恋愛を語る

婚約者がいるのにマッチングアプリで浮気する女

ペアーズで出会った女性との話です。婚約者がいるにも関わらず、ペアーズで色んな男と出会い、「最後の機会だから」と遊びを繰り返しているという。そんな女とご飯に行って、僕はどうなったのでしょうか。 * * * Good Genes / Good Dad理論が証明されてし…

マッチングアプリはヤリモクばかりなのか

ペアーズチャレンジの記事です。 元記事:噂のペアーズを2週間やってみた感想を淡々と語る。 * * * デートの予定が入っていない日は安心した。一週間の激務を乗り切った週末のようだった。 ペアーズを始めると次から次へと予定入ってしまい、スケジュール…

「3回会うまでセックスしない」は正しいのか?

「3回デートするまではセックスしてはいけない」とよく言われます。ペアーズで出会った女の子はまさに、そんなタイプの子でした。そのことの馴れ初めを語ります。ペアーズを2週間やってみた感想 * * * 判断が難しかった。 「出会ってすぐの女の子と身体…

巨乳好きは「おっぱいがない女の子」を愛せるのか

ペアーズを2週間やってみたシリーズです。 元記事:噂のペアーズを2週間やってみた感想を淡々と語る。 * * * こんばんは!花子ちゃんですよね? え!? 改札出たときにめっちゃキョドってたからすぐわかったw なんなんですかも~!びっくりしましたwは…

デートで女の子との会話が続かない件

ペアーズチャレンジの記事第一弾。 元記事はこちら:ペアーズを2週間やってみた感想 * * * 誰にも気づかれないように、ひっそりとペアーズを始めた。 ひっそり始めて、すぐに辞めるつもりでいた。人生は短い。 何事も経験しなければわからないし、経験し…

彼氏持ちの女の子を落とす方法

「あと半年早く出会ってたら良かったのに」 「声をかけてくれるの、少し遅かったよ」 ベッドの上で彼女は言った、 消えてしまいそうな声だった。 僕は静かに彼女にキスをして、 「恋愛はタイミングが大事だからね」 と言った。 * * * この記事は前回から…

「彼氏持ちの女の子」はなぜ浮気をするのか

久しぶりのLINEだった。何の気なしに送った「ザオラルメール」だった。ザオラルとは死人を復活させる呪文であり、死んだLINEを甦らせるのがザオラルメールだ。 「お疲れさま!久しぶり。春の香りがしてきたので、今度春っぽい店に飲みに行きませんか?」 こ…

男はなぜナンパをするのか

男はどうも女遊びを続けてしまいがちです。やめろやめろと言われても、なかなかやめられない。なぜかというと、刺激的で楽しいからです。なぜ楽しいのか?本命を探すわけでもないのに?新しい女の子と出会って、口説いて、ホテルに行って。肌は重ねても、積…

一度も浮気せずに誠実に付き合った子には無様に振られ、浮気してフラフラしながら付き合った子には大切にされた。

東京に出てきて初めて付き合った子は、ビックリするくらい育ちのいい社長令嬢だった。社会に出て間もない俺は、彼女から聞かされる「パパの武勇伝」にいちいち感心し、彼女の意識の高さを褒め称えた。 「すごいね!」「XXの考え方、すごく尊敬してる。俺も頑…

デートはセックスから逆算して「設計」しよう

デートの約束を取り付けたなら、次に僕たちはデートの設計をしなければならない。 設計には目的が必要だ。君のデートのゴールはどこなのか?仕事上の会食であれば、「お客様と親睦を深める」ことを目的にしてもいい。 サークルの女友達と飲みに行くのであれ…

好きな子を彼氏と別れさせたいなら、まず話をよく聞かなければならない

先週、彼女と電話をしていたときに、こんな話をした。 「最近、○○って人から何回も告白されてるの」「まじかwやるじゃんwお前、意外とモテるんだな」「うるさいw友達のパーティで会った人だからあまりないがしろにできないんだけど」「まぁ、友達は大事だ…

ナンパで可愛い子に出会えない理由

ストリートナンパに出ても可愛い子に出会うことができない理由を考察しています。

恋愛ではトークと見た目どちらが大事か

「見た目が悪くても小手先の技術で女の子を落とした方が正義、みたいなこと言ってる奴がいるけれど、そういう奴は相手にするな。 普通に考えて、ルーティーン云々とかよりも、見た目の方が大事に決まってるだろ」恋愛の達人と呼ばれる永沢さんは少し怒り気味…

【可愛すぎてむかつく】ペアーズ定番のトリケラスクリプト伝説は終わった

〜〜 必殺「トリケラスクリプト」〜〜「トリケラスクリプトを知ってるか?」自らを「恋愛の達人」を自称する永沢が話し始めた。 「トリケラスクリプトは、マッチングアプリで女の子にメールを送るときのテンプレ集のようなものだ」 ワインを口に含み、彼は笑…

デートは奢りと割り勘どちらがいいか

たびたび論争が沸き起こる「奢り・奢られ」問題に結論を出したい。ある人は「自分で食べた分くらい自分で払え」という。ある人は「食事代も出せない男は甲斐性がない」とディスる。二人の争いは平行線で、どちらも妥協を知らない。お互いに憎しみ合い、ディ…