俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

ジャンプの傑作「Dr.STONE(ドクターストーン)」は何が面白いのか、ストーリーで語る


※ネタバレ注意です※


Dr.STONEを読むときは、いつも不安な気持ちになる。

この面白さがいつか途切れてしまったらどうしよう──。

そんな不安がよぎってしまうのだ。

しかしそんな不安は毎週月曜日にかき消される。掛け値無しに面白い。毎週期待を裏切らないのがDr.STONEなのである。

今週の少年ジャンプはONE PIECEが休載で、掲載順位は堂々1位であった。
ここ最近は毎回ほぼトップの位置に安定してきていて、連載開始からずっと大好きだった僕としては、やっとDr.STONEの素晴らしさが世の中に受け入れられたのかと感慨深くなる。


思えば、たしかにDr.STONEは最初から別格に面白かったが、3巻に入るまでは若干ダレかけたこともあった。

霊長類最強の高校生・獅子王司が現れてから千空が殺されるまでの間はDr.STONEの停滞期であったとも言える。
そこから千空が復活し、大樹や杠(ゆずりは)と別れ、石神村編が始まってからDr.STONEは一気に神漫画となった。

文明が滅びた3700年後の未来。
原始の環境の中、謎の病気の女性を救うため、科学を駆使して万能薬「サルファ剤」を作る───。

これが第二章のストーリーである。
文章にすると2行だが、サルファ剤を作るまでのストーリーが素晴らしい。

繰り返すが、機械もなく、電気もなかった原始の世界である。
そんな原始の環境で「万能薬を作る」という展開がめちゃくちゃに面白い。

f:id:hideyoshi1537:20180124213322p:plainf:id:hideyoshi1537:20180124213329p:plain
『Dr.STONE(ドクターストーン)』第3巻より

第一章で作るサルファ剤は、ドイツの医師であるゲルハルト・ドーマクが発見した万能薬で、ペニシリンが便利すぎて歴史の影に消えたものである。

現代のような機械も器具も何もない原始の世界。
そこで「サルファ剤」を作るために「鉄」を作り、「電気」を生み出し、「硫酸」を手に入れ、酒から炭酸や重曹を作る。

製鉄するためには製鉄炉に酸素を送り続ける必要がある。

f:id:hideyoshi1537:20180124213341p:plain『Dr.STONE(ドクターストーン)』第3巻より

酸素を送り続けるためには村人にも協力してもらわなければならない。
そのために、「うまい飯」を作って村人にふるまう。

f:id:hideyoshi1537:20180124213348p:plain
『Dr.STONE(ドクターストーン)』第3巻より

千空が原始の世界で作ったクッソうまい『科学の飯』に感動した原始の村人の協力を得て、鉄を作ることに成功した千空。

そして鉄から強力磁石を作り、そこから電気を生み出す。

この電気を生み出す回はジャンプでは巻頭カラーとなっており、本当に最高だった。


現代の誰もが一度は読んだことがある「エジソン」の伝記。
そのエジソン電球を原始の世界に作り出す。

僕はこの名シーンを何度も何度も読んで、何度も泣いた。
ついでにエジソンの伝記も読んでしまった。あのオッサンすげえよ。


「クロム、夜は怖ぇか」

「俺らの時代に暗闇はねぇ」

「電球が世界から夜を消した。エジソンのオッサンが白熱電球で24時間をねじ伏せた」

「人類は科学で『夜』に勝ったんだよ」

f:id:hideyoshi1537:20180124213359p:plain
f:id:hideyoshi1537:20180124213404p:plain
『Dr.STONE(ドクターストーン)』第3巻より


『人間が石化した世界』というフィクションに『科学』を軸にロジックを生み出し、それらを絶妙に融合したのがDr.STONEなのである。

「ロジックを重視したフィクション」というとデスノートという神漫画を思い出すが、科学を融合させた点で、Dr.STONEの方がよりストーリーに説得力がある。







いま千空は、道具を得て、仲間を得て、Dr.STONEのストーリーはこれからもっともっと面白くなっていくに違いない。
3巻の最後に載せられた、原作者の稲垣理一郎さんと作画担当のBoichiさんのコメントもとてもよかった。


Boichi
「幼いころ、毎朝起きると決まってカレンダーの前に座って母を待ちました。
私の家には、満足に紙がなかったのです。
母がその日のカレンダーをちぎると、それをもらって絵を描きました。
1ヶ月に1度は大きなカレンダーがちぎられるので、その時はそこに大きな絵を描きました。

そのうちジャンプで連載を持ち、本も出るようになりました。
本当に素敵なことです。

しかしそれは自分が上手かったからではなく、漫画が偉大だからです。
漫画はカレンダーしかなかった5歳の少年にも、ジャンプの作家になれるチャンスをくれたのです」


リアルにバクマンみたいな話でしびれた。
20年間毎日毎日ひたすら漫画を読み続けた僕の経験から勝手に評価させてもらうと、Boichiさんの絵は相当うまい。

キャラの描き分けも、コマ割りも、演出も、魅せ方も素晴らしく、(未来の)ジャンプの看板を背負うだけのことはある。
そんなスターのスタートは、カレンダーに描いた絵だったっていうのは、なんとも夢のある話じゃないか。


稲垣理一郎
「原作者の僕は、一人じゃ何もできません。
この漫画は、沢山の人の力を合わせて作られています。
この巻から、千空の仲間がぐっと増えます。
千空も沢山の人と力を合わせて、いろんな物が作れるようになります」


アイシールド21の原作だった稲垣理一郎さん。
僕はアイシールドも大好きだったんだけど、千空はちょっとヒル魔に似ている。

頭が良くて、合理的だけど、実は情に厚いところとか。
主人公が物語に合わせて少しずつ成長して、変化していくとこもアイシールドっぽいかな。


Dr.STONE 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

Dr.STONE 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

[まとめ買い] Dr.STONE

[まとめ買い] Dr.STONE



面白い漫画を構成するのは「画力」「ストーリー」「ロジック」だという話をしています。


少年ジャンプ展に行ってきた感想です。90年代ジャンプが好きだった人はぜひこちらも読んでいってください(笑)

オールマイトが活躍していた頃の「ヒロアカ」がめちゃくちゃ好きでした。