左側の「ダウンロード PC」はWindows用です。

https://www.duetdisplay.com/jp/

クリックするとzipファイルがダウンロードされます。

f:id:hideyoshi1537:20190809081910p:plain

ダウンロードされたzipファイルを解凍すると「duet.app」が使えるようになります。
この「duet.app」がMac側のアプリとなります。

ダブルクリックでDuetをインストールすることができます。
インストール途中で、「システム環境設定を開き、必要に応じてduetを認証してください」と出てきます。

f:id:hideyoshi1537:20190809082226p:plain

ディスプレイとして利用するために、Mac側でアプリケーションの挙動を許可してあげなければいけません。

f:id:hideyoshi1537:20190809082244p:plain

「セキュリティ環境設定を開く」をクリックして、「Duet, Inc.」のソフトウェアを許可します。

f:id:hideyoshi1537:20190809082417p:plain

その後、Macを再起動します。

再起動後、Mac側でアクセシビリティの設定を行います。
ディスプレイの左上にあるリンゴのマークをクリックして、「システム環境設定」を開きます。

「セキュリティとプライバシー」を開きます。
f:id:hideyoshi1537:20190809083223p:plain

プライバシータブを開き、左下の鍵のアイコンをクリックして、変更可能な状態にします。
それから「duet.app」にコンピュータの制御を許可します。

(下の写真は鍵アイコンをクリックする前のものです。左下の「カギ」をクリックして変更できる状態にしてください)

f:id:hideyoshi1537:20190809083350p:plain


ここまでの手順でMac側の準備は完了です。

f:id:hideyoshi1537:20190809083520p:plain


iPad側に「Duet Display」をインストールする

「アプリストアからiOSコンパニオンアプリをダウンロードするのもお忘れなく。」と表示されるように、次はiPadにDuet Displayをインストールします。


f:id:hideyoshi1537:20190809081943p:plain

iPadからApp Storeを開き、「Duet Display」と検索してください。
こちらは複雑な手順はありません。

USBで接続しながら、インストールすればいいだけです。
iPad側でDuetを起動すると自動的にディスプレイとして動き出します。

f:id:hideyoshi1537:20190809092657j:plain

ちなみにこの写真でタブレットスタンドとして使っているのは、Lomicallのスタンドホルダーです。

用途と感想

働き方改革の影響か、オフィス以外での働き方を模索する動きが出てきました。
会社がコワーキングスペースと提携するような動きが出てきていたり、「自宅やオフィス以外で仕事ができる」場所は増えてきているように感じます。

oreno-yuigon.hatenablog.com

外での仕事は気分転換にもなって個人的には好きなのですが、やはりディスプレイは2つあった方が生産性は高くなります。
片方を参照用、もう片方を作業用として使いたいからです。一つのディスプレイの中でいちいち画面を切り替えるのは煩わしいですよね。

とはいえ、重いディスプレイを外に持ち運ぶわけにもいかず、どうしたらいいかと思案していたときに見つけたのが

「iPadをディスプレイとして使う」

というテクニックでした。

iPadなら簡単に持ち運びできるので、場所を選びません。
大きさはさすがに自宅やオフィスには及びませんが、ブラウザで参照する分には困ることはありません。

縦方向、横方向両方に対応しているのもGoodです。

ということで、1,200円でiPadをデュアルディスプレイ化できる「Duet」は大変便利なアプリだと感じました。

その他のiPadをディスプレイ化するアプリとしては、

  • Luna Display
  • Side Car
  • iDisplay

などがあるようです。
僕は試していないので言及しませんが、気になる人は検索してみてください。

色々とアプリはありますが、個人的な感想としては、Duet Displayを使っておけば今後も特に不満は出ないように思います。